本物を求めて

人生を楽しもう

決勝トーナメント進出

2017年05月26日 10時31分38秒 | 日記

中3・藤井四段、デビュー19連勝!決勝トーナメント進出、竜王奪取で賞金5295万円
07:10スポーツ報知
将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(14)が25日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第30期竜王戦ランキング戦6組決勝で近藤誠也五段(20)に後手番の102手で勝ち、自らの記録を更新するデビュー19連勝を飾った。自身を除いて全棋士最高勝率を誇る若手の実力者に完勝。11人しか参加資格のない決勝トーナメントに史上最年少で進出し、渡辺明竜王(33)への挑戦権を目指す戦いが始まる。

 真夏日のような体感温度の対局室で無数のフラッシュを浴びても、14歳の横顔は涼し気だった。「優勝して決勝トーナメントに参加できるのはとてもうれしく思います。強い先生と当たることができるので思いっ切りぶつかっていきたいと思います」。もはや一過性の話題ではない。新しい歴史を刻む「神の子」が将棋界の中心に躍り出た。

 将棋会館が藤井劇場と化した。約30社、約70人の報道陣は朝、玄関先で「入り待ち」した。出前を注文すれば「昼食は五目焼きそば」「夕食はチャーシューメン」と騒ぎ立てた。14歳の一挙手一投足を無数のカメラとマイクが追い掛け続けた。
(以下略)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労務管理のコツ | トップ | 人を大切にしたら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL