本物を求めて

人生を楽しもう

多剤耐性菌

2017年07月17日 01時28分16秒 | 日記

父が入院して2週間。
医師からは「今は抗生剤で熱も下がり安定してますが、発熱の原因である多剤耐性菌が暴れ出すと急変もあります。」と言われ、母は「年内かな?」と。

親戚のドクターが「お父様が入院していると言う事は、貴方が居ない時はお母様は孤食ですよね。ちゃんと食事をしていれば良いのですが、ご飯とか減ってます?食欲が落ちる事が一番高齢者には危ないサインなんですよ」と。

そして私の健康診断の結果を見ながら「動脈硬化も始まっているし、そろそろ年相応の仕事をしたらどうですか? 飲んで汗を掻いて気持ち良いかも知れませんが、心電図に異常があるのでそのうち心筋梗塞とかで倒れますよ」と。

もしも父に何か遭った時には、自営で時間が自由になる仕事も考えなくてはと感じた。


「院内感染が怖いから病院に行きたくない」の選択は正しいか
2016年12月28日 07:00NEWSポストセブン
〈病院に行くから病気になるんです〉との見出しで『週刊現代』が危険を訴えたのが、「院内感染」の問題である(7月16日号)。

 病院内で病原菌、ウイルスが発生し、抵抗力が落ちた入院患者を中心に、院内に出入りするすべての人が感染し得るというもので、記事では10年に帝京大学医学部附属病院で患者35人が死亡した院内感染の事件がクローズアップされている。院内で数種類の抗生物質に耐性を持つ「薬が効かない不死身の菌」多剤耐性菌が発生したことが原因だという。

 最近でも、11月に久留米大病院で同じく多剤耐性菌による院内感染が発生し、1人が死亡したばかり。「院内感染が怖いから病院に行きたくない」と考える人が増えてもおかしくない。

 しかし、この選択は本当に正しいと言えるのだろうか。大阪医科大学附属病院・感染対策室室長の浮村聡氏はこう指摘する。

「多剤耐性菌は、病院内に限らず、介護を受けている人や病気でない人も保持していたり、街中など日常の空間にも存在します。だから病院に近づかなければ耐性菌のリスクから逃れられると考えるのは間違いです。

 ある程度の免疫力がある人なら、多剤耐性菌に触れても病気を引き起こすことはない。病院を遠ざけることで、逆に体の不調のサインを見逃すリスクのほうが大きいと思います」

 ただし、その記事でも触れているとおり、高齢者や抗がん剤による治療を受けている患者など、免疫力が著しく落ちている場合は、耐性菌が危険な存在になることは間違いない。そのために重要なのは院内感染が起きにくい病院を選ぶことである。

「院内の感染防止対策の評価を国が行ない、充実していれば診療報酬を上げる『感染防止対策加算』という制度があります。同制度で最上位のクラス1に認定された病院は、専従の院内感染管理者が配置されるなど、対策の行き届いた医療機関であることを証明しています。各病院のホームページで開示されている情報なので確認してみてください」(同前)

 ほかに、菌が沈着する床の清潔さや、医師や看護師の手袋交換、アルコール消毒の頻度なども確認すべきポイントだという。そうした対策を病院が怠ると、「病院に行くから病気になる」という最悪の事態を招く。

※週刊ポスト2017年1月1・6日号

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲むタイミングで効果倍増 | トップ | 「何をしたらいいかわからな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL