『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「父親たちの星条旗」 「~手紙」を楽しむために

2006年11月13日 | 映画
2大スター共演が話題になった『パーフェクト・ワールド』を見た後のような感じでした。
イーストウッドのようで、イーストウッドでないというか・・・。
スピルバーグを迎えての2大プロデューサー共演(と言うのか?)だからかな~?
それとも、上映前に、わざわざ「本編後に『硫黄島からの手紙』の予告編が流れますのであわせてご覧ください!」と大声でアナウンスされるもんだから、戦闘シーンを見ても日本兵が気になってしかたなかったからかな~?
この予告入るのって日本だけ?
はらわただしまくりは、切腹シーン覚悟しとけよというメッセージと受け取りました。
地下坑道内の惨劇を先に見てきた兵士は「外でゲロ吐いたよ」と言ったほどですが、どんな凄惨なシ-ンを目の当りにさせられるんでしょう。
それが、謙さんとか、ニノとか、シドーとかならなお見るのが辛そう。
竹内某はシドーが酷い目にあうとこ、喜びそうですが。

アイスランド・ロケによる鈍色の戦場『プライベート・ライアン』のオマハ・ビーチ上陸作戦再びより、ネイティブ・アメリカンの兵士がイーストウッド作曲のBGMをバックに飲んだくれて街を彷徨うシーンの方が、イーストウッドらしくて好きです。
しかし第二次大戦中のアメリカの田舎の家って、今とそう変わってないのと違う?
服装とか食べてるものも含めて。
第二次大戦中の日本って、もっと今と違うよね~。
『純情きらり』や『君の名は』や『芋たこなんきん』見ても、ってぜんぶ朝ドラやがな。
『風と共に去りぬ』を見た小津安二郎ら日本の映画人たちは、
「こんなんが、戦時中に作られるなんて、敗けて当たり前や」と思ったそうですが、
あんな大艦隊の物量作戦を山の上からどんな思いで見ていたのだろう、日本兵は。
やっぱり日本側から描かれる『~手紙』が気になります。
『デスノート 前編』を見た後よりも、続きが見たい度は高いです。
おっ!獅童でつながった。


★★1/2
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 波岡一喜のCM | トップ | 「ブッラック・ダリア」 ハ... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (charlotte)
2006-11-13 21:46:17
こんばんは~。
結構「~手紙」は死様がグロいのでしょうか??
…ちょっとビビッてますが~
日本兵の姿はほとんど出てこなかったのが不気味でした。まあ私達日本人としてはアメリカの視点を知ることができたわけですから、この作品を見る意義はあったと思います。きっと「~手紙」を見たらこの「~星条旗」の見方も変わるでしょうね。
こんばんは (カヌ)
2006-11-13 22:08:40
伊丹で観られたんですか?
私が観た三宮ではアナウンスなかったですよ~
最後に自決したシーンは、『手紙』のクライマックスぽいですよね(^^;
トラバ・コメントありがとうございます (ひらりん)
2006-11-13 23:59:23
たしかに、多才ぶりを誇示するためには、
今度はオスカーの音楽賞受賞を狙ってるかも・・ですね。
あ!? (しん)
2006-11-14 21:05:06
あ!?
手紙ってそっちね。
エリカちやんのかと思った

ちなみにデスノートは当時アメリカで開発され硫黄島で実験に使われた後硫黄島にいた一人の日本人が強奪して逃走したらしいです
うそですけど
こんばんは♪ (ミチ)
2006-11-14 23:19:10
硫黄島決戦当時はアメリカも相当戦費捻出に苦労していたようですが、あまりそういうのって伝わってこないんですよね。
庶民レベルはまだ裕福そうに見えますし、あんな豪華なショーやパーティやってるし。
それに比べて日本の生活レベルなんて酷かったんじゃないでしょうか。しかも紙の飛行機まで作っていたんだし(汗)
どう考えても勝てそうな気がしませんね~。
アメリカ (ななな)
2006-11-15 10:34:58
aq99さん、こんにちわ。
戦争中のアメリカって見たことなかったんですけど・・・日本と比べたら全然違いますよね。
日本は戦時中は真っ暗なイメージですけどアメリカはなんか普通に生活していて驚きました。
もちろん戦争で傷ついた人たちがいるって言うのは分かりますが・・・
「硫黄島~」がすごく楽しみです。
ニノが評判いいみたい。
ファインディング・ニノ (にら)
2006-11-17 08:45:16
米軍が大挙して押し寄せる硫黄島。
激しい攻防戦の中、渡辺謙に勅令が下る。

“ニノを探して連れ帰れ”

渡辺謙はごくわずかな部下とともに、疲弊しきった身体を引きずるようにして、銃弾をかいくぐり、時に激しい戦闘を交え、ついに廃校の片隅でニノを見つける。
声を掛けるが反応はない。触れても体温が感じられない。しかも、柴を背負って本を読んでいる。
「・・・二ノ宮金次郎ですけど」
「大日本帝国の戦意高揚のため、命に代えても、連れ帰る!」

非情さと狂気と不条理、そんな戦争とアルツハイマーの上司に苦悩する日本兵の姿を描いた作品なんですよね、きっと。

てなわけで、TBありがとうございました。

あ、自分のところで使うネタとして、温存しておけばよかった。
charlotte さんへ (aq99)
2006-11-18 17:24:11
「~手紙」を見た後、「あ~、こう繋がってたのね」と色々思うでしょうな。
たぶん、もう一度「父親~」の方を見たい人が続出すると思うけど、間違っても「ディレクターズ カット版」とか「アナザー バージョン」とか「再編集版」とか公開しないでよ。
カヌ さんへ (aq99)
2006-11-18 17:27:12
梅田ピカデリーです。
あそこは、客質があまりよくないので、好きではないのですが・・・。

ミントは、さすが最新映画館。
なにかとよろしいようで。
それにしても、関西圏、映画館の新設ラッシュですな~。

ひらりん さんへ (aq99)
2006-11-18 17:32:50
マジで作曲賞とってほしいです。
そういや、男優賞もまだだった・・・。
しん さんへ (aq99)
2006-11-18 17:37:12
「手紙」のラジオCM、沢尻エリカの素敵な関西弁が、見る気を萎えさせてしまい、見に行ってませんが、正解でしょうか・・・。
山田&玉鉄というTVっぽいキャスティングも、なんだかな~という感じ。
って、監督がめっさTVの人やん!!
ミチ さんへ (aq99)
2006-11-18 17:41:41
見栄っ張りで、強がりばっかりいうアメリカ、なるべくそういうの外部にでないようにしていたんでしょうね・・・。
このことも、「これって、映画のフィクションでしょ?」って南部の人は、言いそう。
ななな さんへ (aq99)
2006-11-18 17:45:40
06年は岡田君イヤーとなった映画におけるジャニーズですが、07年はニノの年になりそうですね~。
犬童監督の作品もひかえてます。
ニノは、子役の時から結構見ていたので、親近感があります。
にら さんへ (aq99)
2006-11-18 17:52:32
これって、来年公開の新作でしたよね。
アメリカの流行映画をいち早くパクる東映の。
監督は深作じゃなくて、佐藤純彌じゃなくて、やっぱ堤か。
にらさんのことですから、本編を見ると、刺激されて新ネタが湧いてくると思います。
ニノ漬け (メビウス)
2006-11-27 23:24:04
aq99さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

なんかイーストウッドはニノの演技をケンさん以上に絶賛していたとの事なので、個人的にはニノの迫真の演技や、ニノは戦死するのかはたまた自害してハラワタ出しちゃうのかや、ニノの妻に宛てる手紙の字が『デスノート』の藤原竜也の字とどっこいなのか等々、色々なニノを注目して観てみたいと思ってます。
メビウス さんへ (aq99)
2006-12-01 19:47:19
ニノ、「鉄コン筋クリート」の声もやるんですよね~。

汚字(オジー)の人たち好きです。
自分もそうなんで。
「僕の歩く道」で披露された香里奈の字も・・・。
娘にはペン習字習わそかな~。
「日ペンの美子ちゃん」で。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
父親たちの星条旗・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一枚の有名な写真がある。 太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。 1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞
父親達の星条旗 (シャーロットの涙)
原作はジェイムズ・ブラッドリー、ロン・パワーズ著のベストセラー「硫黄島の星条旗」。 日米双方の視点から、太平洋戦争最大の激戦地といわれる硫黄島・擂鉢山に星条旗をを打ち立てた6人の兵士の死闘と、生き残った3人のその後の人生を描く。 クリント・イースト ...
父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers (我想一個人映画美的女人blog)
クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本! と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。 +スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/} ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていた ...
「父親たちの星条旗」 (the borderland )
太平洋戦争末期の硫黄島での戦いを、日本とアメリカ双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による第一弾。双方からの視点というのが面白いと思っていたけど、ここまで徹底的に日本人の姿がないとは思いませんでした。あと、フラッシュバックが多いので ...
★「父親たちの星条旗」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
『父親たちの星条旗』 (M[エム] ブログ)
製作年度:2006年 上映時間:132分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ 、ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 、ポール・ウォーカー オス
父親たちの星条旗 [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
毎年毎年イーストウッドイーストウッドってよく飽きないなあ・・・と陰口叩かれかねない状況になってきたのですが、そんなこといったって面白いんだもん。権力・権威・力ある者に悪態ついてぶいぶいいわしていた70年代~80年代を過ぎて、権力・権威への不審と怒り ...
映画「父親たちの星条旗」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「父親たちの星条旗」 硫黄島二部作の第一弾で、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点から描く。 「FLAGS OF OUR FATHERS」という原題の「FLAGS」と複数形になっているところがミソ。ピュリッツァー賞を取った“摺鉢山に星条旗を掲げる米軍兵士たちの写真” ...
父親たちの星条旗 (映画を観たよ)
硫黄島2部作の1つめ 非常に地味な映画でした。 硫黄島って島があることも今回知りましたししかも東京だったなんて・・・くらいの知識でした。 英雄と祭られていく3人の兵士の葛藤を描いているんですがすごく抑えた描き方をしています。 ストーリは淡々と進み彼ら ...
父親たちの星条旗 (ネタバレ映画館)
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
『父親たちの星条旗』 (ねこのひたい~絵日記室)
今回、旗を立てるのは、硫黄臭漂うハートブレイクリッジか。3度目のオスカーか。
「父親たちの星条旗」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も ...
父親たちの星条旗(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】ライアン・フィリップ/アダム・ビーチ/ジェシー・ブラッドフォード/ジェイミー・ベル/バリー・ペッパー 【公開日】2006/10.28 【製作】アメリカ 【ストーリー
『父親たちの星条旗』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によっ...
父親たちの星条旗 (ひめの映画おぼえがき)
父親たちの星条旗 期間限定版 監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、バリー・ペッパー、ポール・ウォーカー... 「戦争を終
【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、西日本総合展示場まで行ってみました{/cars_red/}{/dododo/} 結構な入場者...