今日の考え事〈applemint1104〉

自分の体験談や世の中のニュースなどについて感じた事を素直に書いて行きます。

「砂の塔」一話の感想

2016-10-16 10:53:43 | ドラマ
タワーマンションに住む若い妻たちとそこへ引っ越してきた菅野美穂演じる亜紀一家でした。
しかしそこにはセレブを自認する奥様たちの勝手なルールがあったのです。
住んでる階でランクを決めたり…。
でも、あーこれはあるかも、と思いました。
 
私もかつて東京の300世帯のマンションに住んでましたが、似た思いはありました。
私は3DKだけど狭いタイプの部屋に住んでいたんですね。
90とか100平米に住んでる人には、はっきりとコンプレックスがありました。
タワーマンションなら尚更でしょう。でもそれを人を見る判断にしちゃうってのも…
大体子供が幼稚園時代なんて一時期なんですから、一々まともに付き合わなくていいのです。
それを言っちゃお終いよ、ですけど(笑)
サスペンスなのに、こういう妻のマウンティングの話ばかり出てくると興味がそっちへ行ってしまいます。
主人公の菅野美穂はお兄ちゃんもいるのに、母親との付き合いが下手ですね。
幾らでもスルー出来るでしょうに。大体ランチに5400円?かけるって、異常です。
私は一人だと一週間5千円あれば食材を買って充分生きていけます。(こういう人が多いと日本はデフレから脱却できない)
まぁ、セレブ仲間も今に家の内情がバラされるんでしょうけど。
 
しかし初めからいきなり血を浴室で洗い流す弓子。ぞっとしませんか?そういった事件が時々あるだけに。
タワマンの近くで幼児失踪事件が度々起きています。暗示しているようです。ハーメルンの笛吹きという童話が上げられています。
あれも相当怖い話です。笛吹きが弓子なのか?
題からして、不穏ですよね。タワーマンションを砂に例えてるんでしょう?
 
吉良部長の残像が残ったまま松嶋菜々子の再登場です。
吉良は有能だけど普通の感じの母親でしたが、今回は子供無し一人暮らしの有閑マダム。
とっても品がいい。そして優しそう…、
でも、不気味です。
子供を育児放棄したりする親を憎み、子供を誘拐して手にかけているのか…?
 
しかしタワマンの内部など見られて、何となく社会見学になりますね。
昔、私が大京のモニターをやってた頃、マンションの中に図書室やシアター、宿泊ルーム、育児ルームなどを作る提案があって意見を出し合っていました。
今はそういうのが普通になってるんですね。
でも内部の施設が充実していればいるほど、外に出なくなりますから、それも困りますね。(また脱線)
 
ところで、配役ですが、菅野美穂の長男が大きすぎますよね。夫の連れ子なのでしょうか?
また母親が、最近定番化してる烏丸せつこ。
この人、清純派女優だったのにどこで汚れ役になったのか?
この人が出てくると一波乱ありそうですね。それと三代目の人、岩田さん、彼と美穂さんはどういう関係になるんでしょう。
 
色々な要素があって面白そうです。来週から目が離せません。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「無伴奏」の感想 | トップ | 「カインとアベル」1話の感想 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。