感謝

2017-07-14 20:48:03 | 日記
昨日のお話を聞いて思っても見なかった自分が向かう方向性など

改めて色々じっくり考えていくのと、これは相手の出方によるので
考えても仕方のないところ、これは割り切るところなんだか
もっとしっかりしないととまたしても長女気質爆発で
意識して人に頼ることもしないと、、。

お昼過ぎ、昨日面談した50代半ばの福祉課のかたが心配をしてくれて
離婚のことで悩まれているし、法テラスにも一度行かれてるということでまた別の相談窓口
もありますのでそちらでもお話されて気持ちの整理をされるのもいかがかなと
女性専用のDVであったりそうじゃなくても総合相談であるのでその案内の手紙を送ってもよろしいでしょうかと電話してくれました。

おそらく四カ月前辺りに子育て支援課の息子の発達相談のとき名目は発達相談で結果的に相手との相談でしたが臨床心理士さんとの面談のときにまた様子を聞くのに電話しますねと言われて一度も連絡きてないような話をしたから気にしていたのか、わざわざ電話をくださいました。
お気遣いありがとうございます。とお礼を伝えたうえで私はもう決断してこれから子供たちとどう生活していくか。このことだけなのですよ、いざ離婚になれば揉めるかもしれませんが私の意思が今の段階では変わらないので夫婦関係のことではなく今後の3人での生活のことです。となぜかスラスラとそんなことを言って一応手紙を送らせて頂きますとのことでしたので感謝しますといって電話をきりました。

気にかけて頂いていることは本当にありがたいし、その女性の気持ちが伝わったのでやはり人との温かみは大切だなと思いました。
私も身近でもそんな風に困っている人がいればできる範囲内ことはしたいと思えました。

そんななか、相手の母親から久しぶりのラインが。
元気ですか? 相手はたまに帰ってきてますか? 娘の誕生日に送りたいのでなにかあれば教えてください。 とのことでしたので

いつも通り事実だけ伝えました。
先月の入院から息子も発熱があり最近やっと皆元気になった。
相手は帰るといって帰らないこともあるし相変わらずです、二月に1回から2回で一日のみで昼過ぎまでねて
子供達とは半日弱接しています。
娘は最近折り紙ばかりでおもちゃは欲しがらないし、誕生日のお祝いも次にいつ帰ってくるかわからないのでお祝いしてプレゼントもしました。ディズニープリンセス系のグッズなら喜ぶかもしれないです。

に対しての返信は お祝いしたのですね。適当に送ります。
のみでした。

そんなまでしても帰りたくない酷い嫁とでも思われてるかもしれませんね(笑)
ここまでくれば、可哀想な息子とでも思っていただいても大丈夫です。
相手の母親にはそれなりのマナーもあるし節度ある付き合いをしていたつもりですが
これからもその節度あるマナーは守りつつしっかり事実は事実。
主張はします。これから子供達を守っていくのは私であり、その中で養育義務として養育費は頂きますし、お金も一円でも多く取ってやろうなんて
気持ちもないです。なるべくなら子供達のために出してやりたいという気持ちを
持ってもらいながら相手の幸せも願ってこれから話し合いもするつもりです。

息子はどんなことしても親は守る気持ちですよね。
よくママ友さんも孫より息子と感じる人型多く、やはり我が子なんだなって
思えました。

このラインでだいぶモヤモヤしましたがママ友さんのどんな状況でも息子をかばう
事例聞いてるので何も思わずスルーします。

最近のお姑さんの傾向は気を使ってお嫁さんには何も言わない
昭和時代の嫁姑関係だと姑さんがガンガンお嫁さんに気に入らないこと言われて嫌な思いして
きているので言わないらしいです。
ただなにかあれば夫婦のことは夫婦できめてくださいと言い放ち、息子の味方をする。
離婚した友人もそうでした。旦那さん、大借金の上ねずみ講にハマるという惨事でも
義母さんは「息子には優しく話してあげてちょうだい」だったようです。

なんだか本当に様々皆さんあるんだなと。

そしていつも書こうと思っているお金を少しでも頂いてやることが明後日から始まりますが
長々と書いてしまった上、今から窓ガラスに付けられるエアコン設置を一人でやらないといけなくなりました。
こういうとき、男手あればと思いますがなんとか頑張ってみます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市役所、買い物などであっと... | トップ | 自分では無理でした。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。