今日の考え事〈applemint1104〉

自分の体験談や世の中のニュースなどについて感じた事を素直に書いて行きます。

「SMAP×SMAP」最終回を見て

2016-12-28 11:16:57 | テレビ
長丁場の5時間位の番組をほぼ見て、もう2日が過ぎました。時間が経って、何かすっかり過去のグループになってしまった感じです。
SMAPは私にとっては歌ではなくコントが貴重でした。ホントに楽しくて笑えました。
あと、時々外人アーティストが来ますよね。彼らをおもてなし出来る唯一のグループでした。
でもコントとビストロが、最終回の総集編では省かれてて、割とどうでもいい5人の旅行とか、マイケルが来た時のサプライズに時間をかけてました。
もっと普通の、面白コントが一杯あったはずだったのに…。
ビストロは、殆ど現実離れした料理が作られて味を想像しながら見ていました。
そういう平凡な部分が抽出されてなかった。
27曲のライブは、知らない曲ばかりで退屈でした。
バラエティ豊かにしたかったのと、全体の構成なんでしょうけど、私はちょっと期待外れでした。
よくよく聞くと、スマップの歌で好きなのは数曲だけです。
でも、5人がエンターテイメントとして色んな分野に挑戦してみせるというのが醍醐味だったんですね。
 
ここからは過去の思い出です。
木村くんのホスト、吾郎ちゃんののゴロクミ、中居くんの計算まこちゃんが好きでした。
思わずフフッと笑ってしまう。中居くんのまこちゃんをもう一度見たいです。
でも、もういじられる年でもなくなったんですね。そういう事が出来る年代というのがあるんですね。消費期限じゃないけど…
 
アート対決?では5人それぞれ特色がありました。
絵や粘土、小説や曲つくり。
吾郎ちゃんは色んなものが均等にできるタイプではないけど、小説のプロットにいい切れ味を見せましたね。
木村君は何でも平均点以上の水準なんだけど、何かがもう一つ足りません。
慎吾ちゃんは時々ドキッとする藝術のセンスがあります。
そして性格もそれぞれ見えてきます。
木村君はすごく相手に気を使うタイプ。いつもゲストに細かく神経を使っていました。(言葉が追い付いてなくて気の毒でした)
草彅君は正直者です。言わなくていい事をポロっと言ったりします。憎めないタイプです。
慎吾君は色々我慢してるんだろうな、というのが感じられました。たまにストレスが噴き出しそうになります。
「おいおい…」という場面がありました。
でも彼の女装は素晴らしかった。立派な肩幅と首、米国の女優みたい。大人の色気がありました。
 
最終回では、吾郎ちゃんの不祥事を結構長く映していました。
14年も前なんですね。あんなに頑張ってるのに、何か一つで全てがおじゃんになってしまう、そういう職業です。
草彅君も2009年に全裸になって騒いだ罪で捕まりましたね。
それくらいいいじゃないか、無礼講じゃないけど、騒ぎたい夜だってあるだろうと思いました。
でも違法ですからね。「シンゴー」と叫んでいたとか。泣けますね。兄弟でも親でも友だちでもなくて、仕事仲間ですからね。
孤独なんだなと思いました。
 
25年ですか、やや飽きてきて、ここ数年は特別なゲスト以外は見ていませんでした。
見てても、何かメンバーがすっかり落ち着いていて、やる気なさそうだった。新しいコーナーもなくなったし。限界だったんでしょうね。
来年になればすっかり忘れられてしまうかも。人の記憶はそんなもんです。
 
ファンは悔しい気持ち心残りな気持ちで溢れているでしようが、これで一線を引き新しいスタートラインに立ったと言えます。
引き際って大事ですよね。どこで線引きするか。
1年の終わり、年越しっていうのも、心と気持ちを新たにするための儀式なのでしょう。
私も来年の抱負を考えて、新しい年を迎えるのを楽しみに待つことにします。
25年の長きにわたる時間を楽しませて貰いました。ありがとうございました!!
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK「SONGSスペシャル・吉田... | トップ | 「増山超能力師事務所」1話... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。