ウッディーの家

沖縄のウッディーの木造の家づくり、DIY、ガーデニング・・・何でもありの木ままなブログです。

沖縄県内ハウスメーカー販売住宅数年間ランキング2016

2017年01月03日 | 沖縄県住宅着工統計

木造ハウスメーカーの

タマホーム沖縄さんとアースティック那覇さんの名前がありません。

アンケート調査で回答のあった会社の集計となっているようです。

2013ランキング記事参照

 

今回もCB造(コンクリートブロック造)のハウスメーカーのワンツーフィニッシュ

RC造(鉄筋コンクリート造)はコストが高いけど、

木造には抵抗感のある施主の選択か?

 

沖縄県内ハウスメーカーの販売住宅数年間ランキング2015

沖縄県内のハウスメーカーの年間販売数2014

沖縄県内ハウスメーカー年間販売数2013

沖縄県内ハウスメーカーランキング2012 

沖縄県内ハウスメーカーランキング2011 

 

琉球新報2016年12月24日の記事を紹介します。


アパート4年ぶり減 戸建て微増 沖縄のメーカー販売

  東京商工リサーチ沖縄支店が23日までに発表した2015年10月から16年9月の一戸建て、共同住宅(アパート)を自社設計・施工する県内ハウスメーカーの年間販売状況によると、共同住宅は供給過多感が広がって那覇近郊以外で稼働率が低下していることを受け、38棟減の258棟となり、4年ぶりに減少した。一戸建ては前年度比で2戸多い1117戸が販売された。

 調査社数は一戸建てが38社、共同住宅が28社。

 一戸建ては大成ホーム(浦添市)が前年同期比2戸増の165戸で7年連続1位を獲得した。土地付き注文住宅の受注が堅調に推移し、6年連続で増加した。

 2位は沖興建(宜野湾市)で4戸増の102戸、3位は徳里産業(嘉手納町)で14戸増の92戸。4位で初登場したサイアスホーム(沖縄市)は63戸で、増加数は22戸と最も多かった。

 建築構造別では鉄筋コンクリートを主とする会社が24社と最も多かった。木造を主とする会社は9社、コンクリートブロックを主とするのは3社、鉄骨を主とするのは2社だった。

 共同住宅はキャリア・プラン(浦添市)が1棟減の41棟で2年連続の1位に輝いた。2位は沖創建設(那覇市)で1棟減の32棟、3位には前年5位の大匠アーキプロ(那覇市)が入り、4棟減の18棟だった。

 共同住宅は人口増や低金利を背景に増加が続いてきたが、供給過多感を受け新規入居時の準備金を免除する動きもあり、減少した。

 調査対象28社のうち、前年比で増加したのは12社、減少は13社、同数は3社。全体の平均販売棟数は2・2棟減の9・2棟で、6年前の調査開始以来初めて減少した。

 東京商工リサーチ沖縄支店は、共同住宅で陰りが見えてきているものの、大型MICE施設の整備が決まった与那原・西原町や、モノレールの延伸が進む浦添市などで今後も開発需要が見込めるとし「当分の間、開発が落ち込む要素はない」と指摘した。


 

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄県住宅着工統計 平成28... | トップ | 沖縄県住宅着工統計 平成28... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。