本物を求めて

人生を楽しもう

ふと気づく「狭さ」

2017年06月17日 11時06分03秒 | 日記

心理学のセミナーでは「人と話すだけで、その人の環境、大凡のつながり、背景が見えるものです。ですから幅を広げる為にも、人の本質を知る為にも、沢山の人と話すと良いです。」と。

「薄っぺらなコメ」「品が無いよな」と、言われない様に自分を磨かなくては。

「人脈が広い人」と「ない人」は何が違うのか 30代になってふと気づく「狭さ」
06月13日 08:00東洋経済オンライン
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

【ご相談】
30代女性です。ふと社外の知り合い、社外人脈といえるものがほとんどないことに気づきました。社内の同僚や上司と仕事を完結させることが多く、焦りを感じます。

思い切って、社外の講演会などにも行ってみたのですが、アグレッシブに講師に話しかけ、名刺交換する人たちに圧倒されてしまい……。異業種交流会なども気後れするのが目に見えていて、参加しようと申し込んでも、言い訳を見つけてドタキャンしてしまう自分がいます。情けないです。どんどん前に出ていくタイプではない私が、自分らしく社外人脈をつくり、これからの仕事に役立てていくには、どうしたらよいでしょうか。

「世界が狭いのでは」という不安
気づけば、学生時代の友人や退職した元社内の友人と疎遠になっている――。「社会人になって、自分はたくさんのものを失ってしまったのでは」などと感じたことのある人も少なくないのではないでしょうか。

仕事だけでなく、プライベートでも社内の人と過ごすことが増え、わかり合えるし楽しいのだけれども、「世界が狭いのではないか」と不安になる。社外の知人が多い人と会話すると焦りは募るばかり。今のままでもいいのではないか、いやダメだ、という気持ちは繰り返し起こって、最後は自分を責めてしまう……。私にもその気持ち、すごくよくわかります。

まず、あなたは情けなくなんかないですよ! 「狭い世界にいるのではないか」と現状に危機感を抱いているだけでもすばらしいと思います。エスタブリッシュな企業に勤めていたり、大きな金額・ビジネスを動かしている人の、「自分が世界を動かしている」的な勘違い発言や、「自分のいる世界だけで十分広い」「優秀な人の密度が高いからココだけでも成長できる」と思っているなと感じる言動など、時に見聞きすることがありますよね。「今で十分」と本気で思ってしまうのは、人の成長を止める原因のひとつになりかねません。
(以下略)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島義勇 | トップ | 女性の起業後押し 札幌 共... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL