今日の考え事〈applemint1104〉

自分の体験談や世の中のニュースなどについて感じた事を素直に書いて行きます。

「逃げるは恥だが役に立つ」一話の感想

2016-10-12 17:54:32 | ドラマ
変な題です。読んでみても意味が分からず…、更にガッキーの相手役が星野源という最近やたらと押されている歌手・俳優です。
この人の音楽はあまり好きではないし、気が進まないまま見てみました。
他局のドラマが押して始めの15分を見れなかったのですが、見逃し配信がありました。
なーんだ、こういうのがあったのか。もっと早く知りたかったです。
 
所で、大体主人公のみくりの環境は分かりました。
大学で心理学を学び、大学院まで出たのに就職試験は全滅。
派遣社員を一生懸命頑張ってやってたのに、同じ派遣社員の人が採用続行、自分はクビを切られました。
 
失意に打ちのめされながら、気持ちは明るいのです。
そんな時に、父親が家事代行の仕事を持ってきました。
一時間2千円、3時間の労働で週一だと言うのです。そこに通うことにしました。
 
相手は津崎というシステムエンジニアをしている30代の男性です。
得意の家事を、技を使いながらやるみくり。津崎に対しての気遣いも忘れない。
この辺は学んだ心理学を応用しているのでした。
 
しかし、突然父親の気まぐれで千葉へ引っ越すことになります。
両親は割合天然な感じで、父親は思いついたことをさっさとやってしまう人です。
みくりは津崎に言ってしまいます。
「家事をしますから雇ってくれませんか。例えば契約結婚という形で」と。
驚く津崎でした。
しかし、彼はみくりの提案について、綿密な試算をしてみたのです。
その結果、出来そうな気がしてしまう二人でした。
みくりは「その仕事、受けます」と叫びます。何と契約結婚を承諾してしまうのです。
 
そのあと二人はみくりの親に会いに行くのですが、親の前では契約結婚と言えず、「結婚します」とつい言ってしまいます。
 
まーつくづく変なドラマです。
本人の紹介をするのに「情熱大陸」を使ってみたり、これがホントに寒い演出でした。
にしても、出演者はみな思った事をはっきりと言ういい人ばかり、悪い人もいなそうです。
 
みくりはどことなく寂し気です。「みんな自分の気持ちを諦めて、泣きたい事も吹き飛ばして生きてるのだろう」と語っています。
こんなに気立てが良くて院まで出て、仕事もやれてるのにそんなに仕事ってないものなの?
もう少し粘れば何とかなる気がします。
今の日本、そんなに希望のない場所ではない気がします。
私の時は酷かったけど(大昔)就職氷河期で若い人があぶれていました。 
今は、有効求人倍率も上がったし、景気はいい方ではないかと思います。でも運の悪い人はいるものなのでしょうか?
 
とにかく、恋愛はまた別の話です。
男女の中なんてどこでどうなるか分からないのです。
家事代行人でもなんでも、出会って気に入って縁があれば結婚すればいいだけです。
何も文句はありません。ドラマの二人もお互いに良さを解って認め合ってるようです。
 
みくりも津崎も相当な変わり者です。でもそれで合えば、何もいう事なしです。
どういう道を辿って男女の中は発展するか分からないのです。
 
最後の方でどんどん変わっていきますよね。「契約結婚」の話なのに、親に分からせるために「結婚する」と言い出します。
おい、それじゃ全然中身が違うぞ。
 
でも事実婚ってどういうものなのでしょう?
「籍は入れず、住民票だけを移す」と言ってましたね。しかも予告だと「扶養家族届」を書いていました。
籍を入れないのに、扶養家族届を出せるの?…まぁ、養うだけだからいいのか。
そして役所の窓口で結婚届を出していた。これどういうこと?
来週からその謎が解けていきます。のんびり、見て行きましょう。
 
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「とげ」一話の感想 | トップ | 映画「無伴奏」の感想 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。