思いつくままに断章

昔の出来事や最近の出来事から思いつくままに書きます。

日野原重明先生とある村人

2017-08-09 11:37:39 | 日記
 日野原重明先生が7月18日に、105歳の生涯を閉じられました。先生ほど、人間の尊厳を語られ、教えられた方はいなかったと思います。それも小学生から終末期医療の老人にいたるまで、実践できるようにお教えくださいました。「生きがいとは、自分を徹底的に大切にすることから始まる」など、名言もたくさんあります。
 その先生には、たくさんの著書があられます。私もほんの9冊ありますが、その中の4冊の緒言か跋に「秘書の佐藤玖子さんに感謝したい」とあるのです。
 佐藤玖子さんは、関川村の佐藤医院家のご出身であります。私にはそれが、戦後平和の関川村が「文化村になる」と言っていたこととダブるのです。渡邊萬壽太郎村長は「教育村の関谷学園」も創られた。佐藤家には、坂町の川口書店が本の配達をしていた。
 日野原先生は、佐藤玖子さんが「私の執筆や講演録のすべてに目を通され選択されて出来上がった」とか、「長いあいだ私の執筆活動を援けて下さった」と書かれています。余人のできることではない。関川村人らしい真面目さと文化勲章受章者に貢献された知性に敬意を表し、村の誇りにしましょう。(2017.8.9・伊)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記録的短時間大雨を警戒したい | トップ | 下関被災者同盟活躍記(伊東... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ばんざ~~い! (ムツ)
2017-08-09 15:23:51
ブログ開設ばんざ~~い!
こつこつ続けてください
楽しみにしてます
郷土への愛情 (うちやま ひろかつ)
2017-08-13 17:57:40
母の故郷、懐かしく詠みました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。