ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

古道連協H29年4月定例会

2017-04-22 22:58:26 | 日記
 今日もいい天気で気温も穏やかで1年の中でも過ごし易い時季である。昨日に続いて今日も古道連協の定例会ということで市中に出かけることになる。

 古道連協の定例会は13時30分からなので昼前に自宅を出ればいいのでそれまではいつものようにメールとカレンダーのチェックをした後はゲームをしばしした後、MSNニュースやYouTubeを見ることになる。

 ところで4/15には北朝鮮とアメリカの間でドンパチが始まるかとその日は緊張したものだったが、それから1週間以上経ったがお互いに相手の出方を注意深く見守りながらの駆け引きのようなことになっている感じである。

 トランプ大統領と習金平との会談では完全にトランプペースであったようで、中国も北朝鮮に攻撃を加えるとの観測が出ているようだ。

 アメリカにしてみれば最大の貿易相手国である中国にとってオイシイことを並べ立てて裏取引をしたのかも知れない。

 そうであるなら経済通のトランプらしいやり方であるし、またロシアの出方が注目されていたがここに来て北朝鮮を非難した模様である。

 こうなると北朝鮮は完全に孤立した形になる訳だが金正恩にしても国民が見ているところで振り上げたこぶしを下ろすような態度を軟化させる訳にもいかず強硬な態度を取り続けることになるだろう。

 中国としては金正恩に亡命を働きかけているとのことだが、もしそれに乗らないなら攻撃するとの脅しをかけているのかも知れない。

 問題はやけっぱちになった金正恩がいつ何時どういう手を打って来るかだが、核実験を実施する動きが観測されているということだからもし実施したらデッドラインとアメリカが受け止めて攻撃をする可能性は高くなる。

 カールビンソン空母打撃群の艦船が4/15頃には北上して日本海に入ったのかと思いきやインド洋に未だいたということでわざと進撃を遅らせていたというからその間に手立てを講じていたようである。どちらにしてもやはり戦争になるのは避けられないのだろうか。

 12時少し前に自宅を出て一路西の方に行き市バスの営業所に寄って新年度のバス路線の地図を貰った後、北の方に向かうバス停に行くと間もなくバスがやって来て乗車する。

 以前、古道連協の定例会場として使用したこともあるビル近くの停留所で降り、そのビルの地下1階にある惣菜屋さんの弁当を買って近くのベンチに腰かけて食べた後、また更に北へ行くバスに乗り今日の定例会が行なわれるビル最寄りのバス停で降りて会場となるビルに入ろうとした時、最長老の女性顧問のTサンが今まさにビルに入るところだったの一緒にエレベーターに乗って部屋へ上がると既に2人の女性達が来ていた。

 しばらくして事務局長もやって来てしばしコーヒーを入れて貰って飲みながら歓談した後、定例会に入る。

 先月から今日までの経過報告の後、この後行なう予定になっているリレーウォーク3回シリーズやそれとは別の「谷巡り」コースの案内について、さらに毎年私が頼まれているITパソコン初級コースの遠足時の案内コースを受けるかどうかの是非やそのコースについての相談を持ちかける。

 今年から案内料金がアップすることも先方に話しているので金額については了解してもらい受けることとなったが、コースも昨年一般公募で案内したのと同じコースを短くしたコースで実施することとなった。

 具体的なことは25日の勉強会の時に話し合うこととなる。

 結局今日の定例会は午後5時頃まで話し合って解散となったが、解散した後、元来た路線の地下鉄に乗り、途中の駅で下車した後地上に上がり近くのバス停からいつものバス停横にある西方面のスーパーで買物をして帰ることにした。

 時間的なタイミングも合って鮮魚コーナーに言ったらサーモンのアラが半値になっていたので即購入し、他の食材や発泡酒も買って両手に買物袋を提げて20分の距離を歩いて帰る。

 このように負荷をかけてそこそこの距離を歩く、これが私の健康を保つことになっているひとつの要因である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高大、市SA連協総会、Sの店&... | トップ | 絶好の洗濯日和 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。