ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

北方面のスーパーで買物

2017-05-03 23:17:33 | 日記
 今日の天気はやや曇りがちで晴れたり曇ったりという天気だが今日はタオルケットや枕カバーなどを洗濯することにした。

衣類は昨日のうちに洗濯しておいたので今日はタオルケットだけの洗濯と言うことになる。

 というのもタオルケットは布団と同じ広さの面積で場所を取るから衣類と一緒に洗うと干す場所がない為である。

 今週は前にも述べたとおり特に予定はないが、食品だけは在庫が品薄になっている物は買っておく必要があるので夕方に近い午後に出かけることにしていつもと同じように自宅で過ごすことになる。

 自宅にいる時はいつもMSNニュースやYouTubeを見るのが習慣になっている。

 北朝鮮問題ではカールビンソン空母打撃群が日本海に入って来ていて、日本の海上自衛隊も演習をしながらアメリカ艦隊と並行して移動している。

 もちろんアメリカ艦隊を狙う北朝鮮のミサイルが飛来すれば防護するためにミサイルでの迎撃を行なうことになるだろう。

 昨年、国会で安保法制案が通過したしたことによる最初の日米の協力体制である。

 と同時にそれらの艦船に補給するアメリカ海軍の補給艦を防護するために南シナ海に面する国々に向かう予定の海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いせ」が横須賀から四国沖まで同行することになっている。

 補給艦は「いせ」と別れた後は補給のために日本海へと入って行くことになる。

 この事実は日米同盟のきずなの強さを北朝鮮や中国にこういった何気ないところで示しているのである。

 というのも一時尖閣諸島周辺に中国の公船が近づくのを控えていたが、アメリカと中国の出方を注意深く観察する為だと思われる。ところが4月に入ってからと言うもの、またゾロ多くの公船を出して来たので日米が北朝鮮に構っているドサクサに紛れて尖閣諸島に上陸する可能性も心配されていた。

 日米の当局はそんなことを中国は狙っていることは良く分かっているから日米の絆の強さを敢えて見せつけている訳である。

 そこへ持って来て今度はフランスの強襲上陸支援艦が佐世保に入港してきた。

 これは昨年の伊勢志摩サミットの際にフランス大統領が声明を出したが西太平洋にフランス領の島々があるために中国の最近の動きに危機感を持っていて日米英仏の共同演習に参加する為である。

 その前には日英の戦闘機による戦闘訓練が行なわれたが、イギリスでは最新鋭の英独仏伊共同製作のタイフーン戦闘機を繰り出して来た。

 訓練の帰りにはわざわざ中国が南シナ海の岩礁に基地を造った上空を飛んで帰ると声明をだしたが、これなどはあくまで自由に航行、飛行する権利があるとの国際協定を鑑みてのことである。

 というように日米のみならず英仏も参加して北朝鮮に対応しようとの動きになって来た。

 いわゆる第2次朝鮮戦争となるかも知れないということからである。朝鮮戦争は米軍だけではなく国連軍として英仏は参加していてあくまで休戦となって北と南が38度線で対峙している状態である。それがいつもとの戦争状態に戻るかどうかと言うことになっている。

 朝鮮戦争での国連軍は日本の空港や港湾を利用することが出来るので英仏も利用出来るという訳である。

 夕方に近い午後4時ごろに近くの散髪屋さんに行く。

 この地に来てから15年近くなるが、ずっと同じところでサンパツして貰っている。

 アチコチに格安の散髪屋さんが出来ているがここもご多聞に洩れず安くなっている。

 60歳までは整髪、顔剃りが1700円で洗髪を頼むと別途300円で計2000円だが、60歳以上の人はシルバー料金で基本料金は1400円である。

 洗髪は別料金なので全部して貰ったら1700円ということだが、洗髪はいつもパスしているので1400円である。

 郷里の町にはこういった店はなかったので30年程前に街を出るまでは当時で一式3000円ほどだったが、今はもう少し値段が上がっているかもしれない。

 サンパツを済ませたその足で北方面のスーパーで買物をして帰って来たら6時近くになり、夕食を作ることになった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古道の市外リレーウォーク②の... | トップ | 一日中自宅にて侍る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。