怒らない育児ってできるの?

2017-06-10 20:07:22 | 日記
せっかくの土日、娘の幼稚園のバスの送りの時間が一番早くなりなんでも前倒しになったせいで息子は平気で6時に起きて活発に動いている。

せめて少しだけでもゆっくり寝かせて欲しい。

というのが本音。

最近の息子は保育園の刺激のせいか?やることなすことがとにかくすごい。
あらゆる場所を開けてしまい、私の化粧品の粉粉をまき散らす。
娘用のハサミを持ち歩く。画びょう入っている入れ物を持ち歩く。
食べたくないものを全て床に悪気もなく(当然なのか、、)落とす。

そして今日はあまり食べてくれない。

娘から取られたパズルで大泣き。

なので風呂場で裸にさせてひたすら水遊び。
前に使っていたお風呂用おもちゃやシャボン玉して遊び
シャボン玉液ですべってすっころんで頭打って息子は大泣き。
すでに昨日もすっころんでおでこには大きなタンコブ。

なかなか私から離れてくれない。

プレイマットを全部引っぺがして遊ぶ。

もう書いているだけでめちゃくちゃさ加減がわかります。

そして夕飯時も時間通りに食べられない娘。
息子用の夕飯はほとんど食べてもらえずあきらめる。

こういう何気ないことを言える大人が欲しいです。

ワンクッションあると全然違うと思う。

それができないのでここに書いてます。

今日はとにかく息子に対して怒ってました。
どうやったら怒らない育児ってできるんですか?

ふだん誰に面と向かって育児のことや少し心配になってきた息子の言葉のことなど、言えない。

ある本に書いてあった現代の母親は孤独です。
その上、よいお母さんになろうと必死になる。

私、やっぱりちゃんと社会出ないとなって思ってますがその状況すらない。


母子殺害事件、「妻が飲み会でいい顔しなかった」ことを証言の一つで言っていたらしいですが世の中の専業主婦のかた、自分自身は1年に数回あるかないかで、いい顔して対応できるなら凄いなと思いました。

私もこのようなことになったりするのかなんてちょっと怖くなりました。

もし同じような事件のあとブログ更新が全くなければ私ですね。
夫婦関係が良くないことで人を殺めてしまう。

どんな夫婦でも必ず色々なことあると思います。

それが子供にまでいくこと。 

実はこれが気になって眠れませんでした。

明日は我が身。

それでも全て受け入れる。なるようにしかならないが現実。

とりあえず、明日は公園にでも連れて行ってイライラしないトレーニングしてみます。
『育児』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただただ感謝 | トップ | あ-、気持ち悪い。今にも吐... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (T.H)
2017-06-11 13:57:57
ミアさん、こんにちは。

福岡の母子殺害事件は極論だと思うのですが、夫婦中が悪化するとぁあいう事件が起きるのですかね。それにしてもひどい事件ですね。ミアさんにとっても他人事ではないと思ってしまって当然かもしれないですね。

以前から怒らない育児ができるのかって、ブログに書いておられましたよね。確かに難しい気がします。つい感情的に怒ってしまうことも多々あります。こちらがイライラしてればなおさらかもしれませんね。

それにしても息子さん、やんちゃですね(笑)画ビョウの入った箱を持ち歩いていたらそりゃぁ発狂しそうになりますよ(笑)

心に余裕を持って子供さんと接することができれば良いのでしょうが、なかなか難しいです。お互いに無理しない程度にやっていきましょうね!!深呼吸、深呼吸ですよ!!
Re:こんにちは (applemia)
2017-06-11 19:52:18
コメントいつもありがとうございます

他人事ではないような気がしてなりません。
動機などこれからの供述が気になって仕方ない上、何か対策をと考えてる自分がいました。
どんな理由であれ絶対してはならない、未来ある子供たちの未来がたたれたこと。
奥様なりにも悩んでいたこと。
そして殺めたことで身内から周囲までどれだけの人が悲しむのか。

怒らない育児、、
今日もダメでした。今日は仕方ないです。
途中から疲れきって起こるパワーもないです。

はぁ、もっと肩の力抜かないとですね。

いつも本当にコメント頂いてありがたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。