アクアコンパス 3   世界の歴史、社会、文化、心、読書、旅行など。

カテゴリー「案内」に人気記事と連載の目次があります。Twitter に yamada manabuで参加中。

フランスを巡って 24: 可愛い町、コルマール

2017年07月15日 | 連載中 フランスを巡って

*1


今回は、アルザスワインの産地の中央に位置するコルマールを訪れ、木骨組み家屋の街並みを楽しみます。
ここはストラスブールから南に70kmの所にあり、ヴォージュ山脈の麓にあります。
訪問したのは、旅行6日目、5月22日(月)、11:30~13:40です。
この日も快晴に恵まれました。




< 2.コルマールでの徒歩観光ルート、上が真北です >

写真下側の橋のSから観光を始め、黄線の道を上側のレストランRまで行きました。
このレストランで昼食をとり、次の観光地へと移動しました。
番号1~12は写真で紹介するスポットです。




< 3.バスから見たコルマール >

バスで郊外からコルマールの中心部に入って行った時の車窓からの眺め。

下の写真: Place Rapp。
フランス革命で活躍したコルマール生まれの軍人Rappの像が立っている。




< 4. プチットベニス >

上と下左の写真: 地図番号1。
小舟の遊覧船が発着していた。





*5




< 6. 運河沿い >

下の写真: 地図番号2。
右手の建物は市場ですが、この時は閉まっていた。




< 7.旧税関 >

上の写真: 15世紀に建てられた旧税関。
シュウェンデイの噴水の広場に面している。
屋根にはボーヌで見た釉薬瓦による模様が見られるが、こちらはアルザスの鱗状瓦です。

下の写真: シュウェンデイの噴水。地図番号3.
シュウェンディは、神聖ローマ帝国の将軍で、像の右手に掲げるのはぶどうの苗木。この像はコルマール出身で自由の女神の作者、バルトルディが製作したものです。



< 8. バルトルディ美術館 >

左上の写真: バルトルディ美術館。地図番号6.

右上の写真: コルマールの入口のラウンドアバウト(環状交差点)に立っている自由の女神。

左下の写真: 通りで見かけた店舗の飾りつけ。

右下の写真: 店の看板。地図番号10.
アルザス地方(コルマール、リクヴィルなど)の多くの店にこのような看板が架かっている。
これはコルマール生まれの絵本作家アンシの絵です。







< 9. 商人通り >

上の写真: 旧税関建物をくぐり抜けたら直ぐ見える商人通りの建物。
地図番号4.

左下の写真: 15世紀のプフィスタの家。地図番号5.

右下の写真: 13世紀のドミニカン教会。地図番号8.




< 10. サン・マルタン大聖堂 >

上の写真: 13世紀のサン・マルタン大聖堂。
これはゴシック建築で、建築は1234年に始まり1365年に完成している。

ところでコルマールも1226年に自由都市になっている。
つまり、この大聖堂の建設は自由都市になってから始めたことになる。
ストラスブールの大聖堂に比べ、これは建築工期が半分で規模も小さい。
両都市を見て、大聖堂のある広場が共に小さいことがわかる。
これは自由都市が、聖域としての広場を重視しなくなったからかもしれない。

下の写真: 通りの左側の手前近くに三階建てのアンシ博物館が見える。



*11

上の写真: Têtes 通りの商人の家。地図番号10.

下の写真: 元修道院で現在は美術館。地図番号11.
私は修道院が人里離れた所に建てられるものと思っていたが、修道会によっては村や町に造られ、地域の発展と共にあったのだろう。




< 12. 運河、地図番号12. >

上の写真: 遠くに大聖堂の尖塔が見える。




< 13. レストラン >

上の写真: 中央の3階建の建物が昼食を食べたレストランです。
コルマール観光はここで終えて、食事後、駐車場まで行き、バスで次のリクヴィルに向かった。

下の写真: レストランに置かれていたアンシの絵皿。


次回に続きます。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランスを巡って 23: ... | トップ | 何か変ですよ! 63: 近... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。