アクアコンパス 3   世界の歴史、社会、文化、心、読書、旅行など。

カテゴリー「案内」に人気記事と連載の目次があります。Twitter に yamada manabuで参加中。

何か変ですよ! 62: 偏狭なものの見方

2017年07月11日 | 連載中 何か変ですよ

*1


今回は、巷に溢れる偏った歴史観を取り上げます。
日本の憲法や敗戦に関わる問題をみます。



結論は・・
一見、ここでも右派と左派、またはタカ派とハト派の違いがあるように見える。
しかし、より重要なのは単純に視野が狭いか広いか、より広い範囲の他者の気持ちに寄り添えるかです。

こうは言っても、視野が広いとは何を指すのか、また他者とは誰なのかは人によって異なります。
ここでは二三の例を挙げ、簡単に視野の狭さや他者との境界を指摘しながら、偏狭なものの見方の悲しさをみます。


ある人々が言い募る説とは
第二次世界大戦(太平洋戦争)の敗戦にまつわる恨み節が、今またぶり返している。
当時の米国による酷い仕打ちを盛んに言い募っている。
さらに言えば、相も変わらず侮辱感に囚われたままで、そこから脱皮出来ないようです。

「日本国憲法はマッカーサーの押し付けで、不当だ!」
「東京裁判は勝者による報復の茶番劇だ!」
「日本人の能天気な平和感は、米国の洗脳だ!」

目立つのは、こんなものでしょうか?
これからの話は、あまりまじめに考えて頂かなくて結構です。
どこに可笑しさがあるか判って頂ければ充分です。



*2


何が変なのか?
敗戦時、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が日本の占領政策を推進し、様々な改革を行った。
GHQを取り仕切ったのは米国のマッカーサーでした。
彼は公の場で「日本人は12歳だ」と発言していた。

そして、彼が日本国憲法案を日本に押し付けたとされている。
ある人々は、これを日本人が考えた憲法では無いから、けしからんと言い、作り変えるべきだと言う。

しかし、私はこれを聞いて不思議に思う。
当時、大日本帝国憲法(1889年公付)を後生大事に守り大失敗をしておきながら、明治に始まる神権的な前近代的制度から抜け出せずにいた為政者達が、果たして現代に通じる民主的な憲法を発案出来ただろうか?

確かに市井には進歩的な草案もあったが、政府は受け入れるはずもない。
軍事大国化し大陸進攻を図る過程で、反対する声は一部にはあったが、もみ消されたように。

情けないことなのだが、当時、日本の体制が自ら民主的な憲法を作り出すことは困難だったでしょう。
地主制、女性の選挙権などをみれば如何に遅れていたかが一目瞭然です。

それでは同じ占領されたドイツ(西ドイツ)はどうだったのでしょうか?
ドイツは第一次世界大戦の敗北を経験して、当時世界で最も民主的なヴァイマル憲法を1919年に制定していた。
これがあって、第二次世界大戦後の分断された占領下にあっても、各州代表による憲法制定会議が開催され、連合国によって批准されたのが今の憲法です。
つまり、下地が既に出来ていたのです。



*3

可笑しさはこれだけに留まらない

それほど屈辱感にさいなまれるなら、そんな横暴な米国の庇護の下から離脱すれば良いと思うのは私だけでしょうか?
安保法制、為替などの経済・金融政策、特定秘密保護法など、どこまで米国追従に深入りしていくのか?

ある人々は、現在の「寄らば大樹の陰」は必要だが、かつての横暴な仕打ちだけは許せないと言う。
この手の人が言う大人の態度とは、どちらも結果が良ければ良しだと思うのですが。

さらにこんな反論が出るかもしれない。
今の米国とかつての米国は違うはずだと!
少し、話が怪しい。

世界を見れば、侵略国や戦勝国の態度はどこも似たり寄ったりでした。
植民地支配された国は、当時、欧米から尊敬されたでしょうか?
もちろん侮蔑され差別された。

戦勝国は、占領国に対して侮蔑感をまったく持たずに接したでしょうか?
一部にはいたでしょうが、大勢は憎しみとの裏返しで侮蔑感を持つものです。
それが戦争です。
日本人も大陸に進攻し、現地を支配するようになると同じ轍を踏んでいった。

つまり、この屈辱感は何時でも何処でも敗者が勝者から受けるものなのです。
よくもまあ自国のことは棚に上げる身勝手な神経が私には理解できない。

もっとも、自分達の懐古趣味(天皇制や明治時代への回帰)を満足させるために難癖をつけているだけとしたら、これも悲しい。



*4


この御説はどうでしょうか?
東京裁判への批判も同様に狭量で身勝手な感情の基づいたものがある。
「戦犯はでっち上げで、無実だ!」と。

もし、連合国側が強硬に裁判を開き、戦時下での事実を公開しなければ、日本の国民は未だに真実を知ることはなかったでしょう。
当然、この裁判にはパール判事らが指摘したような問題―事後法の適用と植民支配の反省を棚上げする大国、がなかったとは言えない。
しかし、戦争事態が超法規的な行為であり、場合によっては事後法も止む得ない。
どちらにしても、当時、問題を含みながらも、世界が戦争の再発防止に協同し、従来よりは一歩前進した。

ここで指摘したいことは、同じ戦犯裁判(ニュルンベルク裁判)を受けたドイツの変化です。
これが行われていた当時、ドイツ国民は概ねヒトラーに騙された被害者としか考えていなかった。
しかし、それから十年ほどど経つと、国民の中から自らも戦犯を裁くべきとの世論が沸き起こった。
そして、真にヒトラーやナチスとの決別を図ることが出来たのです。

一方、日本はどうでしょうか?
いまだに、外国(主に米国)の謀略に嵌ったと言う被害者意識から抜け出せない人々がおり、さらに悪いことに、これら人々に支えられた人物が政治のトップになることが出来たのです。

実に、不思議な国があるものです。



さらに、これはどうでしょうか?
もっと単純な例として「日本人の能天気な平和感は、米国の洗脳だ!」があります。

結論から言うと、日本人の平和感は先天的です。
これは日本列島の地政学的な理由、歴史的に日本海の軍事的な障壁と唯一の大国中国からの距離に依存していた。

GHQが軍国主義復活を恐れて、平和の礎を強制的に植え付けようとしたのは確実です。
しかし、それが戦後70年を経た今まも、悪霊に取り付かれたかのように言うのは、国民を馬鹿にしている。

逆に言えば、米国の軍事戦略に乗って、日本を極東の防波堤にしようとする手段に利用されているように思える。

もし、70年前の出来事が、一国の心を支配し続けるとしたら、日本がかつて支配した東アジアの国々も同様に恨みを持つ続けることになりますが?
おそらく「米国の洗脳だ!」と指摘する人々は、これとは違うと言い逃れるでしょう。


まとめ
ざっと諸説の可笑しさを見て来ました。
何が可笑しさを生み出しているのでしょうか?

一つは「自分が、自分が、・・・・」にあります。
別の言い方をすれば、狭い身内、広くて日本列島本島(大和民族)しか念頭にないからです。
このような考え持つ人は、身びいきで、同調する人や付き従う人々には寛大で有難い存在です。
つまり、他者との境界が非常に狭いのです。

もう一つもこれと関連すのですが、都合の良い事実しか見ないのです。
つまり、世界の歴史は当然、都合の悪い自国の歴史も否定します。

おそらく最も本質的な事は、他者への共感が苦手なのでしょう。
この手の人々は身内には共感出来るのですが、地球の裏側の人々への共感が無理なのでしょう。
これは本質的な心性のひとつです。

分かり易い例があります。
実は動物は、本来、同種であっても縄張り外の者(他者)に対して敵意をもつように進化しました。
一番、鮮明なのはチンパンジーです。
チンパンジーは同じ群れであれば、最高度に協同して狩りなどを行います。
しかし、部外者が縄張りの近く現れると、大声で恐怖の声を挙げ、下痢をしながら飛び回るのです。

しかし、進化した人類はこれと異なり、縄張り外(国外)の人、言語や人種の違いを乗り越えて協力することができるからこそ、今の発展があるのです。
時たま、チンパンジーより残酷になるのがたまに傷ですが。



*5



最後にお願い
どうか皆さん、くれぐれもおかしな風潮に流されないでください。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランスを巡って 22: ... | トップ | フランスを巡って 23: ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。