apollogoo

タロット占い師アポロの goo ブログ。

映画「猿の惑星」の感想

2018-02-18 00:47:19 | エンタメ

映画「猿の惑星」の BD を観ました。猿が人間を支配するお話です。いわゆる「逆転の世界」で、こういう映画を観るとペットや動物園の動物たちの立場で考えるきっかけになったりして良いと思います。


1968 年( 50 年前!)の映画の映画ですが、BD の映像はとても鮮やかで鮮明で古臭さを全く感じませんでした。今年公開された映画だと言われても信じてしまいそうなほどの驚くべき高画質です。

主人公はチャールトン・ヘストンという役者です。名優ですね。

有名な映画なので名前くらいは誰でも知っているかと思いますが、私もなんとなく小学生くらいの頃にテレビで観たような覚えがあってストーリーを知っているつもりでいました。ところがいざ観始めると全く覚えていなくて、ほとんど初めて観る映画のような感じでした。

完全に「知ってるつもり」で状態でしたね。

もう最初のシーンから全く記憶になくて新鮮な気持ちで観れました。

ちなみに、今回は 2 回観たのですが、1 回目は英語音声・字幕なしで、2 回目は日本語吹き替えで観ました。

1 回目は言ってることはほとんど理解できませんでしたが、猿が最初に言葉を発した時は笑ってしまいました。あまりにはっきりとしゃべっているのが滑稽に思えたのです。その時点では現地の人間や主人公は逆に言葉をしゃべれない状態だったので、それもまた滑稽さを増す要因だったかもしれません。

2 回目に日本語吹き替えで観て内容を完全に理解できたのですが、最初のシーンで主人公が語っている言葉が実は物語の重要なテーマでもあり、最後のシーンの伏線でもあったわけですね。当時の映画はこういう哲学的でまじめなテーマを描くものが多かったような気もします。

実は吹き替えの方はあまり期待はしてなくて、2 度目は字幕で観ようとも思ったんですが、なんとなく吹き替えにしてみて驚きました。あれはたぶん、納谷五郎さんですね。確か、何年か前に亡くなったはずですが、BD の吹き替えができたとは思えません。何より晩年のろれつが回らないようなまったりしたセリフではなく、かなりはっきりとした若々しい声だったのです。晩年の銭形警部ではなく、初代仮面ライダーのショッカーの首領(だったかな?)の声なんです。

これはもしや、過去のテレビ放送時に録音された音声を BD に入れたということなのでしょうか。すごいですね。納谷五郎さんの吹き替えははまり役で素晴らしいものでした。日本語吹き替えでも観ておいて大正解でした。これを観ずに返却してしまったら大損です。(レンタル料金は 100 円でしたけどね。)

吹き替えはマーケティング重視で人気俳優を使っていたりすることもあって、そういう下手糞なものを観るとがっかりするんですが、たまにこういう「当たり」もあるので侮れませんね。

猿の特殊メイクも意外によくできていて、50 年前のものとは思えない精巧さでした。表情も微妙に変わるんですよね。今なら CG でいくらでも表現力は高められるのですが、当時はそういうわけにもいきません。

もちろん今見ると作り物感が出てしまっていて技術レベルが低いと感じる人もいるかもしれませんが、50 年前ということを考えると驚異的だと思います。

全体の構成やロケーション、カメラワークなども安っぽさを感じさせない素晴らしい映像でした。芸術的観点から言えば、今でもこのレベルの映像はなかなか作れないと思います。

まさに「映画鑑賞」に耐えうる芸術的な素晴らしい映像でした。

ラストシーンだけはなんとなく昔観たものを覚えていたのですが、確かにこの映画はラストシーンが全てと言ってもいいくらいですね。あらためて今観ても衝撃的でした。わかっていて観ても感動します。

まだ観たことがない人、なんとなく「知ってるつもり」になっている人は、ぜひ一度、この BD の「猿の惑星」を鑑賞していただければと思います。

いろんなことを考える良いきっかけになると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「プロメテウス」を観ました

2018-02-05 20:53:00 | エンタメ

映画「プロメテウス」をBDで観ました。3D対応のものだったので赤青の3D眼鏡をかけて観ました。

ツタヤで何を借りようかと思って棚を見ていた時に、「エイリアン」の新作が出ていることを知りました。その棚に関連作品として「プロメテウス」が置いてあって前日譚だというようなことが書いてあったので、まずはこっちを借りてみようと思ったわけです。

確かにエイリアンっぽい映画でした。冬眠から覚めた乗組員たちが食事をとるシーンなんかは「エイリアン」にも似たシーンがあったような気がします。

最初のシーンの意味がさっぱり分からなかったのですが、観終わってもやっぱりわからず、もう一度観なおしてみて何となくわかりました。あれは、地球だったのかな?

いろいろと訳の分からないことだらけで、ツッコミどころも満載でしたが、あまり深く考えずに眺めている分には悪くない映画かもしれません。

赤青の3D眼鏡では立体感はそれほど感じませんでした。BDは3D専用と書いてありましたが眼鏡なしの2Dでも普通に観れました。1度目は3Dで英語字幕なし、2度目は2Dで日本語吹き替えで観てから返却しました。

続編の「エイリアン: コヴェナント」は旧作扱いになったら借りてこようと思います。

その後で昔のエイリアンシリーズを観直してみるのもいいかなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジェイソンX 13日の金曜日

2018-01-03 19:09:27 | エンタメ

昨年末には「ジェイソンの命日」、そして年が明けて2018年最初のDVD視聴は「ジェイソンX」でした。

どちらもこれまでの「13日の金曜日」シリーズとは一線を画す異色作でした。まあ、毎回何が何だかわからない意味不明な映画なんですけどね。

シリーズ9作目の「命日」の方はジェイソンが次々と普通の人間に憑依していくというわけのわからないストーリー。最後になぜか元の体を取り戻しますが、血縁者に心臓を貫かれることで絶命します。感想としては、いまいちだったかな。

10作目はタイトルが「13日の金曜日」ではなく「ジェイソンX」となり、もう過去のシリーズなんかどうでもいいって感じ。とにかくジェイソンという怪物で遊んでみたかっただけみたい。内容はイカレてますが、結構楽しめました。

今年のタロットカードは「ⅩⅢ 死神」なので、同じ数字を冠した「13日の金曜日」という映画で始めるのはちょうどよかったと思います。

さて、このシリーズは残すところフレディと対決するとかいうアレだけかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ

2017-12-24 22:35:12 | エンタメ

映画「13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ」のDVDを観ました。

特に書くこともないんだけど、どこまで観たかを記録する自分用のメモみたいな感じで記事を上げときます。

前回の超能力バトルみたいな変わった展開はなく、船に乗ってニューヨークへ行くってのが最大の見どころなのかもね。

日系人らしき人物も出てきて、その友達が浴衣を着てたりして、バックグラウンドとしてそういう交友があったんだななんてことを感じさせたりもしました。

しかし、毎度のことながら、ジェイソンがなぜ人を殺しまくるのか意味不明だったりするのですが、その対象も一緒に船に乗っていた人たちだけで、ニューヨークに着いてからは周りの人には目もくれず船の乗客だけをひたすら追い掛け回します。一体、なんだったんだ?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13日の金曜日 PART6 & PART7

2017-10-17 22:24:13 | エンタメ

映画「 13 日の金曜日」の DVD を観ました。今回は PART6PART7 の 2 本です。

ちょうど先週の金曜日が 13 日で借りてきたタイミングはぴったりだったのですが、それを意識して借りてきたわけではなくて、偶然一致したにすぎません。今気づいたんですが、PART 6 と 7 の数字を足すと 13 になるというのも不気味な偶然の一致ですね。

まあでも、なんとなくこのタイミングに合わせさせられたような気もしないでもないです。ジェイソンの呪いかもね。

というのも、ちょっと前に観た「死霊のはらわた」を借りた時に本当は「 13 日の金曜日」を借りようと思ったのです。でも、何作目まで見たか忘れていたのでその日はあきらめて「死霊のはらわた」を借りてきたわけです。その翌週はずっと前から観たかった「ズートピア」が旧作扱いになっていたので「 13 日の金曜日」は忘れて「ズートピア」を借りて観ました。

そして、先週は忘れずに「 13 日の金曜日」を借りてきたら、たまたまリアルでも 13 日の金曜日の週だったというわけです。しかも 2 本も借りてきちゃいました。「死霊のはらわた」のうっぷん晴らしみたいな感じでね。

何作目まで観たかは自分のブログの記事( 13 日の金曜日 Part V )を見て確認しました。観た映画の全てを記録しているわけではないので、もしかしたらその後も観ていたかもしれないと思って保険のつもりで 2 本借りてきたというのもあります。こういう時に便利なので、観た映画の記録はできるだけ書いといたほうがよさそうですね。

というわけで、今回も「観たよ」という記録がてらの記事になります。だいたいね、このシリーズは感心するくらい毎回ワンパターンなので、わざわざ記事を書くほどのネタはないのですよ。

一応見どころを簡単に説明しとくと、PART6 の方はジェイソンが墓から復活して不死身のモンスターになります。これはおそらくジェイソン自身の転換期でもあったのかな? それまでは不死身ではなかったと思うけど……だから埋葬されてたわけだけど、それがなぜか雷が落ちただけで復活して不死身になっちゃいます。そしてなぜかむやみに人を殺しまくります。あとはいつも通りな感じです。

この回は作り手の方もややコメディ路線だったようで、意図的に笑いを誘うような演出がいくつかありました。PART6 ともなるとマンネリ化して来るのでそういういたずらをしたくなってしまうのかもしれませんけどね。見ている側が真面目な演出を勝手に笑うのは構わないと思うのですが、作り手が意図的にやり始めるとちょっと冷めちゃうんですよね。ファン離れにつながりかねない諸刃の剣の演出だと思います。私もあまり好きではありません。(バタリアンみたいに最初から笑いがウリの作品は別ですけど。)

PART7 はオカルト色が強くなった異色作かな。ヒロインは超能力者で、不死身のジェイソンと戦います。ジェイソンはしばらく湖底に沈んでいたので体は朽ち果てています。肉が削げ落ちて背骨や顎の骨が丸出しになっています。もはやただのゾンビでしかありません。ゾンビ映画と言えば大量にゾンビが出てきて大量虐殺が行われるような作品が多いイメージですが、ゾンビがたった 1 体しか出てこない斬新なゾンビ映画とも言えます。

ジェイソンはゾンビになっても相変わらず狡猾で、ゾンビらしからぬ素早い行動をします。ブーンという機械音が聞こえたのでまさかついにチェーンソーを使う時が来たか?!と驚いたのですが、ジェイソンが手にしていたのは何と草刈り機でした。草刈り機のエンジンを巧みに起動する様はとてもゾンビとは思えません。あの草刈り機が画面から迫ってくる感じは恐怖でした。3D映画だったらかなり怖いでしょうね。

PART7 ではさすがにお笑い要素は皆無で、おそらく PART6 で批判されて反省したのかもしれません。結構真面目に作ってました。まあ、シリーズ物にはありがちな脱線でしたね。

リアル 13 日の金曜日をはさんで 2 作連続で観てしまいましたが、どちらも面白くて十分楽しめました。人を殺す映画を楽しかったと言うのは倫理的に問題ありかもしれませんが、「死霊のはらわた」に比べてしまうと「やっぱりこれが観たかったんだ」というのが正直なところです。いろんな意味でストレス解消でした。

毎回同じような内容なのに何がいいのか私にもよくわかりませんが、なんかむしゃくしゃした時にはこういう映画を観て溜飲を下げるというのもいいんじゃないでしょうか。

好きとは言い切れないけど、嫌いではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加