『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「デイジー」 アムステルダム無情

2006年05月31日 | 映画
日本のマンガを読んで育ったに違いないと思わせる脚本家あがりのラブコメ野郎クァク・ジェヨンと、正統派かつスタイリイッシュな香港アクションを得意とする撮影監督あがりのアンドリュー・ラウ。
少女マンガのような三角関係に、ジョン・ウー、リンゴ・ラムでおなじみの殺し屋と潜入捜査官の友情モノが混じる。
好みが違う、育ちが違う、ジャンルが違う、韓国代表と香港代表の混成チームで大丈夫?って感じでしたが、途中まではヒジョーに上手くいってました。
広場で突如のドキューン!とその後の展開の途中までは、「う~ん傑作の予感!」とさえ思いましたが、でも、やっぱり融合はしませんでした。
香港臭が強くですぎた後半は、ちょっとイヤになってきました。
韓国:「あの~、ちょっとやり過ぎやと思うんですけど・・・」
香港:「お前らがオランダを舞台にしないとイヤやって言ったんやろ!だからここは好きにやらせんかい!!」
韓国:「え~わい!内緒で『実はボクら、あの時こうしてましてん』のシーン付け足しといたんねん!」
こんな会話があったかどうかわかりませんが、終盤の印象はこんな感じでした。

ファインダー越しに見透かすおじいちゃんにも言われるとうり、笑顔の少ない今回のチョン・ジヒョンは、いかがなもんか?
そのぶん、まるで陸奥A子の少女マンガのような田舎のお花畑のドジっ娘っぷりが輝いて思い出されるけど。
また「JSA」の写真以来、韓国映画の伝統的技になった感のある「すれ違いのようですれ違いでない、実は、あの時こうしてましてん」は、手を変え品を変え、出し惜しみなくふんだんに楽しませてくれます。
韓国映画のこういうとこ好きです。

4年前のヒディンク監督のおかげで、世界一オランダが大好きな韓国人。
これ以上、オランダ好きの国民が増えないように、今日からかの監督様は、吊るし上げておきました。

ニッポン、ガンバレ~!


★★★

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本ダービー 予想 | トップ | 安田記念 予想 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (charlotte)
2006-05-31 23:35:38
こんばんは。

めったに韓流を見ないのですが、「オランダ」に惹かれて見て来ました。

ってこの作品、韓流ですよね?それとも華流?洋画?

>「すれ違いのようですれ違いでない、実は、あの時こうしてましてん」

=なるほど~。これが韓流の真髄ですねっ!初心者勉強になりました 爆



TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-01 18:02:36
こんにちは♪

陸奥A子!

懐かしい~~~。

どーしてそんな名前をご存知なんですか~?

まさにあのデイジー畑や小川にどっぼーんは少女マンガの世界でした。

あの絵は上手いかどうか言いかねますが(笑)、ちょっと少女趣味入ってましたね?
charlotte さんへ (aq99)
2006-06-01 22:10:15
「こうしてましてん」の三角関係もん好きですか?「永遠の片想い」という少女漫画みたいな韓国映画がありますが、これが最高峰ではないかと勝手に思っています。めっちゃ韓流ですけど~。
ミチ さんへ (aq99)
2006-06-01 22:22:26
陸奥A子は、江口寿史が「すすめパイレーツ」でしつこくネタにしてましたから、一部男子でも読む人がいました~。だから軟弱になったのかも?

独特な目の描きかたでしたね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
デイジー (ネタバレ映画館)
 「パクウィを探せ」ゲームのようなオープニングだったけど、ラストには「ジョンウを探せ」ゲームもあったのだと気づきました。
デイジー (シャーロットの涙)
花に想いをたくして・・・「デイジー」 韓流(華流)がご無沙汰。でも、オランダが舞台と知ってとても興味が沸いてきた。 とてもありえない設定が多いのでかえって私には現実逃避するのにうってつけ。 絵描きの卵のヘヨン。個展の準備に追われたある夏の日。丸太 ...
★「デイジー」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
映画『DAISY』 (GiRLSGATE --エンターテイメントBlog--)
オフィシャルサイトの主人公占いはジョンウになった飯野友理です。 清弘さんも行かれたようですね、DAISY 。 『私の頭の中の消しゴム 』の次はこれで泣く、というコピーがはいっていましたが、 消しゴムほど泣けない・・・。 消しゴムとデイジーは ...
映画vol.60『デイジー』※試写会 (Cold in Summer)
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみ ...
映画「デイジー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナ ...
【劇場映画】 デイジー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客 ...
『デイジー』 (ラムの大通り)
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。 なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、 『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。 しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。 そして舞台はオランダで ...
DAISY/デイジー (何を書くんだろー)
「DAISY」 評価 ★★★★★ (4.7) 『あらすじ』  異国の地オランダで祖父の経営する骨董店の手伝いをしながら画家を目指すヘヨン。午後4時 15分になると店の前に届けられるデイジーの植木鉢。それは、彼女にとって、ある忘れられな ...
デイジー (めざせイイ女!)
韓国映画舞台は オランダ 街角で似顔絵を描く女性ヘヨンが二人の男性に愛されるラブストーリーなのに ハッピーエンドで終わらない。おしゃれなイメージでの始ま...
『デイジー』 (京の昼寝~♪)
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵 ...
恋愛は、縁と運とタイミング。『デイジー』 (水曜日のシネマ日記)
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
「デイジー」 (雑板屋)
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは ...
DAISY デイジー (お気に入りの映画)
2006年 韓国映画 監  督 アンドリュー・ラウ 出  演 チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ あらすじ ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、デイジーの花を贈り続けてくれる男性に恋をしていた。街で出会ったジョンウ(イ・ソン ...
デイジー DAISY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ、チョン・ウソン主演 ヘヨンは韓国の画家を目指す 美しい25歳の女性です アムステルダムで骨董店を開いている祖父の商売を手伝いながら 夕方には街の広場に出掛け 似顔絵を描くアルバイトをしています 名前も知らない 相手 ...
目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』 (水曜日のシネマ日記)
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。
デイジー[テイジ] (よむよむ★ハングル)
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノで ...