アプリコットな毎日

日々開運✨風水、吉方位旅行で運気UP!

葛飾北斎の西洋画発見のニュース🌊

2016-10-23 10:35:24 | 日記

葛飾北斎の西洋画がオランダで発見されたと報じられていました。

シーボルトが持ち帰り2年前に直筆の文章がみつかり判明したとか・・。

北斎の絵がゴッホやドガ、ガレなど西洋の美術に影響を与えたことは有名な話。

以前、太田美術館で娘の葛飾応為(おうい)の描いた「吉原夜景図」という西洋の影響を受けた陰影のある絵をみたことがありますが、北斎の西洋画も見れるなんて。

さすが天才。

北斎は90回以上も引っ越しをしたらしいですよ。

79歳の時に火災にあい、70年も描きためていたすべての写生帳を失い、そのときに一本の絵筆を握り締め

「だが、わたしにはまだこの筆が残っている」と言ったそうです。

かっこいいー

「冨嶽三十六景」をはじめ「漫画」「美人画」「春画」「妖怪画」等、様々な絵を描いた北斎。

その中で私の一番大好きな絵は「富士越龍図」

90歳で亡くなった北斎の最後の傑作です。

色彩鮮やかな作品を書き続けた北斎が最後に描いた絵は

真っ白な雪化粧の富士山と空高く登っていく龍の絵。

亡くなる前の境地だったのでしょう。

龍は北斎自身だったのかもしれません。

そして辞世の句は

「ひと魂で ゆく気散じや 夏の原」

「死んだあとは人魂となって夏の草原を飛んでいこう」

今なお世界中の人に影響を与え続けている葛飾北斎。日本の誇りですね。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しいお財布。満月。貯蓄の... | トップ | ロブションの目玉焼きを乗せ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。