ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

当区ガイドの会、3回シリーズの中世コース

2016-10-16 23:07:55 | 日記

 昨日に続いて今日もツアーガイドである。

  昨日は古道連協だったが、今日は当区ガイドの会の古代・中世・近世と3つの時代に沿った街道を歩くというもので当区の最も南の民鉄駅を出発してゴールは前回と同じく武道館まで歩き、午後3時からそのテーマにまつわる話として当区にある大学の教授の講演が行われることになっている。

 スタッフの集合は昨日同様12時なので11時を少し回ってから自宅から一路南へと歩いて行くことにして、途中のアウトレット店に寄ってオニギリとかお茶、缶コーヒを買うことにした。

 昨日もいい天気だったが、今日も負けず劣らずである。途中のアウトレットショップに寄って先ずはお茶を取り缶コ-ヒー、そしてオニギリはと以前来た時はオニギリがあったのに今日は全然見当たらない。

 代わりにあったのはパック詰めのバッテラ(サバ寿司)がいくつかとバラ寿司があるだけである。

 オニギリはなくなったのか、それとも最近は置いていないのか、しばらく来ていないので良く分からないが、仕方がないのでバッテラを買うことにした。

 その店から集合場所はそんなに遠くないのですぐに到着したが、まだ誰も来ていないが、12時まではまだ時間が20分以上ある。

 とりあえず今のうちに腹ごしらえをしようと自転車置き場の周りにある樹木にもたれた状態でしゃがみこんでデイバッグを前に置きその上にバッテラのパックを置いて食べる。

 そのうちにスタッフがやってきた感じだが私はしゃがんでいるので確認は出来ないが自転車越しにユニフォームと同じ黄色の帽子が見えたので誰かがやって来たことだけは分かる。

 食べ終えて来ていたスタッフと合流し、ユニフォームに着替えて携帯マイクを預かりセットする。

  携帯マイクは今まで殆んど使用しなかったが今年度、当会で購入したので付けることになったが、住宅街では出来るだけ使用しないようにしているが、道路上で自動車が行き交うような場所では聞こえるようにマイクを使用することにした。

 このツアーでは参加申し込みが50人で5班体制で私は2班と言うことである

 やって来た参加者が10人になれば1班が出発し、更に10人来れば私達2班が出発すると言う具合である。

 1班が出発してしばらくたって私達2班が出発することになって昨日同様コースの説明と注意事項を話して出発となった。

 民鉄駅の横で集合していて駅の裏側に中世には環濠がぐるりと保護していた村がそのまま残っているが環濠は今は道路となっていて当時出入り口があった木戸口の横には必ずお地蔵さんが祀られているが当時は木戸横であった地蔵さんのところで説明がスタートである。

 当時環濠が巡っていた村の東西南北の距離はそれぞれ320mと280mでこんな狭いところに4つもお寺があるのは極めて珍しいと言えるだろう。

 中世の南北朝時代や、戦国時代など幾多の戦の舞台となったところである。

 4つの寺を巡ってからいよいよ古道に沿って北上する中で神社や、廃寺があった場所、さらに南北朝時代に行宮があったところなどを順次案内して武道館で一旦解散となり、午後3時からの講演まで待機して貰う。

 3時前になって大学の先生もお見えになりスクリーンやPC、プロジェクターの準備をして講演の開始となった。

 話の内容は中世で、しかも古道に関わる話を中心に当区の歩んできた状況の説明で話が終始する。

 4時30分までの講演が終わり私達当区ガイドの会のスタッフは長机や椅子を倉庫に戻し、解散となったが私はその足で西方面のスーパーが近いので買物をして帰ることにした。

 雨がポツポツと降り出したという声で玄関に出ると降っている。

 しかし大した降りではないので予定通り買物をして帰ることにしてスーパーへと歩いて行く。

 そこそこ降るようだったらガード下を歩いてバス通りまで出ればあまり雨にかかることはなく、後はバスで戻れるからである。

 買物を終えて店を出ると雨は止んでいたので結局歩いて自宅まで帰ることにした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古道連協の「台地谷巡り②」ガ... | トップ | 西隣区K小学校月曜ダンス教室... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。