あぽまに@らんだむ

日記とか感想とか二次創作とか。

ヘンリーとコリンに首ったけ

2016年10月30日 | 日記






ヘンリー・カヴィルは「マン・オブ・スティール」で知ってましたし、BvsSも観に行きましたから尚知ってました。
コリン・ファースは「英国王のスピーチ」で知ってました。アカデミー主演男優賞獲った人ですしね。
そして「コードネームu.n.c.l.e.」と「キングスマン」が上映されている頃、
私、絶対嵌るけど、「今はMARVEL一筋だから!!」と頑なに観に行きませんでした。
詳しくは観に行けなかったのが正解。仕事が鬼忙しいのと、春はCACWに通ってましたしね。
しかし、「CACW」を観て余りにも辛くて、Blu-ray出る前に…と「X-MENアポカリプス」を気軽に観に行って、
チャールズ役のジェームズに嵌りました。地上波でも2回目のFC放映されていたので駄目押し。
それで、アポカリプスのBlu-ray出るまで、ジェームズの出演した映画を観捲くろうとTSUTAYAに通いました。



ちょうど過酷な労働で身体を壊し、夏に退職したので、これまで出来なかった事をやろう!…とゲームをしたり、
映画館に行ったり、ゲームしたり(笑)ほぼジェームズの映画を観終わり(フィルスと声をかくす人は無くて観れてません)、
店頭で見掛けた2作品(u.n.c.l.e.とキングスマン)に手を出したのが運の尽き。
自分では嵌ってないよねと思いつつも、補完するつもりで支部の二次創作を拝見したのがトドメ。
どっぷり浸ってしまいました。おぉぅ…マベ沼の外に、DC沼も有ったんだね…怖い。



それも全部、コリンのすらりとしたエロい姿勢の良さと、誘ってるんだよねと指摘したくなる程のエロい胸とお尻のヘンリーが悪い。
「キングスマン」は借りたBlu-rayが特典が何も無かったし、安価だったので、速攻Blu-ray(特典付き)を買いました。
コリンの人柄が滲み出てて、あぁ…「キングスマン」二作目にも出るらしいし、怪我しないように気を付けてね…とほのぼのします。
それに対してヘンリー。インタビューを受ける時の可愛さったら無い。あれは殺人。
特にセサミストリートの動画観ましたが、夜にも関わらず叫びました。きっと私を含め沢山の人がお花畑垣間見てる。
コリンもそうですが、ヘンリーも首を傾げる仕草しませんか。
私の気のせいでしょうか。いずれにしても、役柄で首傾げるの可愛い。コリンはハリーで、ヘンリーはソロで。



「コードネームu.n.c.l.e.」はBlu-rayだけになったら買おうかなと思案中ですが、我慢出来なくなったらDVD付のを買います。
それまでにと、「マン・オブ・スティール」と「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」Blu-ray2枚組買いました。
冬にはジェームズの新作やらお正月に備えた映画が沢山公開待ちなので、ちゃんと働かなきゃと奮起してます。
あ、少ししたら「キングスマン」や、「X-MENシリーズ」の感想上げます。
これは自己満足なので、諦めて下さいね~。うたわれもソフトに呼ばれたらやります。SQ5はそろそろ創作で呼ばれてる。



沢山いいお話を読んだり、本を読むと、自分でも書きたくなりますよね。
文章は急に降りて来るのでいつも筆記用具が近くにあったり、カバンに有ったりします。
やっぱりこういう生活がいいですよね。
あ、そうです。凄く嘘吐いてました。「コードネームu.n.c.l.e.」にそんなに嵌ってないとか書きましたが、
やっぱりどっぷり嵌ってます。




「イリソロ」大好きです。




お料理作って二人に振る舞ってすっかりママになってるソロを想像して楽しんでます。
ヘンリーも可愛らしいし、アーミーの身長聴いて、ヘンリーも小さい訳じゃないのに、相手役皆デカ過ぎでしょ…と気の毒に。
現場の撮影風景とか、インタビューとか、皆でヘンリーを笑わせていて、可愛がられてるな~という印象です。
恐ろしい事に、まだヘンリーは33歳なんですよ?ベンアフとはほぼ一周り違い。是非色々教えてあげて欲しいですね。
ベンアフも193㎝の長身だし、ヘンリーは周りの高身長の俳優さん達ばかりなので、皆に可愛がられていればいいんです。



あ、そう言えばアーミーってどっかで観た事あるな~と思ってたら、「白雪姫と鏡の女王」の王子様だった!
ジュリア・ロバーツとか、ショーン・ビーンとか有名な俳優さんが一杯出てたファンタジーだったし、何せ最後にいきなりミュージカルになるんですよね、あの映画。なかなか印象的な映画だったので、あの王子様か~と嬉しくなりました。
さて。近々買えなかったアポカリプスのパンフ(多少吹っ掛けられましたが)が届くので、楽しみです~~♪
また感想上げますので、お手隙な時に来て下さったら嬉しいです。






『ラブラブ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陽と闇を分かつ時(SQ5) | トップ | 可愛がっても事足りない(SQ5) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む