『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「嫌われ松子の一生」 トレパン先生

2006年06月04日 | 映画
楽しめなくて、すみません。
理由はわかっています。
今の自分が、ぜんぜん松子じゃないから。
たぶん10年くらい前に見てたら手放しで絶賛してたと思うな~。

今の自分は、柄本明か、荒川良々やわ。
「マラソン」のお母ん同様、もし自分が病気がちの娘を持ったら愛情はその娘の方に、より注いでしまうだろうことは当然だと思う。
明らかに「お前の方には興味ないなねん!」って感じさせる接し方は問題ありありだけど。
あなたのためにムショで手に職つけてきました。
荒川良々は、菅原卓磨になっていますか?の「逆幸せの黄色いハンカチ」シーンは、今まさに泣けるシーンのはずなんだけど、ほら荒川側にいるから、子供ができてて当たり前、ひと言言ってくれてたら、愚直に待ってるタイプの人間だから待ってたのに~って思ったけど、表裏一体あらゆる局面で不幸を選択する人だからね~。

緊張したらひょっとこ顔になるというのは、小林まことの「柔道部物語」の主人公三五十五が気合が入るとひょっとこ顔になったり、相原コージの「ムジナ」があみ出した最強忍法ひょっとこ顔だったりするけど、松子の着物着たひょっとこ顔を見て、誰かに似てるな~と思ってたら毎年成人の日にやる「ABCお笑い新人グランプリ」の審査席で着物着てる人。
その人は、松子の弟の嫁役に当てられてました。
濱田マリです。
で、松子に似てると言われた甥の恋人が、中谷美紀のパイを食いつつある柴咲コウで、この松子の弟親子はシャクレ好きの家系だとわかります。
松子の妹は、シャクレの女王市川実日子。
なんか確信的なキャスティングやな~。
今まで生きてきた中で、一番うれしかったであろう生乳を見れたかどうか不明のカンニング竹山もよかったですが、「めぞん一刻」の三鷹コーチのように歯が輝き、「弁護士のくず」の豊川悦司のように、ほっぺが赤くなる、緩めの白トレパンが体にフィットしてんのがえ~ねんって感じの谷原章介が一番のキャスティングだと思いました。

死んでしまってる人が主人公だということで、見てる途中ふと思い出した宮藤官九郎の「木更津キャッツアイ」がどういう完結を見るのか、急に気になってきました。


★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安田記念 予想 | トップ | 「ダ・ヴィンチ・コード」  ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
家系 (kossy)
2006-06-04 23:12:33
そっかぁ・・・シャクレ好き家系でしたか、納得です。

今回のレビューはいっぱい漫画が出てきて楽しかった。

キャスティング (charlotte)
2006-06-05 00:44:10
緩めの白トレパンが体にフィットしてんのがえ~ねんって感じの谷原章介が一番のキャスティング・・・に同感!あはは~笑

ジャージのゴムゆるいのか、ウエストまで上げてる

姿が笑えました。

個人的には本田博太郎もツボでしたが
こんばんは (カヌ)
2006-06-06 23:21:40
私もあの変顔は誰かに似てると思ってたんだけど

濱田マリかぁ!すっごいスッキリした(^^)

「柔道部物語」懐かしいです。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-07 17:34:47
こんにちは♪

タニショーはこれからあーいう路線で売っていけばいいな~と思いました。

私は松子のように殴られても蹴られても一人よりは男性といたほうがいいという気持ちにはなれませんわ~。

可愛げ無いでしょうか。
kossy さんへ (aq99)
2006-06-07 19:18:21
シャクレ好きの家系の大元たる柄本明のヨメはシャクレではありませんでした・・・。

最近のマンガは強くありませんが、古いのはいっぱい読んでましたよ~。
charlotte さんへ (aq99)
2006-06-07 19:26:03
彼は間違いなく学校でのあだ名、「トレパン」か「ゆるパン」でしょうな~。



ウパーッッ!の本田博太郎、今年は当たり年です!

「仮面ライダー カブト」、「カミュなんて知らない」、そして「我輩は主婦である」。

ウパーッッ!!



カヌ さんへ (aq99)
2006-06-07 19:29:51
松浦亜弥似を自称する濱田マリ。

松浦亜弥と中谷美紀はあんまり似てるとは思えないな~。

ということは、あの写真だけ似て見えたのかな?
ミチ さんへ (aq99)
2006-06-07 19:36:23
ほ~、タニショーって言うんですか~。

田螺+ハマショーのアンバランス感が絶妙な呼び方ですね~。深田恭子のドラマ『幸せになりたい!』も情けない男前でしたね~。こういう役柄は男からも支持されます。
裸体 (メビウス)
2006-06-08 21:51:10
こんばんわ♪TB有難うございました♪



カンニング竹山とスカパラ谷中は、中谷美紀の裸体をガチ見したのかどうかと言う所が、観終った後、そして今になっても気になって気になってしょうがありません。本当だったら羨ましすぎます。



DVDが出たら映像特典辺りでぶっちゃけて欲しいものです(笑
こんばんわ (ななな)
2006-06-08 22:12:33
隣で見ていたお姉さんが谷原章介が出てくるたびに「かっこいい~!!」と呟いていてそれが結構ツボでした(笑

まぁある意味素敵でしたけど・・・そんなに素敵に見えたのかしら?

そう言えばクドカン脚本のお昼のドラマが面白いらしくうちのママがはまっています。

No.1キャスティング (にら)
2006-06-09 11:02:18
イマイチ感第1位は、青年文士です。

どーにも似合わねーなー、クドカン。



って思ってたら、早々に足首だけの姿になって、ホッとしました(笑)。



てなわけで、遅れ馳せながら、TBありがとうございました。
メビウス さんへ (aq99)
2006-06-11 19:37:09
スカパラには見せても、竹山には見せてないと思うな~。まぁ見せたと言ってもシールが貼ってたと思いますけど・・・。

特典映像は監督とのケンカ現場希望!
ななな さんへ (aq99)
2006-06-11 19:41:08
前半のみの出番でよかったですね~。出る度呟かれるとうざいですもん。

昼ドラは私もヨメもハマっております。

主題歌と無意識に無いヒゲを触るのがツボです。「言っちゃった・・・」。
にら さんへ (aq99)
2006-06-11 19:46:38
このダメ文士は、昼ドラに役立ったのでしょうか・・・。



ラッキーキャスティング1位は、蒼井そらです。本当はパケのみ出演の小倉ありすの方が出ててほしかったですけど。
Unknown (mig)
2006-06-13 14:19:52
こんにちは☆aq99さん



ワタシこれすごく好きでした~

もう一度必ず行こうと思ってマス。

今年はもう一度観たい作品が多いな~♪
mig さんへ (aq99)
2006-06-18 21:41:54
お~、今年は当たり年のようですね~!

私は、去年と同じ感じです。

でもこの映画は、何年かしたらもう一度見たい気がします。
 (クロマニョン人)
2006-12-06 16:14:58
けっきょく、
曲げて伸ばしてお星様をつかもお
の歌の題名はなんだったんや?!
クロマニヨン人 さんへ (aq99)
2006-12-06 19:47:54
私も知りませんわ・・・。
この唄はTV版でもあったんでしょうか。
映画とは対照的に全く評判になってないので、もれ聞こえることもありません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
嫌われ松子の一生 (ネタバレ映画館)
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
嫌われ松子の一生。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
中島哲也監督、中谷美紀主演、『嫌われ松子の一生』、Tジョイ久留米にて鑑賞。 原作つき映画と映画化された原作の、理想的な関係をこの映画の中で見たような気がする。 先日鑑賞した『陽気なギャングが地球を回す』、あれは本当に最悪だった。 あの映画を見て ...
『嫌われ松子の一生』 (ラムの大通り)
----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。 前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。 「う~ん。これはある意味、スゴい問題作だね。 どう評価していいのか、 一言で言えばこんな映画観たことがない。 これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビー ...
嫌われ松子の一生 (シャーロットの涙)
ポップでディズニー的?なミュージカル仕立ての底抜けに明るい映画と思いきや…ちょっとほろり(いや、涙ぽろり)とさせられる映画だった。 昭和という時代背景に、そこに生きた一人の不運続きの女性の一生。 それが嫌われていたかというとそんな事もなく、好か ...
「嫌われ松子の一生」 (the borderland )
映画化が決まった頃に本を買おうか悩んだけど、長いのと暗~い話そうだったので敬遠してました。そしたら、あの予告編、「本当にあの本なの?!」という疑問が渦巻き、観たくて、うずうずしてましたよ。さらに同じく中島哲也監督の「下妻物語」は全く興味なかったけ ...
映画「嫌われ松子の一生」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。 ケバケバし ...
なんで?!のマシンガン。~嫌われ松子の一生~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、わかってはいたんですが、 なんともはや極彩色のケバイ映像にこれでもかと 花が咲き、鳥が飛び、、蝶が舞い、彼女は歌い踊る。 でも「なんで?!」の連続する転落人生は 映像の華やかさとは真逆に地獄へと転がり落ちていく。 彼女の人生を、彼女のしたこと ...
「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生 (オールマイティにコメンテート)
「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
嫌われ松子の一生(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】中島哲也 【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他 【公開日】2006/5.27 【製作】日本 【ストーリー】 昭和22年。福岡県に
嫌われ松子の一生 (映画を観たよ)
「曲げて~伸ばして~お星様をつかもう~♪」 松子が口ずさんでいた歌が、耳から離れないです。 期待して観にいきましたがばっちり期待に答えてくれました! 正直、最初はあんまし入り込めなくて「大丈夫かなぁ?」とか思ったりしましたけど。 「なぜに嘘ついたん ...
『嫌われ松子の一生』 (京の昼寝~♪)
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌わ ...
元が元だけに・・・・ 「嫌われ松子の一生」 (平気の平左)
評価:70点 嫌われ松子の一生 いや、すごいエンターテイメントしてましたね。 映像もすごいポップで斬新ですし、どこまでも暗くなってもおかしくない場面をミュージカルにすることで、楽しい雰囲気にしてしまう。 「深夜のサスペンス」(だっけ?)とか、色 ...
嫌われ松子の一生 (Pocket Warmer)
c邦題: 嫌われ松子の一生 原作:「嫌われ松子の一生(上)」「嫌われ松子の一生(
嫌われ松子の一生 (Akira's VOICE)
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
『嫌われ松子の一生』 (ねこのひたい~絵日記室)
今はトルコ嬢ですが、一年前はエルメスでした。
嫌われ松子の一生/memories of matsuko (我想一個人映画美的女人blog)
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった~{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作の ...
映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』 (海から始まる!?)
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ?主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ?その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ?宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス! ...
★「嫌われ松子の一生」 (ひらりん的映画ブログ)
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
嫌われ松子の一生(映画館) (ひるめし。)
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな~って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった ...
嫌われ松子の一生 (めざせイイ女!)
♪ま~げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父親はい...
嫌われ松子の一生 06年134本目 (猫姫じゃ)
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの? ...
映画「嫌われ松子の一生」を観た! (とんとん・にっき)
中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島 ...
◆試写会・嫌われ松子の一生 (映画大好き☆)
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ~笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県 ...
嫌われ松子の一生 (八ちゃんの日常空間)
ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。
映画・嫌われ松子の一生~悲劇かコントか、時々ミュージカル! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ...
柄本明 (りんかの記録)
柄本明柄本明(えもと あきら、1948年11月3日 - )は、東京都出身の日本の俳優。妻に角替和枝、息子に柄本佑がいる。1977年、東京乾電池を結成。1998年、『カンゾー先生』で第23回報知映画賞「最優秀主演男優賞」や日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞...