ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

高大、日帰り修学旅行

2017-03-15 22:01:25 | 日記

 今日は高大における今年度最後の締めくくりとなる修学旅行の日である。

 通常は1泊2日というのが基本で1泊することにより今まで一緒に机を並べて学んできた者同士がお酒でも酌み交わしながら忌憚なく話し合ったり、カラオケを歌ったりして修了式の後も友情を育み、中には一生の友となったり、一緒に社会に奉仕するボランティア活動をしたりなどをして欲しいという意味合いがある。

 今後の高齢者としてのあり方など自分単独ではなく仲間と一緒に何かをする方向を見付けて貰ったらなお良いという意味合いで1泊2日が設定されている訳だが、どうしてもクラス全体で纏まろうとしても色んな考えもあって日帰りになりがちである。

 当初クラスミーティングの中でどうするかを図ったが、日帰りを希望する人が多く、参加人数も大半の人が参加する予定であった。

 ところがいざ目前になって半数以上の人が不参加という無残な結果となった。

 というのも遠くに出かけることで費用がそこそこかかることが最初から分かっている筈なのに1万円をオーバーするという試算が出た途端不参加の人数が一挙に増えた訳である。

 修学旅行の担当者が当初は数多くの人が参加するということだったので旅行会社と話しを詰めている段階だったが、急に参加者が減ったためにさら1人当りの費用が嵩み抜ける人が加速された訳である。と言うことで人数はかなり減ったがそれでもバスを大型から中型に変更して人当りの負担を少しでも減らしてガイドも付けないことにして実施することになった。

 集合は高大がある場所から東へ行ったJR駅の手前にバスを待機しているので8時15分までに集合となっているので自宅を7時20分前に出て地下鉄を乗り継ぎ集合地点へ向かう。

 昨日ダンス火曜教室のレッスンが終わった際に会長も高大の水曜日の別の科の受講生なので「修学旅行は何処へ行くの?」と訊いて来たので島だ」というと同じところへ行くということで、しかも集合地点も同じ場所なのでびっくりしたものであった。

 今朝集合地点に到着すると観光バスが2台並んでいたが、中型が我々のクラスがチャーターしたバスなのですぐに分かった。

 未だ誰もバスの外に出ていなかったのでしばらくドアの外に立っていたら中の誰か知らないけど手を振ってこのバスだと手招きをしたのでバスに乗ったら今日の修学旅行を担当したM氏とCDのTさんの2人であった。

 その時点では8時前なのでまだ他の人が来ていなかったが今日の参加予定者を担当のM氏に見せて貰う。

 すると先述した少ない人数の上に今日急に親戚に亡くなった人がいるので来れなくなったという人が1人出たということである。

 前もって集金していたので、その人には申し訳ないが費用は返却出来ないことになる。

 そのうち1人2人と集まって8時30分過ぎに出発し高速道路を一路走って1時間少し走り最初のサービスエリアでトイレ休憩を行なう。

 そしてその後その近くになる花座敷と呼ばれる場所に行ったが丘陵地一面が草地になっており、だだっ広い敷地に咲いているのは菜の花のコーナーだけであとは草地ばかりである。

 その場所で小一時間過ごすことになっているが気温も低くその上風が強いので集合写真を撮った後は、そこそこ時間を持て余し早々とバスに戻る。その後は一路南へ1時間程下り、今日の昼食を摂る国民休暇村へと走って行く。

 今日のメインイベントでせめて食事なりとも豪華にしようということで今日の担当者が肝入れしたようで充分満足した。食事後はそこから程近くにある渦潮を歩いて見に行くということであるが沖に歩いて行く程風が強く今日は大潮で時間もタイミング的には一番いいんだが風が強いので波が打ち消しているかもということであった。

 結果は将にその通りでキレイな渦は全然見れず仕舞いであった。

 帰りの帰途にお土産を購入するためのオアシスに寄り、各曜日のダンス教室のメンバー向けにそれぞれちょっとしたお土産を買って後は一路戻って来て夕食の準備に入る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西隣区S小学校火曜ダンス教室... | トップ | 西隣区K小学校木曜ダンス教室... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。