『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「武士の一分」 山田洋次、宝刀を抜く

2006年12月08日 | 映画
藤沢周平=山田洋次モノ三部作(続きもんではないが)の完結編で、主演にキムタクときたら失敗するわけにいきません。
『男はつらいよ』シリーズの後釜にと思ったのに2作で終わった『虹をつかむ男』シリーズや、『1』『2』が評判よかったんで『3』を撮ったらもうひとつやった『学校Ⅲ』とか、ギネスブックにも載ってるシリーズモノの王様=山田洋次監督としては、この作品、ぜ~ったい失敗するわけにはいきません。
ですから、エピローグには、とっておきを用意してました。
たぶん、ファンのあいだでも山田洋次作品で一番好きなシーンは?と聞かれるとベスト3に入るだろう『遥かなる山の呼び声』の、列車で護送される健さんに、倍賞千恵子とハナ肇が腹芸で会話するシーン。
あれをアレンジしてました。
で、ここで重要な役回りをする下男役が、それまで前二作の下男を務めてた神戸浩に替わって、より演技のできる笹野高史になってますが、しかたないですね。
ここのシーンだけでなく、キムタク並に存在感を放ってますもん。
ただし、武士:キムタクが、下男:笹野に「バカが!」「アホだ!」「徳平!徳平!」などと声を荒げたりするさまは、確立された階級社会だから当然とはいえ、相手が笹野だから、見ていてつらいもんが少々ありました。
神戸=下男の時には感じなかったんだけどね~。
まぁこれもある種の「武士の一分」なんでしょうけど。

まさに育児中に『たそがれ清兵衛』を見てしまったので、どうしてもあの作品の影がちらついてしまいます。
キムタクが時折、特に月代部分に毛が生えてきた姿は真田広之に見えました。
檀れいの横顔が、宮沢りえに見えたけど、正面向いたら桜井淳子やった。
薬を口移しで含ますシーンは、目をつぶってるキムタクの後ろに「イイ男連続1位」の金看板とか何万というキムタクファンの目が見えてたようで、かなりやりにくそうに見えましたが、あれは必要なシーンでしょうか。
毒見役仲間の「おめぇの、それ、なに食った?」と言う赤塚真人(特技:東北弁)が、三部作皆勤賞です。

『フラガール』でも東北弁聞けたけど、山田洋次のこのシリーズのは格別!
もう、しばらく聞けなくなるのか・・・。
ロードムービーの『十五才』を『学校Ⅳ』と副題つけたように、また藤沢時代劇撮りたくなったら、いつでも撮っていいからね。
他の人に任せられないもん!!


★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「トゥモロー・ワールド」 ... | トップ | 「ソウ3」 三部作症候群 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2006-12-08 23:30:50
先日からキム様、山田監督は番宣に出ずっぱりですね。
そんなに宣伝しなくてもヒットするでしょうに。
山田監督にはまだまだ藤沢作品を撮っていただきたいです。
本当は「蝉しぐれ」も撮っていただきたかったのにぃ。
いまのマイブームはやっぱり庄内弁でがんす。
そうそう (kossy)
2006-12-08 23:46:05
実はあの月代で気になってたことが・・・
決闘が決まる直前のことだったか、綺麗さっぱりと剃ってましたよね。
加世はいないんだし、あれは徳平が剃ったもの?
その光景を想像してしまい、もしかして笑わせる場面がひとつカットされたような気がしました(笑)
壇さん (charlotte)
2006-12-09 22:19:48
こんばんは。

>檀れいの横顔が、宮沢りえに見えたけど、正面向いたら桜井淳子やった

うー、ホントだー!美人さんでした。
でもこの人「誰さん?」って無知なワタクシ。。。

味は嘘つけませんからね。カレーでも何でもいろんな味をマスターしとこうかしら…。笑
こんばんわ♪ (ななな)
2006-12-10 16:43:58
キムタクが「いい男No.1」とか納得できないんですよね(笑
そんなに嫌いならなんで観にいったのって感じですが若干時代劇ブームが私の中で到来しております♪
って言っても3本くらいしかまだ観たことないんですけどね。
「たそがれ~」も観なきゃいけない♪
ミチ さんへ (aq99)
2006-12-10 21:52:10
TV局絡みだとたいへんですね~。

庄内弁のない「蝉しぐれ」なんて・・・。
私の予想では、企画に窮した山田洋次が、3~4年したらもう一度藤沢モノを撮ると思います。
kossy さんへ (aq99)
2006-12-10 21:55:34
「たそがれ~」では、宮沢りえが、かいがいしく剃って上げてたんですよね~。
徳平が剃ってるとこ、面白会話もあっただろうし、ホントもったいないことしましたね~。
charlotte さんへ (aq99)
2006-12-10 21:59:22
桜井淳子は、「ショムニ」江角軍団の美人OL役の子です。
似てない?

カレーは、子供がいるので、甘口を食べさせられています。。。
辛いのは外で。
映画を見た帰りの楽しみのひとつです。
ななな さんへ (aq99)
2006-12-10 22:02:36
女性の№.1ってわりとコロコロ変わるけど、男性はあんまり変わらないですね。
嫌いな人でも、見に行くのはエライです。

「たそがれ~」は、もうすぐTV放映ありますね!
くちうつし (しん)
2006-12-15 00:32:26
笹野さんが口うつししてあげたらよかったのに
妻役チャン・ツィーイに変えて、嫉妬に怒り狂った妻と三つどもえ殺し合い始めたらもっと最高
それじゃ三津五郎が生き残ってしまうから、そこは永瀬正敏がもう一回鬼の爪でひゅっっと

それはともかく、ヒットすれば気をよくして、「三十五才 武士の一分 2」とか数字だらけのタイトルの映画を作ってくれるかもしれないので期待しましょう。
それを言っちゃあオシマイよ (にら)
2006-12-15 23:06:45
「とにかく当てる。『座頭市』よりも当ててみせる!」
松竹の会議室で次回作の検討をしていた山田洋次監督が、拳を握り締めつつ椅子を蹴立てて立ちあがる姿が、薬の口移しシーンの背後にチラついて仕方ありませんでした。
そんな妄想の中で、山田監督が勢い余ってテーブルから床にこぼしたお茶を慌てて拭くのが、笹野さんだったことは言うまでもありません。

壇れいに関しては、誰に似てるとも判断がつきません。
まん丸お尻ばかり見てたので(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
しん さんへ (aq99)
2006-12-21 20:23:33
吉岡のそっくりさん金井勇太を発見したように、キムタクに似てるジャニーズを使うんでしょうか?
三十五歳のジャニーズって・・・。
来年、キムタク、三十五歳やった!
にら さんへ (aq99)
2006-12-21 20:30:15
柴又派の山田洋次が、浅草派のTAKESHIを意識してるのは、言われてみれば納得です。
ヨーロッパで大人気のTAKESHIに、「いいもん!中国で大人気だから!」と嘯いたりしてるんでしょうか?
監督 (kimion20002000)
2007-08-18 05:04:18
TBありがとう。

>他の人に任せられないもん!!

そうなの?僕、小さい声でいいますが、藤沢作品は、黒土監督の「蝉しぐれ」の方が、好きです(笑)

kimion2002000さんへ (aq99)
2007-08-22 22:41:42
黒土版は「がんす」がなかったんで、評価が落ちましたー。
私、あの「がんす」とか「しぇば」がツボやったんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
武士の一分 (ネタバレ映画館)
徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・
映画「武士の一分」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉 ...
『武士の一分』 (ラムの大通り)
----この日、スゴい台風が接近していたよね。 朝10時からじやお客も少なかったんじゃない。 「いやいやそれがどうして。これが補助席が出るほどの超満員。 山田洋次にキムタクとくれば、それもうなずけるかな」 ----たしか、山田洋次は「最初に高倉健に会ったとき ...
「武士の一分」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「武士の一分」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎、他 *監督:山田洋次 *原作:藤沢周平 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ ...
武士の一分 (Akira's VOICE)
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。
「 武士の一分 (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・脚本 : 山田洋次 出演 : 木村拓哉  / 檀れい  / 笹野高史 他   公式HP : http://www.ichibun.jp/ 「 武士の一分 (2006) 」 原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(
【劇場映画】 武士の一分 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取 ...
武士の一分 (シャーロットの涙)
三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。 ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、 ...
武士の一分 (映画を観たよ)
劇場は満員! 女性が目立っていたでしょうか。
武士の一分 (2006年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 山田洋次監督による藤沢周平の作品を原作とした...
武士の一分(映画館) (ひるめし。)
人には命をかけても守らなければならない一分がある。
武士の一分・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
木村拓哉、毒にあたって苦しんでても、高熱にうなされてても・・ええ男やなあ・・・。 私も風邪をひいて、一週間以上体調が最悪。 キムタクじゃないので、もう人前に出ることすら出来ないボロボロの状態だ。 映
『武士の一分』 (京の昼寝~♪)
命をかけて、守りたい愛がある。     ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、 ...
★「武士の一分(いちぶん)」 (ひらりん的映画ブログ)
SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
武士の一分 [監督 : 山田洋次] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
妻の不貞を知り、今すぐ離縁する、と怒りを露にするキムタク。 三隅研次演出の市川雷蔵なら、壇れいはその場で斬られてそう・・・壇れいが手込めにされるシーンでもおっぱいの片っぽくらいは出させただろう・・・  キムタク:盲人だからといって油断めさるな   ...
『武士の一分』 (ねこのひたい~絵日記室)
手を伸ばせば届く距離にある火鉢にかかったヤカンのお湯を、隣室で縫い物をする妻に注がせる。 まこと、武士は武将(不精)の臣下なり。
武士の一分 (八ちゃんの日常空間)
ブログをやっているコアな映画ファンには満足いかないかも知れない。 だが、一般の人々、買い物ついでに友達と映画をよく観たりする人、夫婦、時代劇好き、ドラマ好きの人には大満足出来るようなすばらしい「邦画」だ。
武士の一分 (銀の森のゴブリン)
2006年 日本 2006年12月公開 評価:★★★★☆ 監督:山田洋次 原作:
武士の一分 (まぁず、なにやってんだか)
地元紙の懸賞で近所の映画館の招待券が当たったので、「武士の一分」を観てきました。 キムタクが時代劇に出るとどんな感じなのか興味があったのと、藤沢周平の原作だからというので期待して観ました。 キムタクの顔立ちがサムライっぽくないので、慣れるの ...
武士の一分 07019 (猫姫じゃ)
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっ...
虹をつかむ男 (DVDジャンル別リアルタイム価格情報)
山田洋次監督が贈る、田舎町の古ぼけた映画館“オデオン座”を中心に町に暮らす人々の交流を描いた人情映画作品。西田敏行、吉岡秀隆ほか出演。
mini review 07067「武士の一分」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01~2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほど...
2006年12月公開映画レビューその?♪ (難病ブログ sawacommunication♪)
映画レビューシリーズ 2006年12月版 まずは武士の一分 武士の一分 ¥2,590 Amazon.co.jp 言わずとしれたキムタクのヒット映画 キムタクの男としての小ささが 少し悲しかった映画でした 別に奥さんが…されたとしても それは奥さんには罪はない...
『武士の一分』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って、待ってたけど予想以上に早かったな~『たそがれ清兵衛...