ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

一日中自宅にて侍る

2017-05-04 23:33:00 | 日記
 世間は連休真っ只中で、私もそれにあやかってといいたいところだが、いつものダンスが今日もないためにヒマでしょうがない。

 と、いうことになるが、実際は殆んどの時間はいつものようにPCの前に鎮座ましまして何かをしているということになるが、大抵の場合はゲームに興じたり、MSNニュースやYouTubeを見ることになる。

 YouTubeはその人それぞれに自分の好きなカテゴリーがあるだろうからその人に寄って見る内容が異なることになるが私の場合は社会的な情勢のうつろいが最も気になることである。

 とくに国の安全保障については最も気になるところで最近では北朝鮮の動向で、第2次朝鮮戦争となるか、どうかと言ったとことが中心となる。

 それに加えて中露の動向、すなわち以前は中東のシリアをめぐる問題が最大の懸案事項だったが、今世界が注目しているのは北朝鮮の動きであろう。

 今はその陰になって薄くなっているが中国の動向も段々注目の度合いが高まりつつあるようだ。

 以前はアメリカ以外の欧州諸国にとってみれば遠い世界の出来事のような他所の庭の話と見ていた感じだったが先日も述べたように英仏が西太平洋や東アジアに注目をし実際に戦闘機や軍艦を派遣して来たことにより今までとは違った様相を呈してきたと言えよう。

 ただ不気味なのはロシアの動きで北朝鮮に国境が接しているということを名目にして大規模な軍隊を送り込んできている。

 それに呼応したかのように中国も国境線に15万人とも言われる大規模な軍隊を送り込んできた。

 問題はその意図ということになるが、表向きは第2次朝鮮戦争が勃発したら難民が押し寄せてくるからその対応の為と言うことになるが、その為だけならそんな大規模な軍隊など必要としない訳である。

 この両国としては米韓軍が実際に戦闘を始めて北朝鮮全域を占領して韓国がアメリカの後押しで統一国家を作るようなことにでもなれば具合が悪くなるから、そうはさせじとする為であることは明白である。

 従ってアメリカとしても動きが取りにくくなりつつある訳で、このままズルズルと行けばオバマが見て見ぬふりをしていたのと実際面ではなんら変わらないこととなってしまう。

 そこにアメリカのジレンマがあるが、先に行けば行くほど北朝鮮がますます高度な技術を手に入れて余計扱いにくくなってしまうことを懸念する訳である。

 かといって今までレッドサインとして来た核実験や、アメリカ本土に向けた弾道ミサイルを発射させていないので北朝鮮に対して実力行使をする訳にもいかずというところであろう。ということでひとまず日記に戻るが午後5時を回ってから北方面のスーパーに行くこととしてやっと外出することとなった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北方面のスーパーで買物 | トップ | Sの店、そして帰りに迂回して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。