風の族の祝祭

詩歌の森のなかで、風に吹かれて、詩や短歌や俳句の世界に遊んでいたい。
著作権は石原明に所属します。

「日月宙」92号冬号 「飲食譚」20句

2017-03-01 08:30:29 | 俳句
石関芋平さんの「日月宙」に二十句掲載していただきました。

「飲食譚」

浄土にもカレー香るや涅槃西風
ぬる燗のぬるりと馴染む春の月
蕗の薹苦みの滲むまでを噛む
白魚の胃の府のトーテンタンツかな
無残やな絵金の春のどろめ汁
柏餅剥けば赤子の尻となり
暴力のごとくバナナの皮を剥く
汗拭ふまにまに札幌スープカレー
熟柿剥くナイフの指をぬめらせて
天高し地球はアップルパイの午後
マスカット剥けば地球の秋となり
蜜を溜め白き歯を待つ林檎かな
名月や畳鰯の縁焦がす
柚子一片ほどの奢りや澄まし汁
鄙びたる氷柱折り入れロック酒
鰤大根煮汁にアラを解体す
スーパーで購ふ〆の寒仕込み
生き死には生き死にとしておでん酒
一段と啜る音させ晦日蕎麦
去年ふたり今年はひとり晦日蕎麦
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月の短歌

2017-02-08 13:43:41 | 短歌
1月の投稿結果です。佳作でしたがはじめて4首選となりました。。


「短歌研究」2月号

三陸より伝はりし波動地を揺らし墓石はみな死体のごとし→高野公彦 佳作4首選 
御影より脆き石なり大谷石戦後と云ふは墓まで貧し
カロートの昏きに骨壺数へをり祖父祖母父母あと四人分
改修し草も生えない墓となり蝶も来たらず蜻蛉も来たらず
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月の俳句

2017-02-08 13:29:15 | 俳句
1月の投稿結果です。今月もイマイチでした。


「俳句界」2月号


寒鰤や刺身包丁すぐなまる      佐久間彗子 佳作

ミルフィーユのごとき地層や天高し  高橋将夫選 佳作

人体図の肝のあたりの火事の跡    角川春樹選 佳作


「俳句α」2・3月号

消滅家族となるやならずや墓洗    一次予選

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊俳句 平成二十九年 新年詠

2017-01-08 11:32:30 | 俳句
「週刊俳句」の平成二十九年正月の新年詠募集に応募してみました。

   若水や南部鉄瓶鉄の音
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の短歌

2017-01-04 14:07:14 | 短歌
12月の投稿結果です。今月も不調でした。

「短歌」1月号

認知症になりても日記を続けたし如何なる修羅の現れくるや  一の関忠人選 佳作


「短歌研究」1月号

かつて我が通勤路でありし道桜紅葉に日暮れの早し  高野公彦選 佳作
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の俳句

2017-01-04 13:58:45 | 俳句
12月の投稿結果です。今月もイマイチでした。

「俳句界」1月号


故郷は面倒多し草虱      鈴木しげを選 秀逸

孤独死はゴミを残して終戦忌  夏石番矢選 佳作



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月の短歌

2016-12-11 14:43:39 | 短歌
11月の投稿結果です。不調でした。

「短歌」11月号

仲麻呂に早く帰れと言ふやうにスーパームーンは地を離れたり  坂井修一選 佳作


「短歌研究」12月号は年鑑につき投稿欄なし。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月の俳句

2016-12-11 14:25:33 | 俳句
11月の投稿結果です。イマイチでした。

「俳句界」12月号

 兼題「書」

曝書して初めて開く本あまた  高橋将夫選 佳作

 雑詠

ひぐらしや静かに語る恨み言    稲畑廣太郎選 佳作

幼児語になりて載せけり茄子の馬  大牧広選 佳作

コスモスの色みな吹かれやすき色  山田佳乃選 秀逸  西池冬扇選 佳作






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「日月宙」91号 秋号 「続続続 食物譚」

2016-11-30 09:45:08 | 俳句
石関芋平さんの発行する「日月宙」91号 秋号に「続続続 食物譚」の題で投稿しました。


桜鯛と祝はれし身を削がれけり
栄螺の殻へ栄螺の切り身詰め込まれ
塗り箸で手繰りて放つ冷素麺
海の塩拒まず鮎の焼かれをり
駅蕎麦を吹き来る風や唐辛子
落花生の殻割り殻わり待つ麦酒
新蕎麦を手繰る勢ひむせるまで
白桃の芯の硬きに突き当たり
皮剥げばつるりと逃げる白き桃
鎌倉彫の盆に熟柿を二つ三つ
子規の忌や柿のぬめりも奈良であり
お茶受けの干柿舌に寛がす
みちのくの陸奥てふ林檎手に余る
とりあへず肥満の林檎腐るまで
亀の手と云ふ磯の香や新酒酌む
ざざ虫に手を付けかねる新酒かな
ランボーの詩の一行の新酒かな
古稀過ぎて善哉と喰ふ汁粉餅
味噌の香や葱の白さを切り揃へ
大根の葉のざくざくと淑気かな
青光る烏賊の無念や活け造り


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月・10月の俳句

2016-10-30 16:03:45 | 俳句
9月・10月の投稿結果です。久しぶりに特選を取りました。

「俳句界」10月号

四次元の薔薇開きけり修司の忌  俳句トーナメント五島高資選 佳作
  
雲の峰タイヤの太きクレーン車  兼題「太」 中西夕紀選 佳作

一輪の薔薇の矜持を生けにけり  今瀬剛一選 秀逸 坂口緑志選 佳作

「俳句界」11月号

紫陽花に螺鈿の蝶の紛れたり  俳句トーナメント 堀本祐樹選 佳作

敦盛のごとき揚羽を捕へけり  坂口緑志選 特選一席

原色のランチボックス夏木立  角川春樹・夏石番矢・西池冬扇選 佳作


「俳句」10 月号

恐竜の骨組み上がる夏休み  伊藤敬子選 推薦二席 星野高士選 秀逸


「俳句αあるふぁ」10-11月号

鴉には鴉の美声聖五月  一次予選

「NHK俳句」10月号

黄泉路より振り返り見よ大花火 兼題「花火」 正木ゆう子選 佳作

コメント
この記事をはてなブックマークに追加