EMMYの日記帳

普段の生活で思ったことを書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

半天一家

2008年02月07日 | Weblog
我が家半天一家である。
主人も3人の息子たちも、永年半天を愛用している。
私は持ってない。
炊事には不向きだから、着たいとも思わない。
食事中にあの分厚い袖が、
おかずの皿にくっつきそうで、ハラハラする。

先日電車で出掛けた帰りに、
長男に駅まで車で迎えに来てもらったら、
パジャマに半天姿で運転して来たのには驚いた。

主人はたまに間違えて息子の半天を羽織ることがある。
それぞれ柄が違うのに、
何十年着てるのよ!と突っ込みを入れたくなった。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜の花

2007年12月07日 | Weblog
長かった夏のあと、短い秋があり、一足飛びに冬が来たようだ。
紅葉もいつもより遅く、
我が家の庭のもみじの木もようやく色づいたと思ったら、
例年ほど赤くならないうちに、もう半分ほど散っている。

いつも通る富雄川沿いの桜の木の一部は、
今年は10月にも花が咲いた。
あまりの陽気に、春と勘違いしたらしい。
奈良に住んでから10年になるけど、
秋に咲いた桜を見たのは初めてだ。
枯れ枝に咲いた桜の花はちょっと異様だった。
その桜も散り、冬枯れの富雄川沿いで、
先日また小さな花を咲かせている桜の木を見つけた。
11月下旬の小春日和に誘われて思わず咲いてしまったのかも知れない。
まだ若い小さな桜の木の枯れ枝の先のピンクの花が、
寒風にさらされながら必死に咲いている姿がとてもけなげで、
今日もまだ散ってはいないかと気にしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちびちゃん

2007年10月30日 | Weblog
うちで飼っていた17才のメス猫のちびまる(通称ちび)が
先週末、息を引き取った。
以前住んでいた、千葉のマンションの駐車場で
次男が拾ってきてから17年。
真っ白で小柄で、仕草も女の子らしく、
かわいい鳴き声のちびは、息子たちのアイドルだった。
年老いてからは、赤ちゃん返りでもしたように甘えん坊になって、
始終誰かのひざの上で眠っていた。
1ヶ月程前から体調を崩し、時折全身けいれんを起こし、
急激に痩せてきて、足元もふらつくようになった。
土曜の夕方、ペット用のオムツを買って帰宅すると、
ちびは寝床用のダンボールハウスに
頭から体半分だけ入れて、力尽きていた。
翌朝家族で、家の裏のサスケのお墓の隣に葬った。
9年前に死んだサスケと寄り添っている昔の写真を飾り、
思い出を語り合った。
うちに来てくれてありがとう。
安らかに、かわいかったちびちゃん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚記念日

2007年10月03日 | Weblog
今日は25年目の結婚記念日だ。
あっという間の25年だった。
辛いことも楽しいことも全部いい思い出。
辛かったことはあまり思い出せないから、
やはり私は楽天家なんだろう。

週末は南紀白浜へ一泊旅行の予定。
とっても楽しみ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2007年09月30日 | Weblog
異常なほど残暑が厳しかった9月が
またたく間に過ぎ去った。
特別長かった今年の夏もようやくなりをひそめ、
真っ赤な彼岸花が家の周りもに咲き始めた。
これからはどっぷり秋に浸るのだろう。
なぜかもの悲しく切ない季節に・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加