アクアコンパス 3   世界の歴史、社会、文化、心、読書、旅行など。

カテゴリー「案内」に人気記事と連載の目次があります。Twitter に yamada manabuで参加中。

中東に平和を! 38: 報復の連鎖 6 : インティファーダ

2016年10月14日 | 連載中 中東に平和を

< 1. 1990年のポスター >


2003年当時、既に紹介したようにイスラエルとパレスチナの人々が共に、インティファーダが状況の悪化を招いたと指摘していました。
今日は、このインティファーダを振り返ります。




< 2.インティファーダ >


パレスチナのインティファーダについて
これはパレスティナで起きたイスラエル占領に対する2度の民衆蜂起をさす。
これまでに4度の中東戦争とレバノン戦争を起こしていた。

1987年12月、イスラエル占領下のガザ地区で起きた交通事故を機に,大衆の投石,ストなどによる抗議行動が発生,ヨルダン川西岸地区にも拡大した。
この時のイスラエルの激しい鎮圧は国際的非難を呼び,1991年に中東和平交渉が始まると運動は下火になった。

しかし、2000年、シャロン(後に首相)が護衛兵と共にアル・アクサーモスクに入場すると、第2次インティファーダが始まった。



< 3. アル・アクサーモスク  >


インティファーダがもたらしたもの
「石つぶてで圧政者に立ち向かう住民と、それを最新兵器で女子供含め掃討するイスラエル軍」の映像が世界に流れ、国際世論はイスラエルを中東和平に引き込んだ。

そして1993年、以下のオスロ合意がなされた。
1.イスラエルを国家として、PLOをパレスチナの自治政府として初めて相互に承認する。

2.イスラエル軍は占領地から暫定的に撤退し、その間、パレスチナの自治を認める。

3.両者の境界、難民の帰還、エルサレムの地位等については今後協議する。

合意は画期的だったが、実質、パレスチナの自治範囲は全土の5%になっていた。

1995年、穏健派のラビン首相が暗殺され、タカ派がイスラエルの政権を握る
と、イスラエルのヨルダン川西岸への入植は加速され、440kmの分離壁、70を越える検問所によって、パレスチナ人の分断と支配はより深まった。

そんな折、シャロン・リクード党首が護衛兵1000名を連れてイスラムの聖地であるモスクに乗り込んだ。
彼はエルサレムのすべてがイスラエルの支配下にあることを見せつけた。
この挑発に対して、パレスチナの新手のグループが過激な反応をした。
そしてイスラエルは圧倒的な軍事力を行使し、パレスチナは銃と自爆テロを激化させて、全面戦争へと突入した。



< 4. パレスチナ自治区は緑色、警察権の無い地域も含む >

なぜこのような不毛な隘路にはまり込むのか
イスラエルはパレスチナが約束を守らず、テロを繰り返すから、検問所や分離壁を設け、軍事攻撃と駐屯を行うと説明する。
一方、パレスチナの領土はイスラエル建国の2年前(1946年)に比べ、イスラエルの入植と占領が進み、不完全な自治区をいれても9%と減る一方だった。
さらにパレスチナの人々は、情報、物資、水、仕事を遮断されてしまった。

第一次インティファーダは溜まった不満が暴発し、一気に拡大したが、まだ民衆には自制心があった。
しかし、悪化し続ける状況で、それまでの指導部PLOに満足できない過激派がイスラエルの挑発にまんまと乗って暴発した。
こうして、イスラエルの想定通りに支配が進むことになった。


残念なこと
圧倒的な軍事力と先進国の支援があるイスラエルに対して、パレスチナとアラブ側は、経済力と軍事力で劣るだけでなく、まとまりにかけ、その場限りの対応に終始している。
これは中東戦争でも同様でした。
パレスチナは支配を強化され、分断と孤立を深め、追い込まれ続けている。
まるで蟻地獄に落ち込んだようだ。


次回に続きます。



ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアとバルト3国、ポーラ... | トップ | ロシアとバルト3国、ポーラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。