今日の考え事〈applemint1104〉

自分の体験談や世の中のニュースなどについて感じた事を素直に書いて行きます。

「過保護のカホコ」3話の感想

2017-07-29 21:10:26 | ドラマ
順調ですねー、なぜかこのドラマについて長く書いてますね。初めの印象とは違い面白くて破綻のない展開になってます。
今回は手首の腱を痛めて入院した糸がカホコに当たり散らしたその後を書いています。
糸に対して怯えつつ気になって仕方ないカホコでした。また母親から麦野のことを白い目で見られ、一方的に交際を禁じられてしまいました。
 
でもカホコの麦野への気持ちは高まるばかりです。
「その人の事を思うと胸がざわざわして…」そして恋愛について知ろうと親戚の人たちに結婚したころの話や気持ちを聞きまくっています。
また、ネットで気持ちを打ち受ける方法などを検索して研究しています。
そんなカホコの異変に気付いたのは父親です。
カホコは麦野のためにお弁当を作ろうと思ったり、一番きれいに見える大人っぽい服を父親に買ってもらったりします。
 
麦野と相変わらず会って糸の見舞にも行ったりしている二人でした。
しかし糸が退院して、親戚の集まりがありました。
糸が現れないので、あっちでギスギスこっちでギスギスしています。
そして寄りにも寄って叔母から、麦野と二人で見舞に行ったことをカホコはばらされてしまいます。
母親は、いろいろな事を秘密にされていたことにショックを受けてしまいました。
言わなくてもいい「絵描きは信用ならない人間」みいな事まで言って、ママの言うとおりにしてれば間違いないと一方的に言うのでした。
 
でも、カホコは土壇場で反撃します。今までどっぷり母親の意見に従って来たのだけれど、
「麦野君は悪い人じゃない、優しい人。ママの気持ちも私の気持ちもわかってくれる素晴らしい人」だと。
「どんな事を言われようとカホコは麦野君と会うから」
「カホコは馬鹿で胸に溜まってることを言えないで来た、ママは最後まで私の話を聞かないけどそういうのもやめてほしいから」
「もうこれ以上カホコの邪魔しないで」と叫んで家を飛び出します。

そして麦野のアトリエに行って、母親と言い合いをした事を伝えます。
「カホコの好きな人の事をメチャメチャけなした」から、言い返したこと。
いつものように優しく聞いてくれる麦野でした。
じゃあその人に告白したらというので、つい言ってしまいます。
「好きだよ。カホコが好きなのは麦野君なの」と。なんと告白してしまったのでした…。
 
何なんでしょうね、カホコの真っすぐさと健気さ、ドタバタ走って行くシーンの滑稽さにも関わらず、胸を打たれてしまいました。
母親の気持ちも分かるんですよ。頼りない娘だから、道を作って助言して間違いのないようにしてあげると。まー普通のお節介な母親なんでしょう。
でも黒木さんがやると演技力があるから、それ以上に見えてしまう。
そしてまた充希さんの演技力です。
まさしく「高畑版カホコ」なんでしょうね。他の人がやったら温和なカホコになっただろうに、充希さんがやると過激になってしまう。
だけど、不思議とそのカホコが人の心を打つ。
何故だか私は昔を思い出し、自分は母親に対して思ったことを言えなかったなー、我慢ばかりして結局母親を甘やかしてしまったなーと苦い思いを振り返りました。
そして、体当たりに自分の気持ちを叫ぶカホコに(すごいな~、ちゃんと自立の道を歩んでる)と感心しました。
母親からの自立というのは永遠のテーマですよね。
今回は笑いながら不思議に涙が出て、感動しました。
麦野君もいい子だし、誰も悪くないんですけどね。母親も父親もいとこも…。
 
でも、ちょっと待って。感動編はここまでかもしれません。
変化球投手の遊川さんがこれで済むはずがないんです。
予告では、早くも父親が豹変していましたね。我慢してたけど、俺の家だとか何とか。借りてきた猫のような父親が、変身…ですか。
麦野くんは交際を迫られて「無理!」と即答していました。波乱が期待できそうです。
ここから何かが始まるのかもしれませんね。来週も乞うご期待です。
 
 
 
 
 
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「屋根裏の恋人」最終話の感想 | トップ | 「コード・ブルー」3話の感想 »

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。