徒然なるままに

なるようにしかならないと、達観できればいいのですが

なぜ大手メディアは報じないのか

 | Weblog
昨日から今日にかけてネット上で加計学園問題について話題になっていることがあります。昨日、国会参院の予算委員会での審議の時の事。福島みずほ議員が「安倍首相と加計孝太郎理事長が「腹心の友」であることを知っていたか」と質問したのに対し萩生田官房副長官は「最近、盛んに報道されているから承知している」と答えました。
また「もともと『腹心の友』かどうか、確認したこともないし、承知もしていない」と答えました。ところが、萩生田氏のブログ「はぎゅうだ光一の永田町見聞録」2013年5月10日付のブログに安倍首相と萩生田光一氏、そして加計孝太郎氏に非常に似た人が楽しそうにしている写真が載っていることがネットに出ていました。この人物が加計孝太郎氏であれば萩生田氏の答弁は虚偽となりそうです。しかし、不思議なことに大手メディアはこのことについて報じていません。なぜかそのカギはこのブログの中で「寒い中取材待ちで外にいた番記者さんたちもインタビュー無しを条件に中に招き、総理自慢のスパイス焼きそばを自らふるまっていただきました」との記載があります。番記者のみなさんが取り込まれているのが目に浮かびます。現在もその状況はあまり変わっていないのでしょう。メディアがその気になれば、このうらは簡単に取れるでしょう。しかし、萩生田氏もブログを削除していないところをみれば何か良い言い訳を用意しているのでしょうね。この問題をどう報じるか、報じないか、メディアの姿勢が問われそうな気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メディア | トップ | 大丈夫?イージス艦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL