今日の考え事〈applemint1104〉

自分の体験やニュース、テレビドラマや映画などについて感じた事を素直に書いて行きます。

「砂の塔」3話の感想

2016-10-29 16:48:08 | ドラマ
今回も見てみました。
話が広がる一方で、問題の糸口が見えてきません。
何なんでしょう、このまとまりのなさは。
「夜行観覧車」に近い話の気がするんだけど、音楽の感じとか不安を煽るような話の連続がそう思わせるのでしょうか?
 
「夜行…」は、それぞれの人たちの事情がわけありで、それを説明してる内にあれよあれよと終わってしまいました。
色んな事件が、その裏で何が起きてるか分からぬまま進んでいます。
そして、タワマンの奥様が舞台の話かと思いきや、どうもそうでもないよう。
格付けではなくて、ボス的存在の寛子(横山めぐみ)が一方的に亜紀(菅野)を追い込んでるんですもんね。
それも、自分の好きな男が亜紀に好意を抱いているというつまらない理由です。
どれだけ小さい女なんだろうと。
彼女は亜紀にハロウィンのイベントの準備をさせて、失敗させて笑おうとしたりします。
そんなことで人を虐める人がいるのかよ、笑われるのはむしろ自分の方だろうと思いますが。
 
ところで、亜紀や家族がピンチになると現れてさっそうと救う弓子でした。
摩訶不思議な上の階の住人です。
今回は、そらがさらわれそうになった時に男ともみ合ってナイフで怪我をしました。(それかどうも自分で手を切った様子)
また、学歴を偽ったママ友の会話を弓子が録って皆の前で公表したり。
おしとやかさからは程遠い辛辣な行動をします。
 
そして、亜紀の家庭も不安定です。
夫は仕事が取れなくて困っていますが、寛子の夫から契約をほのめかされ、手付を自分のローンで借りてしまいます。
夫は家庭の中では存在感がありません。長男がやたらと母親をフォローしています。
あっちもこっちもこんな話ばかり。
こういう情けない話が続くと、一体どこがタワマンなんだ、一般の賃貸でも別に構わないじゃないかと思ってしまうのです。
視聴者はもっと明るくて豪勢な話を見たいんですけどね。
この粋はそういう時間帯なのかもしれませんが。
 
あー何かパッとしないなぁ。出てくる人みな湿気てるし。
岩ちゃんが爽やかな好青年なんだけど、どうも顔のインパクトのなさと小柄さからこれまたパッとしないです。
大体、菅野美穂があっけらかんとしすぎています。
この人、サスペンスに似合わないんじゃ?陰がないし、むしろコメディの方が合ってるんじゃないでしょうか。
 
松嶋さんは上品すぎて不気味ですね。
一体何を考えているんだろう。病んでいるのか、一周回って普通なのか?
マスクの男は誰なんだろう…
長男の強さが救いかもしれませんね。
…そういえば「美しい隣人」でも、仲間が子供に近づいて行って夫まで寝取りましたね。
もう、ストーリーが頭の中でごっちゃごちゃです。
 
まとまらなくてすみません。
まぁ何と言いますか、モヤモヤするドラマですよね…。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「レディ・ダ・ビンチの診断... | トップ | 「カインとアベル」3話の感想 »

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。