耳と音

2016年09月18日 23時40分02秒 | マーロックの日記

                                             ―― ヮヮヮヮ

                       ピ  ピチュ

           

「ミャ~」

子ネコが鳴いた・・・

私のフードの中にいる。

                      ――  

空は雲も少なくよく晴れていて、風はあるけどそう強くはない。

早朝の霧は流れたけど、太陽が高くなってまた霧が出て来た。

洞窟の周りは湖みたいになっていて、まだ帰れない。

それでみんなで遺跡を見ていた。

霧が出て来たから、タープに戻っている。

                        

タープに遊びに来ていた小鳥達も、すこし離れて付いてくる。

5羽は仲が良いらしく、一緒に歌っている。

            スル

「ミャ~ォ」

子ネコがまた鳴いた。

「・・・・」

抱えてほしいのかもしれない。

        ジャリ

ほっとく。

森の中は鳥の声や、小さな生き物が動く気配がする。

風でゆれる葉っぱの音もするけど、静かな感じ。

霧もゆらゆらしているし。

「・・・」

上をみていると、たまに動きがみえる。

「ミュ♪」

「ミィ♪」

シロネコとオッドネコも、ノロマさん達に抱えてもらって散歩してた。

            パチ

・・・子ネコがフードから私の髪を叩いた。

     パチ

                パチ パチ

      グィ

掴んでフードから出す。

「ミャ♪」

「クゥ」

自分で歩いていたチワワが鳴いた。

                 ――  

タープがみえた。

そう遠くまで歩いていたわけではない。

「♪」

子ネコはしま模様。

   ジャリ

マッチョさんがゴミ袋をまとめてる。

木箱に入れて、下に送るんだと思う。

手伝おう・・・・

         

                           

                                       ザヮヮヮヮ  ・・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池の魚 | トップ | 荷物と一緒 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL