ON THE PLANET

Aussieのダンナさんと自分の旅行やそれぞれのお国体験などについて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013年10月:久々のAUSへ~♪

2013-10-27 | 私 x オーストラリア

ウォレン君もとりあえず日本に移住することになった。
お互いに中々決めきれずにいたけど、人生一回だしとりあえずトライ!
ってことで。

そうなるとなったで、AUSでの生活が恋しいのだけど。
結局、人は持てないってなると惜しくなるんだな。勝手なもの。

今回ジャカランダの季節に帰れてよかった。
あちこちに咲いていてとてもきれいでしたよ~。

◆自分ちの西側のベランダから夕焼け
相変わらずキレイ。スマホの写真では中々表現できないけど。
今回滞在中はほぼ毎日雲ひとつないお天気で夕焼けも一段と美しかったです。

 

◆南側のベランダから。午前中の空。
空の青さがまぶしいってこんな感じかってくらい
ホントに透き通った青さで素晴らしかった~

 

◆自分ちの裏通りAstor tce
ジャカランダ通り。毎年この時期になると見とれます。

桜と違い、少し寿命の長いジャカランダは
一斉に咲いて一斉に散るということがなく長く楽しめます。
最近は温暖化の影響があったりするせいか、
時間差で木によって開花時期がずれたりして、
一斉に紫になってないように思います。
それでも十分満開感あるからいいけど。

◆ゴールドコーストの海沿い
ライフセーバーがいる小屋?的なもの?リゾート地の海っぽい
イメージが相変わらずステキです。


◆近所の教会
毎日仕事の往復で横を通っていて、毎日見てた教会。
日常ではなくなると急にすごい建物に見えてくるというマジックw

 

◆ブリスベンの一番古い旧・拘置所
Datton Parkという駅の近くにあり、たまたまダンナさんの
祖母のお墓参りに行った帰りに寄りました。(というかここを通って駅へ)
思いがけなくAUSの歴史的建物に遭遇でした。


◆Anzac Square
元職場の近くの公園。特に最初の頃は中々仕事にも慣れず
ランチはこの広場でよく息抜きしてました。緑あふれる過ごしやすい公園。

 

◆自宅からスーパーへの途中の道
公園や教会、高層ビルなどがうまくミックスしているように思います。
やはりこんな景色も日常だったらとりたてて何も思わなかったけど
久々だと完全に「海外」状態。
まあ、日本帰省のときもいつも同じ感覚だったっけか?
ちょっとした事がすべて新鮮だったり。完全に旅に来てますの態

 

◆ブリスベンリバーとストーリーブリッジ
ボタニックガーデンからの眺め。たまにだけど散歩してたコース。
眺めがいいんだよね~。さわやかで癒しな景色。

 

◆食べ物

GCのサーフクラブでのランチ。
シーフードプレート(盛り合わせ)
まるでアフタヌーンティーのような感じ。

 

大好きなアジア飯の中でもお気に入りのVietnamese。
そして汁入りヌードルのフォーよりも好きなのが、Vermicelliサラダ
BBQ ポークとベトナム風春巻きをのっけたもの。
野菜もたっぷり、ナッツのアクセントもGood
そこに甘酸っぱいソースをかけて頂きます。2-3回食べました。
これは案外日本では近所で食べれるものではないかも。

 

お友達とシェアでフォーも。
ミント?ともやし、レモンを入れて。これも美味しいです。

 

今回2週間の滞在で5回は飲んだパールミルクティー
これホントに大好き。日本では似てるものはあっても
これ!ってのは見つかってない・・・
いつも飲んでたのがTea etcのやつだけど。おいしいし値段も安い。
他より1ドルから1.5ドルくらい安いからね。
でもこの写真のはSunnyBankの台湾スィーツ屋さんのもの。
お店の名前は「鮮芋仙」(読み方不明)
ここのは、かなりおいしかった。ああ、書いてるだけで飲みたくなってきたぁーーー。

 

この店のトップ10らしい。ちゃんとパールティーも入ってます。
ティーは他にも色々種類あって、しかもトッピングも
パール以外にもプリン等色々あるので、ホントメニュー
見てるだけでもワクワクするという。
日本でも同じような店見つけなきゃ。と思うです。

 

ホリデー終わると抜け殻~ 毎回ですけど。

1年後、私はどこで何をしてるのでしょうか。

1年前は、まさか1年後に自分が日本で働いてるなんて
思いもしなかったしね。
5年後の自分へのお手紙とか、定期的に書けばよかったな。
きっと面白かったかも。

書いてみようかな~。

と言いつつ、書かないけどw

それより来年のホリデー計画!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年2月:シンガポール出張

2013-10-27 | 私 x シンガポール

会社の出張で初めてのシンガポール。
少し時間もあったのでお約束のマーライオンとか観光。
やっぱり知らないところに行くって楽しいな~。


◆空港から街中へ
携帯のコマーシャルで有名になったらしい
(見たことないので私は知らないのだけど)
てっぺんにプールがあるホテル?が見えましたー!

 

◆ホテルの近くの一角
ぎゅっと凝縮された感じで、色々なものが一ヵ所に
集まっている感じなものの、窮屈さはなくて緑あふれる街って感じでした。
ブリスベンより都会だー(クアラルンプールでも思ったけど(笑)

 

◆マーライオンに行く途中
なんだか川のある風景って、ブリスベンに似てる気がしました。


◆例のプール!
すごいな~。実際は高所恐怖症なのでこのプールは入れないと思いますが
でもどうなってるのか興味あります。
と思ってたら、少し前にテレビでタレントが入ってるの見ましたけど。
やっぱり私はムリって思いました。高いの怖い。
観覧車は平気だけど。周りが囲まれてたら大丈夫なのよね。


◆マーライオン
(お約束らしい。知らなかったけど)水浴びてる感じ?シャンプー?
ピザの斜塔を支えるとか、ピラミッドを手の平の上にとか。
そんな目の錯覚楽しむよ的観光写真。水飲む図とかもやりましたw

 

◆サルタン・モスク
シンガポール最古で最大のイスラム教寺院らしい。
近くのアラブストリートも布とか主に布とか売ってるのだが
なんだかディープな感じが楽しい。
実はインドストリート的なところもあるみたいで
そちらも行ってみたかったけど、時間的にいけず残念。

 

基本仕事だったのですが、夜は各国料理の集まるフードコートで
おいしいディナーを楽しめたし、観光もできて満足。
小さい国なので3泊4日でも十分楽しめました。


やっぱり普段住んでない国や地域って、空気感が異なる感じがすごく好き。
どの国であっても、それだけでワクワクします。
だから旅行って好きなんだよな~。
(って今回のシンガポールは仕事だけど、それでもね)

世界って広い。
色々な人が色々な場所で色々やって生きてるんだな~って。
日常から離れたところに旅行すると感じること。
国内旅行もだけど、それが国外ならより一層感じる。

そして、そう思うと日頃の些細な出来事や
困ったことなども、ちっぽけに思えるので
なにか心がリセットされるというか。次への活力かもな。

次はどこでどんな人や景色に出会うのかな~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年11月:初韓国!!

2013-10-27 | 私 x 韓国

韓国での東方神起のライブへの参戦のため韓国へ。
ファンクラブのツアーで、丁度福井も終わっているし
タイミングよかったので申し込み。まさかの当選で初渡韓!
ツアー自体には1日分のチケットしかついてなかったけど
時間的に行けそうだったので、もう1日分のチケットを探して
ツイ上で出発前日にゲット!
2days参戦叶う。嬉しすぎて・・・脳みそ溶けそうでした~。
素敵な人達とも知り合いになれて、最高の2泊3日となりました。


◆会場内。もうワクワク


◆会場外。やっぱりワクワク

 

◆2日目会場内
この日は朝からツアー特典、バックステージ見学。
本人達はいないけど、衣装とか見れたし、ステージ上の同じ場所に立ってみた♪最高~

 

◆ライブ後にガイドさんおすすめの焼肉屋
とにかく大興奮の後だから、とにかくおいしかった!

 

◆グッズ
朝、バックステージ見学後に激寒の中4時間半も列に並んだにも関わらず
殆どのグッズ売切れという信じられない状況の中、なんとか手に入れた
グッズ達&現地で私設ファンサイトの子らが配っていた応援グッズなど。

うちわは「ファンであることを示したらあげる」って言われ、
一緒にいた知り合った子たちはスマホの中の写真を見せたりして
難なくゲットしてたんだけど・・・私はこんな時に限って、
デジカメの写真はたまたま渡韓前に大阪で撮影しまくった、
2人のうちの片方の映画ロケ地の写真ばかり・・(^_^;)
欲しかったウチワはもう片方(ユノ)のもの。私はそっちのファン。
でも、なんとか、うちわゲットしました~。

◆ホテルの窓から
一応何か景色もと思って撮ってみました。


◆夕方の出発までプチお出かけ
明胴ショッピング。MISSHAという化粧品店へ。
2人が広告塔のメーカーです。基本2人に絡んだとこに行く。
そのとき見えた ユノがデートにおススメしてたソウルタワー!
次回は登りたい。 

◆ランチ
おかゆ専門店にて。安くておいしかったでーす。

 

食べ物、観光、まだまだ楽しい事ありそう。また是非来たいです♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井滞在 その1~芦原温泉・東尋坊

2013-10-26 | 私 x 北陸

2012年8月に13年働いた会社を退職。
その後、仕事の関係で日本福井に2ヵ月短期滞在。

2012年9月-10月:福井でホテル暮らし。
元同僚も一緒。プチ修学旅行のような感じで
週末は各地観光に行ったり不思議な時間を過ごせました。

ひとつの県も、とことん楽しむつもりがあれば、ネタはつきず、
ホント色々体験できて楽しかったです。
駅前のInformation Centerで福井市内の見ておくところ100選のような
資料をゲットして、散歩しながらそのポイントを探すのも面白かったです。
「え、これ?」とか「ふーん」で終わるとこもあったけど。
そんなのも含めて半分以上クリア~

有名どころも周りました。

◆芦原温泉
「湯めぐり手形」を駅の案内所で購入。各旅館の温泉を3回巡れる手形。
(但し、旅館と開放時間は制限あり)
昼間だとより旅館は限られたけど、お陰で2か所で私一人しかいないって状況。
貸切~♪週末だったのにラッキーでした。

ローカルのえちぜん鉄道(1車両のみ)で田舎道を行く♪
大好きなJAVA Teaがお供。シアワセな風景。天気はイマイチだけどね。


◆東尋坊へ
この駅で降りました。駅からバスの予定が、バス45分待ち。ということで歩く事に。
同じくらいの時間で行けそうだったので。


遊歩道あって、ここも週末なのに誰もいなくて快適な散歩道。
歌いながら、時々スキップしながらw


途中こんな景色とか見ながら、


こんな道を進みました。


東尋坊は3度目かな。大学生の頃一人旅で、
社会人になって大阪に就職した際に友達と。
それ以来で、なんだか嬉しかったです。


<おまけ>

福井では是非食べたいと思っていたB級グルメ?
ソースカツ丼 発祥の店、ヨーロッパ軒にて

福井に行って初めて知りました。
福井って焼き鳥消費量が全国でベスト3に入るとか!?
有名な焼き鳥店「秋吉」にて。

テーブルならこんな感じ

カウンターならこんな感じで出てくる。

一口サイズで何本でも食べれますって感じ。
一人100本近くいっちゃうこともあるらしい!? 楽しかったです~

同じ日本でも、県によって色々あるんだな~って感じ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井滞在 その2~一乗谷朝倉氏遺跡・永平寺

2013-10-26 | 私 x 北陸

とある週末には一乗谷朝倉氏遺跡と永平寺へ行きました。
交通機関が丁度いい具合に連携してセットで周りやすいようになってる。

◆一乗谷朝倉氏遺跡は初めてでしたが中々ヒット!

やはり週末なのに混みあってないし、周りは山に囲まれて
再現されている街並みもいい感じで気に入りました。


遺跡から山側へ小道があり、そこを登っていくと、
色々素敵な景色が見れる場所がありました。


◆永平寺、随分昔に東尋坊に来たときに、一緒に周った場所です。
久しぶりですが、相変わらず、禅寺、渋めな趣です。

周りの樹木と空気感がいいですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井滞在 その3~金沢へ足を延ばす

2013-10-26 | 私 x 北陸

別の週末には金沢まで足を延ばす。電車に乗れば遠くないです。
金沢は新幹線駅になることが決まっているため、福井に比べると
かなり派手な駅でした。


◆妙立寺
忍者寺と言われる、様々な仕掛けのあるお寺。
観光客向けに作ったものではなく、昔必要だったから作ったもので
その当時のまま残っている部分が多く、とても面白かったです。
(外国人観光客にはオススメかも~。もちろん日本人にも面白い。) 


◆金沢城
再建されてるので、キレイでした(笑)


その横には兼六園。兼六園と金沢城の間には、
お茶屋さんやお食事処が並んでます。ここで抹茶と御団子頂く♪


◆ひがし茶屋街
こういう古いキレイな街並み、気持ちが日本人しちゃうので好き。

 

金沢も色々あって楽しい~。また行きたいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井滞在 その4~越前丸岡城・平泉寺白山神社

2013-10-26 | 私 x 北陸

福井出身のお友達のお母さんが車を出してくれて
少し足を延ばしてみました。途中恐竜博物館も外観を見ました。
中には入らなかったけど、今度時間があれば入ってみたいかも。
福井で恐竜の骨が山ほど見つかっているらしいし、面白そう。


◆越前丸岡城
現存してる天守閣で日本最古と言われているもの。
地味な感じと思いきや、中々味があり良かったです。

 

この急こう配の階段をのぼって中に入れます。


◆平泉寺白山神社
石だたみの参道は、日本の道百選に選ばれているとのこと。
ここも情緒があって気に入りました。
境内のじゅうたんのような苔がホントに見事。

 

苔がすごい!

 

この日は渋めのチョイスでしたが「ニッポン」を感じる一日でした。
どちらもオススメです。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井滞在 その5~福井市内

2013-10-26 | 私 x 北陸

市内も侮れない。なにげに色々あるのです。

◆愛宕坂へ向かう百坂
百坂の登り口横には水道記念館なるものがありました。
中には入らなかったけど、外の井戸など触れました。

 

◆愛宕坂、とある週末(10月上旬)の灯篭のある愛宕坂
(秋の夜長を散歩しよう的なプチ行事)
人出も少なく、ホントにのんびり秋の夜長を楽しめました。
灯篭も中は本物のろうそく。係りの人が定期的に点検してました。

 

 

階段を2度ほど往復。
のんびり写真撮りつつ、時々脇のベンチで休みつつ。
そして百坂と愛宕坂のそれぞれ真ん中あたりを
つなぐ脇道にも灯篭あり。誰もいなくて一人占め状態で歩きました。

これが大都会、東京とかだとこうはいかないだろうな・・・
とか思いながら。

きっと東京でこれやったら
上りも下りも大行列で、それぞれ2列ずつくらいで遅々と進む感じ。
自分のペースなんてなし。
むろん、灯篭は電気。本物のろうそくだと人出多すぎで
誰かがきっと何かに引っかけて倒しちゃうと思うもん。


◆福井城
実際のお城はなく、お堀の中には県庁があるという。
でも跡地的な部分も残っていてよかったです。

 

◆養浩館庭園
駅から歩ける距離に、素晴らしい日本庭園?がある。入場料は210円だったかな。
家屋には上がって、池を眺めることもできる。
月を愛でる場所もあり、風情ある建物、庭園でした。

 

◆愛宕坂へ向かう途中の大きな橋から見た夕焼け。
飛行機雲がなんとも印象的。

散歩&観光を兼ねて、市内も結構あちこち歩きました。

 

<おまけ>

市内のとある公園。公園内にたくさんの動物(の像)。ここはサバンナか!?森か!?
といわんばかり。どれも色あせつつあったけど。
そして、週末でも誰もいないという・・動物たちがさびしそうでしたが中々味のある公園・・
目をそらせない。象とパンダが共存とか...。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド旅行 その1~コルカタ到着

2013-10-20 | 私 x インド

2011年11月。友達の結婚式出席のためにインドへ!
(実は写真とネタをずっとUPしようとあたため続け、気付くと2013年も後半(^_^;)

ということで・・・

◆クアラルンプール経由でコルカタ(Kolkata)到着
新郎のご家族は結構お金持ちで、お迎えもあり!
運転手さんがいるおうちなのだー。
エスコートされてるんだけど、それでも寄ってくる「乗ってかない?」という人達。
無理やり荷物持っていこうとするし・・
自分達だけではちょっと怖いかもと思った。でもワクワク~

 

◆宿泊先でファッションショー
新郎のファミリーが会員となっているゴルフクラブの宿泊施設部分にステイ。
なんだか自分もお金持ちになった気分(笑)
そこの中庭でファッションショー。結婚式とは関係ないんだけど。
新進デザイナー?のおしゃれなサリーの数々!ステキ~★

 

◆翌日は軽く観光へお出かけ
道の真ん中に何か置いてある。飛ばしすぎ予防らしい。でもめちゃ渋滞引き起こしてるよ(笑)

 

◆街中のチャイ屋へ
カップを作るためのレンガが積んである。へぇ~

レンガから作られた器たち。

そしてお兄さんがオリのように仕切られた向こう側からお茶を注いでくれます。

ソフラン浮かべた本格チャイ♪
新郎の妹さん行きつけのチャイ屋さんってことで超ローカル。
通常の観光ツアーでは中々発見できない場所かも。

レンガから作った器は地面に捨てる(割る)→土に返る
超エコなシステムなんですね~。
ガラスや磁器だと洗う手間と水、洗剤が必要。
プラスチックや紙コップだと処理が必要なゴミが出る。
でも土だと、土に返すだけ。すごいな。
町が土埃に包まれたような感じなのも頷ける。


◆街で見かけた車。
花で飾られてる。お寺の前に止まってたけど何か宗教的な意味かな?

 

◆これぞ「India」って感じの空気感

 

◆カラフルバス&タンデムの息子はノーヘル(笑)

 

◆道端の井戸。生活の場所
みんなそこここにある道端の井戸のとこで歯磨き、顔洗い、洗髪、体洗い等
生活してます。もちろん飲み水でもあるよね。
手前のトランクパンパンのタクシーも気になる。

 

◆クラブに戻って優雅にインドランチ
新郎の妹さんに全部アテンドしてもらい楽ちんなコルカタ観光♪
オススメのカレーを色々オーダー(もちろんマイルド仕様で)

 

◆ヘナタトゥ♪
インドでは新婦やその周りの女子陣は結婚式ではヘナタトゥを手足に施します。
とはいえ、伝統的なものは地域によるらしい。
コルカタでは必ずしもするわけではないらしいけど、もはやファッションみたい。
ちゃんとやってくれるとこあります。
普通にAUSにもありそうなショッピングセンターの中の一角にありました。

お兄さんは下書きもなしにささっと描きはじめる!

あっという間に出来上がり~。
乾くまで2時間ほどはそのままと言われる。
乾いた後に固まったヘナを洗い落とす。その後上からマスタードオイルを擦り込む。
ヘナタトゥを長持ちさせる秘訣らしい。

 

◆新郎の自宅。結婚式前には家をデコレートするらしくキラキラキレイ。
ご近所にばれちゃうね。誰か結婚するって(笑)

 

◆スィーツ屋さん
いくつか食べたけど、すごく甘かった。

 

◆イギリス風なイエロータクシー。タクシーは全部黄色だったな。

 

◆翌朝のタトゥ。

約1週間くらいもったかな~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド旅行 その2~結婚式前の儀式&前夜祭

2013-10-20 | 私 x インド

結婚式前の儀式&前夜祭です。

◆新郎宅での儀式。ガンジーのような司祭さんが雰囲気出してるっ!
周りのデコレートされてる花は生花!すごい量だよ。

 

◆新婦の友人(自分含む)
新郎のお母さんや妹さんがたくさんサリーを持ってて、
まるで呉服問屋が店先でお金持ちのお嬢に次々に着物を見せるかのように
どどーんとサリーを持ってきて、好きなものを借りていいのよーと
言ってくれたので、みんなで気に入ったデザインのをまといました~

小柄な私はシルクのきちっとしたのだとアンバランスなので
シフォンのシンプルなのにしました。

 

◆儀式は2人が本物の花で作った花輪を交換したり
ガンジーさんが何か読み上げているのを聞いたり、
真ん中で色々燃やして、そこに色々お米や花びらを注いだり、
その煙で身を清めたり?等厳かに進行されました。

その後は場所を移して前夜祭。入口も生花!

デコレーション。いちいち手が込んでます。

 

※儀式や新郎新婦の様子等は参加者がブログにあげるのもどうかなと思いアップしてません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド旅行 その3~ライス儀式&披露宴

2013-10-20 | 私 x インド

新郎宅で、家庭で主婦が身近に使うものトレイに載せて新郎が新婦に渡して、
新婦は新郎の好きな?食べ物をトレイに載せて新郎に渡す?的な儀式の後
新郎の親族一同や友人などとランチ。

新婦はそれぞれにランチをよそっていくのだ。
この家の一員になりましたよろしく的に。

新婦はコルカタ地方のサリーを着てました。
色や素材等で地域ならではのものがあるみたい。

◆ご飯、カレー(何種類かあった)、肉、魚等色々なものが次々やってきます。
新婦はそれぞれのテーブル(かなりの親族、友人一同でした。大変な儀式。
ずっと笑って挨拶しながらランチをよそっていくのです。
おもてなしです。これからよろしくねな訳です。)

これはまだ最初の方。手で頂きましたよ!初体験。
人差し指、中指、薬指を使ってすくい親指で押し出すと、結構食べやすかった。
これぞIndiaな経験でした♪

 

◆夜は披露宴
ライス儀式の後にホテルに戻り、ホテル内の美容院で化粧と着付け。
化粧はアイラインとかがっつり入れられました。
インドの人からしたら、アジアののっぺりとした顔、がっつり塗りたくなったのでしょうね(笑)

また違うサリーを借りて、みんなご満悦~
すっかり隣国の姫君 みたいな気分♪

後姿も撮影しちゃう訳です。全部で何枚撮ったことか(笑)

 

◆披露宴会場
ホテルの中庭?のような場所で。キラキラとデコレーションがすごい。

生花での通り道の飾りも手が込んでるのです。

食事はビュッフェでした。中々おいしかったですよ~


◆新婦の手のヘナタトゥ。
彼女のサリーやアクセはとーってもゴージャスでしたぁ♪

花嫁さんは基本カラーは赤系みたいです。国が変われば色々違うねー。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド旅行 その4~コルカタ観光

2013-10-20 | 私 x インド

披露宴で全部の結婚に伴う儀式は終わりました。
本来は1-2週間くらいかけて、色々あるそうだけど省略しまくって2日に抑えたらしいw

ということで、コルカタ観光もできちゃったりしました。

◆マンデールマン ハートデール というお寺
名前が定かでないのだけど、キレイなお寺とのこと。
オススメされて行ってみたけど、残念ながら閉まっていた。
ということで門の外からパチリ。

 

◆ビクトリア記念館
入場料が海外からの観光客とローカルで違うという。あからさま(笑)

 

◆ドキナポン(政府運営のマーケット)の入り口


そこの中にあるカフェ「Dolly's Tea」
オレンジティー すっごくおいしい♪
ハーフシュガーでオーダー。丁度いい感じでした。
アップルティーも頼んだけど、オレンジの方が個人的に好き。
買い物前後で2回立ち寄ったのでした。


◆ホテルにてアーユルベーダマッサージ

オイルを全身に塗ってマッサージしてもらう。
頭からつま先まで。まったりリラックスでした。
体中オイルってすごい体験っす。

終わってから頑張ってパチリ。

やってもらっている間はマハラジャ気分~。
終わると体中ベトベト。手もベトベト。それでも写真撮る私、やっぱ庶民w

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド旅行 その5~デリー到着

2013-10-20 | 私 x インド

コルカタから飛行機でデリーに到着

◆デリーはコルカタよりぜんぜん都会~。
でもでも牛は走ってる・・・!(笑)

 

◆メインバザールに入ってきました。
まさにイメージ通りの インドの喧噪!

 

◆車、牛、バイク、チャリ、人が一緒に行き交う。
うーん、イメージ通りで感激!

 

◆同じ通りで野菜売ってます。いちいち「おおー」って思う。

 

◆沢山の屋台が出てて、これは真っ黒焦げの何かの実。
なんとなく、おイモのような味でした。


◆こっちはサツマイモ!レモンとお塩で。これめっちゃおいしかった♪

 

◆晩ごはん食べるところ探しながらも次々に屋台で立ち止まっては試してみる私たち。
フライドポテト。こうしてみるとイモ系多いね。
この浅ーーい鉄板の屋台はよく見かけました。
基本揚げ物作ってます。

 

◆そしてやっと辿り着いたレストラン。
といってもローカル感のあるとこ。
北インドにいるのに「南インドレストラン」というねw
この薄いパリッとしたのが南インド風らしいです。
ナンとはちょっと違うね~

 

◆メインバザールはお店もたくさん。
ここはサリーやコルチを売っているところ。
※コルチ:ワンピースのような、チュニックのような服

他の店は入ると寄ってきて買わせよう感が
前面に出ていやらしいんだけど、ここは良心的だった。
お兄さんにいい人だった。皆で何着かお買い上げ。

 

◆この旅はAUSからマレーシア経由でインド。ということで
財布を見たら各国紙幣入っていて、思わず撮影(笑)


◆巨大モスク ジャマーマスジット
中に入るときはすっぽり体が隠れるコットンガウンを着て
裸足になる必要がありました。

 

◆お祈り場所。絨毯が引かれてます。

 

◆外の景色。少し先にラールキラー(赤い城)が見える。
荘厳な感じするな~


◆一歩外に出ると周りはこんな感じ。やはりインドなのだ!
電線激しいな・・・

 

◆新しい寺院らしい。寺院というより・・?
オペラハウスぽいな。中まで入ったが取り立ててこれといったものは・・
でも変わった形でおもしろいね。


◆修学旅行と思われる女子達。制服かわいいね
裸足に見えるんだけど・・?

 

◆こじんまりしたファミレス風のところ。
ピザのようなものから南北の料理まであります。


◆お友達がオーダーした日替わりのようなもの。

 

◆自分自身のオーダー。野菜メインのプレートです。

 

◆ホテルに近いカフェ


◆ここのチャイ。2-3回飲んだかな~
やっぱりチャイって生活に根付いてる飲み物なのねー。
おいしかったです♪

都会だからか、エコカップではなく普通のグラスでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド旅行 その6~アグラ 世界遺産タージ・マハル

2013-10-20 | 私 x インド

※タージ・マハル (The Taj Mahal):世界遺産に登録されているムガル帝国王妃の白亜の霊廟。
ムガル帝国5代皇帝シャー・ジャハーンによって建立。

◆早朝からバンに乗り込みタージマハルへ出発。
長い道のりが始まりました。
車から朝焼け

 

◆ランチで寄った場所で。蛇使い~!?インドのイメージを体現してるw

 

◆途中で寄った14年間だけ都だった城
ファテープル・スィークリー 世界遺産です。

 

◆お城を後に、タージマハル目指します。
すごいよ、おばさんヘルメットなしでバイクに横のりw

 

◆途中の朽ちた遊園地。そこを散歩中の牛さん

 

◆やっと、やっと目的地へ!既に夕方・・Orz
途中でもう一個のお城に立ち寄ったのが時間ロスに・・
とはいえ、私は結構そのお城気に入ったのでOK

正面の門?

 

門を抜けると・・じゃーーーん!すっごい人!人!人!

夕暮れに染まってる・・・白亜なんだよね?ホントは。
でも私が見たのは夕焼け反射でオレンジだったよ・・(^_^;)

中に入るとものの3分。あっという間です。
棺が納められている部屋で、3分で一周です。入るまでが地獄の数十分
(いや1-2時間だったっけか?結構並ばされた)


◆わたし達は途中で捕まえたガイドの指示により
正面からではなく、横から攻めました。
さっと入れるからって言うから。

でもそれは大きな大きな間違いでした。
横の入り口はインド人オンリー。気付くと海外からの観光客と
おぼしき顔は一切なし。
やがて行列もぎゅうぎゅうで、なんかイヤな予感。

案の定、入口は狭ーい1人くらいずつしか通れないような門で
みんな我先にと行くもんだから、もうインド人の過激デモに
参加してるかのような激しさの渦に飲みこまれました。

圧迫死するかと思ったわ。長時間にわたってもみくちゃでした。


あとから聞いたところによると、普通に正面から
そんなに混むことなくは入れるそう。
観光客は当然正面から入ると・・・
まあ、ガイドさんはよかれと思ってやったのでしょうが、
折り悪く、丁度インドの祝日だったらしく
普段は少ない国内の人の入り口もごった返してたという事だったらしい。

いやー、これ普通のツアーで来たらまず経験できない事だと思うので
良しとします(笑)
今となっては面白い思い出です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド旅行 その7~デリー観光

2013-10-20 | 私 x インド

アグラからは3-4時間かかって、真夜中にデリーに戻ってきました。
皆ぐったりなりましたが翌日は朝から観光です!
折角のインド、最後まで満喫します。


◆ビルラー寺院 キレイな色合い♪

 

◆官公庁通り

 

◆インド門 反対側には首相官邸

 

◆クトゥブ・ミーナールです。世界遺産。キレイです。

 

届きそう(なわけない)

 

◆塔の周りはヒンドゥーの遺跡

 

◆世界一大きなヒンドゥー寺院だそう。
でも、女子は全員お疲れモード満開で車でぐったりしてて
中には入らず。男子だけ入りました。
サイコーに良かった・・とのこと。少し悔しいけど疲れには勝てなかった。

 

◆デリーで夕ご飯 ローカルのケバブ店へ
おいしかったです。

 

おまけ ~インドとマレーシアで買った戦利品♪

 楽しい旅はあっという間です~ また行きたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加