Apu の All That I Am

公開備忘録のような投稿です。もしご興味をお持ち頂けましたら、PC版でご覧下さいますと嬉しいです!

高野山準別格本山 釈迦文院

2016年06月10日 | あぷ日記


   
   

 今回は初めての宿坊でした。奥様らしき女性に優しく声を掛けられ、すぐに部屋に案内されると、つい畳が心地良くって横になってしまいました。そして、しばらく経つと外は雨模様に…。お庭の枯山水も打たれた雨で湿り始め、宿坊には静かで贅沢な時間が流れていました。

 こちらから奥の院までは距離がありますが、千手院橋からもほど近く、大師協会は目の前、伽藍や霊宝館もすぐ、、という恵まれた場所にあります。今まで何度も目の前を行き来していますが、入口の石柱ばかりが記憶に残っていて、実際は良く知りませんでした。

 また、こちらの釈迦文院は奥の院(燈篭堂)にある「貧女の一灯」に関係した祈親上人(定誉)ゆかりのお寺とのことでした。私は祈親上人のことも殆ど知らずにいました。調べると、祈親上人は両親への思い厚く、平安時代後期に衰退した高野山の復興に尽力されたそうです。その祈親上人の足跡に触れると、まだまだ甘えも残るくせに、感謝を忘れている我が身の何と情けないものか…と改めて感じてしまいましたね。

 実は以前から「仏説父母恩重経」(中国由来の偽経とされますが…)と言う経典が気になっていて、今回ふと立ち寄った松本日進堂さんで、その「仏説父母恩重経」を見つけたものですから、つい「薬師如来本願功徳経」と「九字護身法」とあわせて買い求めてしまいました。

 最終日、足の悪い父は「一の橋から(奥の院まで)歩く!」と気張りました。しかし結局、途中リタイヤとなり、致し方なく、私は生まれて初めて父を背負って歩くことになりました。その最中、多少なりとも様々思いましたけど、もしかしたら、これも祈親上人の御導きなのではないか…と、徐々に思えてくるのでした。

 確か、日野原重明先生は「いのち」とは「生きている時間がある…と言うことだ」と仰ったように記憶しています。そして、良くも悪くも「縁」とは、そこにお互いの「いのち」が一緒にいられる時間がある…とも思えてきて、気付けば刹那で危ういこの「縁」に何を見出すのか、、何かそんなことを考える良い時間になりました。

 朝のお勤めも読経が心地良く、私も小さく一緒にお唱えさせてもらいました。質素で落ち着きのある釈迦文院は、己に向き合うにはとても良い場所のように感じます。お精進も美味しく頂きました。また機会がありましたらお伺いしたいと思います。本当にありがとうございました。合掌。


≪関連リンク≫
高野山準別格 釋迦文院 公式ホームページ
祈親上人 ( 958~1047 ) 高野山復興壱年記念行事 祈親灯奉納式 - 高野山大学
【 灯火奉納 】 祈親上人しのび 高野山大・高学生・生徒ら 奈良長谷寺まで行脚 - 和歌山 毎日新聞
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月晴れ 伊賀上野城 | トップ | 梅雨空 袋田の滝 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。