新たな人生へ。精神的な病気から様々なことを乗り越えて。

長年続けていたところからあることでこちらへ引っ越しました。よろしくお願いします。

初めてまして。

2017-05-14 12:27:57 | 日記
初めまして。11年続けていたブログからこちらへ引っ越すことにしました。

プロフィールのところにも同じことを書いたのですがここでも記入しておきます。

以前のブログはこちらです。

http://blog.goo.ne.jp/nico184

精神病を乗り越えて結婚をして
子供が二人います。
4歳の娘と1歳の息子です。

夫は8歳年下で夫が学生のときに出会いました。
卒業後すぐに結婚。夫22私30でした。結婚4か月後に妊娠。
2人目もどうしても欲しくて不妊治療しながら
なんとか三年後に妊娠。

結婚6年目の私の誕生日の日に夫がきれてから家に帰らなくなりました。職場から徒歩10分もしないところです。
女か?など色々なことがとにかく、とにかくありましたがあくまで本人が言うには会社に寝泊まりと後輩の家で洗濯をしていたり世話になっていたと言われました。
お金は私が管理していましたが帰ってこないので
手持ちの現金もないはず、、からの全てクレカ決済にして生活していました。当然大赤字。
そこから3月に単身赴任で東北へ。

単身赴任は夫の会社では本来なら幼稚園児の場合は一緒に引っ越すのが普通のケースですが
うまくやり夫のの希望で単身赴任しました。

半年間ほとんど連絡がこなかったのに異動前の職場が終わった途端夜中にいきなり電話してきて帰ってきて寝室で「自分がどれだけいかれていたかわかった。自分で単身赴任を決めたのに寂しい。またみんなで寝たい出かけたいだの。私の良いところが見えてきた」

そこからなぜかいきなり本人の誠意を見せたいのか2日に一度ぐらい娘にテレビ電話したり、私にラインをしてくる。今回の件で私の家族、特に実母には
本当に世話になっているのに一言もなく実家に帰ってきて私の母親が隣にいるのを知っていても娘と電話をする。実母も呆れていました。

そんな状況が一ヶ月弱で初めて赴任先から帰ってきたときに夫が息子のヘアスタイルがうけるようなことを夫の妹に言われて(夫は4人兄弟の3番目で兄弟同士のラインで子供たちの画像を見せ合いっのしていた)夫が半年間家に帰らない。離婚をしたいと何度も言っていたことなど何も知らず

あれだけ離婚だの別れたいと言っていた人がまだ数週間しかたってないのに、私が息子の髪を当然切るのだが夫の妹がうけるって言ってたなんて話を普通にされて、だんだん限界がくる。

旦那の兄弟たちは全く何も知らない。本人は楽しそうに子供たちの画像見せ合いっこ。
ちなみに夫のご両親は私から相談という形で全ての経緯を知ってます。

夫の長男も離婚していますが、長男のときは離婚するまでの間も義母から長男が嫁からこういうことをされてなど色々私にさえ言っていたので、今回の夫のことは子供たち誰一人に言わないんだなとご両親の対応でもこれからはやりとりするのをやめようと決意。

単身赴任するまでも夫は夫の両親に何を言ってるのかきになって、義母のラインを盗み見してそこでのことを私に責めてくる始末。


二転三転する夫の話しあいはしばらく無理だと冷静に思い、数日後の二度目の赴任先からの帰省で
息子が雨の日に靴下履いたまま外に出たときちょうど夫が目の前にいたのですが私が舌打ちをしたらしく、その舌打ちが夫曰く「俺は必要とされていないんだ」と解釈して家にいる三日間私を無視。

そこから夕方娘のいつもの甘える相手がいると理由つけて食べないと愚図りから隣いる夫がなだめて食べさせようとしても食べず、ほおっておくと食べるのを知っているのでそのままにしていたら、私にめちゃくちゃきれて、至近距離で拳振るわせながら「なにか娘に言ってやれよ」と怒る。

そこから本人の家に帰れない理由を夫が泣きながら話されて、

そこで私はプツンと。内容も、、
「どうせなにいっても無駄だと思った。」
我慢できなくて帰らなかったすえにこのとき言った言葉は「どうせ俺が我慢すればいいんだろう?」


これ以外でも様々な出来事があり離婚を決意。

なんだか書き出すと溜め込んでいるようです、、。

長くなり申し訳ありませんがそういった過程で

そこからのことをここで吐き出そうと思います。
よろしくお願いします!
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 見つかりました。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。