『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「母べえ」 母兵衛は、たそがれない

2008年02月22日 | 映画
『武士の一分』でキムタクを主演にしたばっかりに大ヒットしてしまい、すっかり松竹の屋台骨を支える事になってしまった(今に始まった事ではないが)山田洋次が吉永小百合主演で、また狙いにきた映画かと思ったけど、なんのなんの山田洋次イズムあふれる集大成的な映画になってるじゃありませんか!

山田洋次世代の『ALWAYS 三丁目の夕日』的に進行してたんですが、突如降りかかった母子家庭生活にやってきた浅野忠信という状況は、私の大好きな『遥かなる山の呼び声』っぽくって、子供を通じてストイックな愛情を注ぐ姿は、“お喋り版”高倉健さんの如きで、もうそっから、めっぽう面白くなりました。
ちなみに海水浴場のシーンは、『遥かなる山の呼び声』で高倉健の見せ場やった草競馬のシーンに相対してて、ここは吉永小百合の“森光子のでんぐり返り”に相当する=“遠泳”の見せ場になってて粋な計らいでした。

親戚中の迷惑者で、デリカシーに欠ける発言をする”鶴瓶は、モロに“寅さん”で、吉永小百合の「あのおじさんにだけは本当のことを言えるの」というセリフは、吉永小百合がヒロインを務めた『男はつらいよ 柴又慕情』で「いやだ!私ったら、寅さんになら、なんでも話せちゃう」というセリフと同じでありながら、治安維持法が施行されていた当時では意味合いが深いものに変わってるのがよいです。
他にも、「子供の成長を見るのが楽しい」という『たそがれ清兵衛』での真田広之パパのセリフに対しては、ウチのパパは獄中でそれが叶わないという吉永小百合母べえの嘆きのセリフへと微妙に変化し、
《ネタバレです》
黄色いハンカチを掲げて待ち人が来た『幸せの黄色いハンカチ』シチュエーションには、黄色の葉っぱが舞い落ちる中訪れた人は、浅野忠信の死を告げに来た戦友でした。
でも、その戦友が語った辞世の言葉というのは、“寅さん”が旅先で知り合った人に、もれなく言ってた「東京に行ったら葛飾柴又のしがない団子屋を訪れてくれよ。そこには“さくら”って名前の美人の妹がいてよ~」に似てて、ここでめでたく浅野忠信は、“寅さん”になったわけです!


最後にひとつ鶴瓶がヤンタンで披露してた小話を。
鶴瓶が弟子に言いました。
「わしが、吉永さんと共演したから、お前とこに吉永さんから年賀状来てたやろ。わしが、たのんださかいな~」
「ありがとうございます。ウチのお母ん、めっちゃ喜んでました!」
「そやろ、そやろ~」

私の家にも小百合さんから年賀状届いてましたよ~ん。


★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「L change the WorLd」 t... | トップ | 「奈緒子」 猿岩見たかった... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~♪ (ミチ)
2008-02-22 21:17:34
ホントだ、集大成になってますね~
いくら吉永さんが水泳が得意でも、あの泳ぎのシーンはいかがなものか。
せっかく泳いでいったものの、助けたのは他の人でしたし・・・(汗)
あと、自分に向けられてる好意に気がつかない鈍感さも女主人公のお約束ですよね

鶴瓶さんは本格的に映画進出するつもりなんでしょうか。
先日見た「奈緒子」にも堂々たる役で出演してましたし、タイトルは忘れちゃったんですけど何かの予告編でも見かけました。
関西弁でセリフを言う姿勢だけは崩さないようですが
なるほど! (kossy)
2008-02-23 00:13:44
最初の寅さんが鶴瓶で、最後の寅さんが浅野忠信だったわけかぁ~
もしかして『男はつらいよ 柴又慕情』を再チェックしたんですか?記事を読むと思いだせるのですが、台詞までは思い出せません。金沢や福井がロケ地だったのは覚えてるんですが。
ミチ さんへ (aq99)
2008-02-26 20:18:46
「奈緒子」見ましたよ~。
「クロサギ」「私は貝になりたい」と、鶴瓶の快進撃が続きます。

山田洋次の女主人公というか、寅さんのマドンナはみな寅さんが本気で好きやということに気づかないんですよね~。
kossy さんへ (aq99)
2008-02-26 20:21:15
実は、吉永小百合の寅さんでのセリフは、たぶんこう言ってたんちゃうかなと脳内で作り上げました。
でも、このセリフは寅さんで、よう出てくるから言ってた気がするんですが・・・。
おお (しん)
2008-03-21 03:19:24
ほんとだ
山田洋次総集編的映画だったのねん、と読んで妙に納得。

そういえば、陛下は今はあっちにいるんじゃないかい、おう、そうかそうかと皆で向きを変えて拝礼するシーンは、「寅次郎夕焼け小焼け」(宇野重吉が画家のセンセで、太地喜和子がマドンナのやつ)で東京はどっちだい、あっちか、え、こっちかいと、色んな方向に礼をする寅さんを思い出しました。
しん さんへ (aq99)
2008-03-23 18:59:40
お~、「寅次郎 夕焼け小焼け」にそのようなシーンがあったとは!!
「夕焼け小焼け」は、個人的にシリーズ最高傑作と思ってるんですが、このシ-ンは覚えてませんでした。
「寅さん」を見返したら、まだまだでてきそうですね。
ネタの使いまわしか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 【母べえ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「母べえ」 黒澤明作品の常連スタッフで知られる野上照代の自伝的小説「父へのレクイエム」を山田洋次監督が映画化。 おはなし:昭和15年。ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎)が反戦を唱えたとして逮捕されてしまう。悲しみにくれる母・佳代(吉永小百合)...
母べえ (ネタバレ映画館)
君は母べえを見たか?
★「母べえ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人...
母べえ (Akira's VOICE)
叫ばなくとも強烈に響く「戦争反対」の声。
母べえ(映画館) (ひるめし。)
何もしなくても、母の手があった。悲しくても、母の胸があった。
母べぇ (何書☆ねくすと)
 評価:★           微笑ましさと強さ度:90% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつま...
『母べえ』初日舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『SP』の岡田准一、『篤姫』の宮崎あおいの『陰日向に咲く』と晴海通りを挟んで、舞台挨拶2本立てを計画していたが、ジャニーズファンの恐るべき猛攻によりチケット瞬殺オクでも万単位で取引されていたので、泣く泣く1本のみ(爆)山田洋次監督と完成披露で握手したのは...
母べえ [監督:山田洋次] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
----??なキャスティングも、「サザエさん」実写版だと思うと深みが出てくる----
mini review 08317「母べえ」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえて、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ。夫のいない家族を支える強くてけなげな母親を演じた主演の吉永小百合をはじめ、坂東三津五郎や浅野忠信、子役の志田未来、佐藤未来が、戦前の動乱...
『母べえ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家は、お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族だったが、昭和15年2月、滋が治安維持法違反で検挙されてから苦難の日々が始まった。そんな折、滋の教え子・山崎徹が訪ねてくる。それ以降...
『母べえ』(TV/地上波) (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「母べえ」 □監督・脚本 山田洋次 □脚本 平松恵美子□原作 野上照代 □キャスト 吉永小百合、浅野忠信、檀れい、笑福亭鶴瓶、坂東三津五郎、       志田未来、佐藤未来、笹野高史、でんでん、神戸浩、近藤公園、 ...