ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

久しぶりにAの店に行ったが…

2017-08-05 22:32:43 | 日記
 このところずっと、暑い暑いと思わず言いたくなる日が続いている。

数年前だったか10月の初めぐらいまで暑い日が続いた年があったが、今年もそれに負けず劣らずとなるのかどうか分からないが、とにかく今年の場合は豪雨で痛めつけられた主に日本海側の西日本から北海道に至る広範な地域で局所的に被害が出ている。

 特に九州では山間部で村ごとゴッソリ被害を受け、村自体が消滅しかねない状況のところもあるようだ。

 地勢的に日本列島の置かれた位置関係は地震が多く発生し、日本海側は多雨・豪雪となり、太平洋側は大地震とそれに伴う大津波や南西海域の海水温上昇に伴う台風の通り道になりやすいという天変地異に曝されながら日本列島の歴史が続いて今日ただいまの日本がある中で日本人の気質も育まれて来た訳である。

 自然に対する畏怖の念、それに伴う八百万の神への感謝と奉斎、これらが相俟って日本人の精神的なバックボーンが出来、他人に対する思いやりなど他の国の人からは信じられないような、それこそ全世界の人達が理想とする人間像を我々日本人は有していると言えるようだ。

 それらが今爆発的に日本を訪れる外国人が増えた要素にもなっているし、色んな意味で日本ほど魅力のある国はないとまで言わしめる要素にもなっている。

 そんな外国人から見たら理想郷のように思われている日本国内の状況はどうかと言うと全くお寒い政治状況であるといえよう。

 もうちょっと何とかならないのかと言いたいほどである。

 若者は委縮したようにこじんまりとしたことを生涯の目標として、3Kの仕事は敬遠しているし、企業は企業で正規雇用の社員を増やそうとしないし、折角正社員になっても仕事が自分に合わないとさっさと退職する。


 しかし正規社員の再雇用は殆んどないからいつまで経っても非正規社員で不景気になると真っ先に首を切られるから、今40代の非正規雇用者の数が結構増えていて収入も僅かだから親と同居が普通で親が亡くなれば年金も無くなるからお先真っ暗で結婚も出来ない状態である。

 結婚しなけりゃ子供も生まれないし、結婚しない女性がかなり増えているし、出産年齢も高齢化して子供の少子化になっている。

 反面ますます平均寿命が延びて、年金や医療費がますます増えて国の歳出が増えいずれ立ち行かなくなり大きく減額せざるを得なくなる事態が来るだろう。

 当然日本の人口が加速度的に減ると同時に国の財政も立ち行かなくなるのは目に見えているのに一向に改善の兆しが見えない。

 国会ではそういった大きな問題を各議員は積極的に勉強して議論して貰いたいものである。

 どうでもいいような問題しか議論できないようなら議員定数をグッと少なくしてもいいのではないか。

 今日の日記に戻ると、午前中の終わり頃に皮膚科医院へ行って薬を貰い、その後、久しぶりに近くの会席料理店の昼定食を食べた後、カラオケ喫茶Aの店に行くことにした。

 医院に昼直前に行くのは待ち時間が少ないためと、会席料理店に行く時間やAの店が午後1時から開店するためである。

 丁度午後0時になるかならないかに到着して薬だけ貰うつもりだったが状況をみたいということで診察室に入ることになったが、爪水虫にずっと薬を塗布しているが時間がかなりかかる。

 新しい爪が出かかっているのでもう少し様子を見ようということになって薬を貰い支払いを済ませた後会席料理店へと足を向ける。

 時刻は午後0時30分頃になっており、店に入ると3つしかないテーブルにはそれぞれ先客がいたが一人の高齢の女性が座っているテーブルに相客となったが、彼女は食べ終えてやがて帰って行ったので私一人となった。

 この店は会席料理なので和食だが、煮物、焼き物、フライ物の3種類から選ぶことになる。

 メインディッシュは海産物でそれ以外の2つの小鉢と香の物、それにご飯と赤だしは共通で700円である。

 煮物はニシン、焼き物は赤魚の味噌漬け、フライものは小エビの天ぷらであるが、ニシンの煮物にした。

 食べ終えて支払いを済ました後、Aの店の前に来たが未だ店は開けていない。

 今までだったら店のドアが見えていたのに今日は1時10分前でもシャッターが下りたままになっているので、店を畳んだのかそれとも1時になってから開けるのかしばらく商店街の方へ戻って涼むことにした。

 1時になったので店に行くとシャッターが上がっていたので店に入るとカウンター席に男性客が1人座ってカウンターの中には中年の女性がいた。

 今までこの店には何度か来ているが、その都度違う女性だったが、若い女性ばかりだった。

 曜日によって担当の女性が違うが最近は土曜日にしか来ていないが3年程前まで担当していた女性が歌が上手く客の評判も良かったので少なくとも数人の客は入っていたが、半年ほど来ていないから今までと同じようにソフトドリンク付きで800円なのか聞いてみた。

 すると中年の女性は「そうです」と言った後しばらくして、「900円になりました」と言うではないか。

 こちらが常連客でないことを確認したからなのかどうか知らないが、途中で手のひらを返したように料金を値上げしたので即帰ることにした。

 客をバカにしたような商売をするような店には二度と行かないことにしたのである。

 時刻は未だ真昼の真っ最中だから帰り道は猛暑だけど、ついでだから買物をすることにし、西方面のスーパーに入り重くならない程度の物を買って帰る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加