青空ヒュッテ

登山歴15年目・筋金入りの雨女が青空の下の稜線歩きを求めて今日も山に登ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

檜洞丸

2011-06-04 18:44:31 | 丹沢

檜洞丸 2011.6.1(wed)

【データ】
標高:1,601m
ルート:西丹沢自然教室~ゴーラ沢出合~檜洞丸のピストン
標高差:約1,060m
歩行距離:往復約10km(歩数:約24,000歩/約880kcal消費)
アクセス:西丹沢自然教室駐車場から徒歩で登山口へ。

 

【行程】

6月1日に母と二人で西丹沢の檜洞丸に登ってきました
お目当ては、ちょうどこの時期に満開を迎えるシロヤシオです

4:00起床で4:30に自宅を出発。
厚木から東名に乗って大井松田ICで下りて西丹沢自然教室に向かいます。
渋滞につかまることもなく、順調に6:00に駐車場に到着しました。


この時点で駐車場の空きスペースは1台分。(写真ではわかりませんが
平日とはいえ、みなさんシロヤシオを見に気合を入れて早くからやってきているようです。

私と母も気合を入れて準備を始めます
・・・が、麓に近付くにつれて雨が降り出し、
駐車場に着いた時点で大粒の雨が降り出しました

朝食のおにぎりを食べ、レインウェアを着こんで準備をしていると、
雨が小ぶりになったので6:20に駐車場を出発しました

檜洞丸には過去3度登っていてルートも大体覚えていましたが、
歩き始めてすぐ見覚えのない看板が目に飛び込んできました。


初心者コース
前回登った時にはそんなものなかったはずですが・・・。
かなり興味がありましたが、ちゃんと頂上に到着しないと困るので、
とりあえずここはスルーしていつものコースをたどります。


舗装された道路を進んでこの看板で右手に入って本格的登山開始です。
ここから頂上までは4.8kmの道のりです。


歩きやすい道が続きます。


なんか視線を感じると思ったら鹿が


橋を渡ります。
殆ど森の中なので、雨が降っていてもあまり濡れることはありません。


豪快に流れ落ちる滝。


7:00ちょうどにゴーラ沢出合に到着


渡渉ポイントに到着。


でも前日までの雨で増水して渡れそうなポイントがありません
それでもなんとか渡れそうな箇所を見つくろって気合で進みました。


渡った先から振り返ってみても、ちょうどいいポイントが見当たりません
雨続きの日は要注意です

ここで雨も殆ど止んで、暑くなってきたのでレインウェアを脱ぎました。


7:08にようやく本格的登山道に突入


急傾斜の山道を進みます。
・・・山肌が以前来た時よりかなり痩せたような。


見上げるとガスだらけ。


所々に花が咲いていますが、本命のシロヤシオはまだ先。


7:48に3.3km地点に到着。ここまで約1.5時間。なかなか快調です。


苔むした山道。


立派なブナの木。


歩き始めから約2時間でようやくシロヤシオが咲いている木を発見
でも足元を見ると白い花がたくさん散っていて、
中腹辺りの木は見ごろを過ぎてしまった様子。
季節外れの台風も通過した後だし、
上の方の花も散ってるんじゃないかとちょっと不安になります。。。


散った花でも美しい


(画像クリックで拡大表示)
ようやく満開の木にお目見えです


(画像クリックで拡大表示)
やっぱりシロヤシオはいつ見ても美しいです


トウゴクミツバツツジもきれいだけど、シロヤシオの清楚な美しさにはかないません。


木々の向こうに雲海に浮かぶ大室山が。


こっちは富士山。頂上の方は雲をかぶってますが、
積雪の部分もちゃんと見えてます。
晴れていれば展望園地からゆっくり眺めたところですが、
この日はガスって展望がほとんどなかったので展望園地はスルーして先を急ぎました。


8:48に4.5km地点に到着 歩き始めから約2.5時間。
このまま行けば歩き始めから3時間で登頂できるペースですが、
ここからがシロヤシオの絶景ポイントで足が止まること必須なので、
頂上まではまだまだ時間がかかるところです。
私たちはそれを見越してここまでハイペースで飛ばしてきたのでした


ガスの晴れ間に山並みを撮影。右手の白いのがシロヤシオです。


木道や階段が続くので歩きやすいですが、
歩くたびに美しいシロヤシオが出迎えてくれるのでとたんにペースが落ちます。


(画像クリックで拡大表示)
満開の花


富士山は見えたり隠れたり。。。


葉っぱの黄緑色と白い花のコントラストが美しいです。


たわわに実った花たち。


アップで見ても美しい
葉っぱの縁が赤くなっているのもチャームポイントです


まだまだシロヤシオのトンネルが続きます。
早めに行動を開始したおかげで先行客も後続客も殆どおらず、
思いのままに撮影大会を繰り広げることができます。


ほんのちょっと顔を出した青空。
一度でいいから青空バックのシロヤシオの写真を撮りたい・・・


このまま晴れてくれれば良かったのですが、
結局最後まで降ったりやんだりでした


雨にぬれたトウゴクミツバツツジ。


(画像クリックで拡大表示)


満開の 桜と見紛う シロヤシオ


キレイ~


200m歩くのに30分もかかりました(笑)
本当に花がきれいすぎて動きが止まるのでみなさん時間に余裕を持って行動を立てましょう


標高が上がってくると、咲きかけの状態の花が増えてきます。


(画像クリックで拡大表示)


咲きかけの花とつぼみ。この辺の見ごろはまだ少し先ですね。
週末にかけて天候が回復したので、今頃見ごろを迎えているのではないでしょうか。


これはミネザクラが散ったもの。


トウゴクミツバツツジのつぼみ。
・・・なんだか虫みたい


木道と、バイケイソウと、シロヤシオ。


風力&太陽光のダブル発電ゾーン。


ほんのちょっとまた晴れ間がのぞきました。


頂上直下の木道。こんなの前回来た時はなかったはず。
登山者が増えて山肌が痛んできたようです。ちょっと複雑な気分。。。


9:40に檜洞丸山頂に到着
歩き始めから3:20かかりました。


まだ時間が早いので山頂は貸切状態。


ちゃんとトイレもある山です。少し先にはランプの山小屋もあります。
因みに携帯の電波も入りました。
ゆっくりお昼ご飯を食べて、10:17に下山を開始します。


登りのときよりガスも若干晴れて、また撮影魂に火がつきます


トウゴクミツバツツジ。


やっぱりシロヤシオに目が釘付けになります。


どんな角度から見ても美しい


赤と白の競演。


(画像クリックで拡大表示)


(画像クリックで拡大表示)
本当に一度でいいから青空の下で見てみたいです

11時ごろになると、次第に登り客が多くなって、
シニアの団体さんもいました。
皆さん目的は同じ、シロヤシオです。
すれ違うたびに「咲いてますか?」と聞かれ、
そのたびに満開ですよと答えると、
みなさん悪天候の中来てよかったと笑顔が広がりました。

しかしあれだけ人が多いとなかなか思い通りに撮影するのも難しいので、
やっぱり写真撮影をするには早出が必須ですね。
週末もものすごく混雑しそうです。


そんなこんなでシロヤシオゾーンを抜けたらハイスピードで飛ばし、
あっという間にゴーラ沢のすぐ手前まで来ました。時刻は11:57です。


ヤマツツジの朱色が目に飛び込んできました。
登りは足元ばかり見てたので気が付かなかったのか、
シロヤシオ以外アウトオブ眼中だったのか・・・(笑)


魔の渡渉地点に到着。
この橋は流されたようで、使い物になりません。


浅瀬を探しながら慎重に渡ります。


標識の上の白い花にご注目
地面に落ちてた中から一番きれいなものを母が拾って
大事に持って帰ってきたシロヤシオの花びらです。
そのまま家に持って帰って水につけて活けてあります。
母は花を持って手を使えなかったため、足を酷使して、
その後かなり重度の筋肉痛に悩まされることとなりました


美しい新緑の下を歩きます。


途中で見慣れない標識を発見。
新道なるものができています。これはもしや行きがけに見た初心者コース・・・?
ということで好奇心が勝って急遽新道をたどることに。時刻は12:42でした。


しかししょっぱなからきつい傾斜のジグザグが続きます。
普通に歩けなくて小走りになるほどの斜度です。
こんなきつい坂道、本当に初心者コースなの?といぶかりながら歩きます。


この左手の斜面を登ることになるわけです。
頂上に到達する前にかなり体力を奪われそう・・・

その後は道幅も広く、平坦な歩きやすい道が続くので初心者に優しいコースでした。
川コースの名の通り、川沿いを歩いて行くと橋がかかっていました。


おっとっと、これは丸太の一本橋?


ではなく、ちゃんと立派な橋になってます。
でもちょっときしんで揺れてたので強度にやや不安ありです


ちょっと上高地っぽい川沿いの道を歩いて、


また傾斜のきつい下り坂が。


振り返ってみるとこんな感じ。
歩きやすさの点ではなるほど初心者向けですが、
距離的には本道の方が早い気がします。。。

 
で、予想通り朝気になっていた初心者コースの看板の前に到着しました。
13:04到着で、分岐地点から約20分。
・・・やっぱり本道の方が近道のような気がします。


そこから1分で駐車場に到着
この日の歩行時間は約6時間45分。
シロヤシオストップがなければ6時間あれば余裕で往復できる道のりですね。

久しぶりに見るシロヤシオはやっぱりとても美しく、
毎年見に来たいと思う花でした。
次こそは青空の下でシロヤシオを鑑賞したいと思います

因みに予想以上に筋肉を酷使したようで、
まるで3,000m級の山に登った後のような重度の筋肉痛に悩まされ、
全快するのに3日かかりました
夏山シーズン突入前にもう少し鍛えたいと思います


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ web拍手 by FC2 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた引っ越しました(汗) | トップ | 平標山・仙ノ倉山(前編) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (『キラリ館』)
2011-06-05 09:08:26
はじめまして。
『キラリ館ブログランキング』と申します。
ご訪問いただければ幸いです。
>キラリ館様 (aozorahutte)
2011-06-12 10:36:16
コメントどうもありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。