ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

谷巡り②の一人下見歩き(10/11の日記)

2016-10-12 21:45:41 | 日記

 今日は曇った状態でもう一つスッキリしない天気である。

 実は昨日の11日に谷巡り②の下見歩きが以前提案された時に私も参加することを表明をしていた。

 あくまで参加を希望するスタッフで実施する任意の予定であったが、前日(10/10)のダンス同好会創立15周年記念パーティが無事に終わって肩の荷降ろしが出来たという安心感からか昨日になって集合時刻を午後からだとばかり思っていたものである。

 というのも本番当日は午後1時30分からのスタートだったからである。

 10時を過ぎてしばらくしてPCを起動させメールやカレンダーをチェックして初めて集合が10時だったことに気付いたというものである。

 仮に今から参加しても出発地点に行くまで小一時間かかるからどうしようもないということだが、それならいっそ午後から自分一人で歩いてみようということになったということである。

 このコースは古道連協の女性スタッフが提案しみんなで協議した結果、参加者を募集して以前も行なった「崖っぷち歩き」と同様に当会独自コースとして面白い企画じゃないかと言うことになったものである。

 このコースは当区より北にある区を歩くのだが①コースは先月終了していて今日の下見歩きは①の続きとなる②コースである。

 午前中にいつもの様に雑事を済ませてからMSNニュースやYouTubeを見ることになったが、その後昼食を摂って午後1時30分頃に自宅を出てスタート地点まで地下鉄を乗り継いで行くことにした。

 このコースのスタートはJRの駅からであるが、JR駅に行くのを割愛して最初のポイントとなる神社に最も近い出入口から地上に出る。そこから前回下見歩きをしたルートを思い出しながら歩いて行く。

 最初のうちは頭の中に入っていたが、2番目、3番目のポイントを捜しながらのルートは最初の案が作られた簡単な資料を見て実際に歩いて行ったルートを思い出しながら歩く。

 3つ目の神社を捜している時にどうやら右に曲がらずにそのまま真っ直ぐ行ったものだから余計に間違える恐れがあるので近くで立ち話をしていた高齢の女性達に神社の名前を言って聞いてみた。

 さすが長く住んでいると見えて先程通って来た道とは道を戻り教えて貰った通り歩いて行くと3つ目の神社があった。

 しかし問題はその次で谷を形成していた窪地が解る場所を見た後までは良かったが、その次のポイント迄のルートが怪しくなり始めた。広い通りに出たが、その道を渡るのだが、どこから渡ったが、そしてその後が何処だったがの記憶がアヤフヤになりかけたが、確かコンビニの角を曲がって行ったと思い出してその角を曲がり歩いて行くと見覚えのある通りに出た。

 その道は病院の裏へ回り込んだ歩道付きの細い道であるが、この道を通って行った後、左に曲がって行ったことの記憶も蘇ったのである。

 その道の途中から歩いて今日のコース名が付いた大きな谷に出たのである。その他にも最近大きな工事がされて道路が整備されたので昔の面影はない。その地点にお地蔵様が祀られていてそのちょっといり込んだ場所で本番当日文化財研究所の学芸員から説明を受ける予定になっている。

 その後のルートがハッキリ思い出せないがルートとしては南へ下がって行ったのでどこを曲がるかだけの問題だが、曲がるところを間違えてしまうと明後日の方向にいってしまうので記憶を辿りながらしばらくここぞと思われる道に入って行くと見覚えのある道なので間違えずに歩くことが出来た。

 この後も同様に薄い記憶を探りながら歩いて行ったが悉く間違えずにルートを発見しながらポイントポイントを押さえて歩いて行けたのには自分ながら間違えずに全ルートを歩き切れたことにビックリである。

 ルートの終わりの解散地点までやって来たのでここからは自分の用を足そうとバスに乗り北方面のスーパーが横にあるバス停で降りて買物をする。

 後は両手に買物袋を提げて自宅へと戻ってきたが、その頃には疲れもあって火曜ダンスのレッスンがあったことを忘れてしまって一杯飲んでしまって途中で気が付いたが時すでに遅しで明日の高大のスポーツ交流大会の準備をすることにした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kダンス同好会創立15周年記念... | トップ | 高大、スポーツ交流大会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。