徒然なるままに

なるようにしかならないと、達観できればいいのですが

大丈夫?イージス艦

 | Weblog
今朝、伊豆半島沖合で米軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」(乗員約330名)と日本郵船がチャーターしていたフィリピン船籍のコンテナ船「ACXクリスタル」が衝突しました。イージス艦のほうに大きな損害が出て行方不明の人がいるようです。無事に見つかるよう努力してほしいと思います。ところで「イージス艦は、同時に多数の空中目標を捕捉し、これらと交戦できる、極めて優秀な防空艦となった。またイージスシステム以外にも、イージス艦が搭載する全ての兵器は、イージスシステムのコンピュータを中核として連結され、イージス戦闘システムと呼ばれる統合システムを構築している。これによって、イージス艦は、対空・対艦・対潜水艦など、戦闘のあらゆる局面において、脅威となる目標の捜索から識別、意思決定から攻撃に至るまでを、迅速に行なうことができる」とされています。いわば先進技術の塊のようなものだと思います。いくら夜間であっても付近の艦船がどのようなものであるかは瞬時に判断できるでしょう。また、相手の進行方向や危険回避装置も備えられていると思っていました。ところが、現実にはこのような事故が起きてしまう。原因ははっきりしませんが、最低限でも自動車に搭載されているような衝突防止装置ぐらいあると考えていました。もし、無いのなら自動車メーカーに依頼して全方位型防止装置を開発してもらったらと思います。自衛隊のイージス艦も過去に漁船と衝突して漁船員に犠牲者が出ました。その教訓を踏まえ現在では上記のことの無いようになっているんでしょうね。国民の安全を第一としている現政権は、当然スピード感をもって改善をしていただいていると確信しています。違いますか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ大手メディアは報じないのか | トップ | アメリカイージス艦衝突 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL