思いつくままに断章

昔の出来事や最近の出来事から思いつくままに書きます。

太陽光発電と雑種地の固定資産税

2017-09-25 19:57:29 | 日記
 かって司馬遼太郎は、土地は公有にすべしと訴えていたという。不動産に熱を上げる風潮を懸念していた(天声人語)。最近は「所有者不明土地」が増えているとNHKニュース。土地を担ぐのが迷惑で、相続手続きを放置する。ここでは「たかが雑種地されど雑酒地」の話。
 ゲートボール場として提供していた我が家の土地1,440㎡がある。それが返されたので草茫茫にはなるしと困っていたところ、奇縁もあって太陽光発電をやりたいという方に使ってていただくことにしました。ところで、固定資産税が問題。昨年は11,692円であったのが今年は21,713円でした。それも、今後増額されるらしいのです。
 固定資産税は、市町村で決定される大切な税金ですが、雑種地の税額に差があることには驚きました。ある市の雑種地評価基準が、駐車場が宅地比率9割、太陽光発電施設用地が宅地比率3割とネットで公表されていましたが、当村はどうか。                 雑種地の活用をどんどん進め、少しでも村の活性化に役立てなければと思います。が、固定資産税での悩みの軽減に良い知恵はないものでしょうか。(2017.9.25・伊東)
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関谷学園資料と話は佐藤教育長へ | トップ | 村民は監視する3,000万円 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事