青空エクスプ レス

日本ではオンリーワンの手書き地域雑誌『あおぞら』の編集発行人を経て、室戸市の政治を監視する改革派議員三期目。絵馬修復師。

決算のチェックも行政のチェックも、同じように大事

2016-10-18 | 政治家のあり方
 今日18日と19日の予定で、室戸市議会の総務文教委員会において平成27年度決算の審査が行われます。

 議員は予算の審議には興味を持ちますが、決算の審査には「過去のことだ」と関心を持ちません。過去にこういう議員がいた。私が議員になったばかりの平成15年の9月議会だったか、前年14年度の決算認定案が提案されたその議会の開会直前の、議員控室での出来事。

 雑談の中で私よりも一期上の女性議員が、笑いながらこう言いました。「決算はもう終わったことやきん、そんなに質疑も無いわねえ」。

 それを聞いた私は、カチンときた。

 当時、私は議員になってまだ半年しか立っていなかったが、「市議選に出馬する前に議員の仕事について勉強をしておかないと後れを取る」と思い、まだパソコンなど持っておらず議員の参考書にどんな本があるのかなども知らなかった時期でしたし、この本を何で知ったかも忘れたが『議員必携』という本を手に入れ、事前に議会のことを勉強をしていた。

 そこには「決算の意義と考え方」の項があり、「議会は決定した予算が適正に執行されたかどうかを審査するとともに、各種資料に基づいてその行政効果や経済効果を測定し、住民に代わって行政効果を評価する、極めて重要な意味があることを再認識すべきである。又、審査の結果は後年度の予算編成や行政執行に活かされるよう努力すべきである」と指摘。「税金の使い方を決める予算の審議と、その使われた結果を予算に照らして検討し、以後の行財政運営の改善に役立てる決算審査の重要な意義が強調されているものである」と示している。

 決算審査がそれほど重要な審査であることを先輩議員が解っていないし、軽く見ているのを見過ごすわけにいかず、一言厳しく言ってやった。

 「あんたは今、『決算はもう終わっちょうもんやきんねえ』と軽く言ったが、決算も予算と同じように大事な審議ぜ。決算とは、3月議会の当初予算で決まったものをどのように使ったかや議員が知らない使い方をしているものもあるかもしれん。それを正しく使ったのか、結果としてどうなったかを確認するためにも、決算の認定審査は大事な審議や。決算を馬鹿にしちゃいかんぜ」。

 もちろん、ぐうの音も出なかった。

 この出来事でわかるように、地方議員の大半は決算審査を馬鹿にしていることは確か。

 でも私はこの決算書には議員になったときから虚偽記載があると思っている。

 それは巻末にある「財産に関する調書」の中の「土地の管理」についての部分。市有地の中には不法占有され建物が建ち、適正に管理されていない、つまり現状として既に盗まれてしまっている市有地があるにもかかわらず、決算書には健全管理されているかのように記載されていること。

 この「市有地の不法占有事件」については市議会で私だけが問題提起し続けていて、少しは「市有地不法占有事例」も改善はされてはいるが、あれから約十年間、事あるごとに議会で指摘し改善を求め続けているが、市長と担当課が「それほど大きな問題じゃない」と思っているのか、「あまりこれを強く改善を求めると圧力がかかる」とでも思っているのか、何年たっても問題解消とはなっていない。もしこれまで私が言わずに来たら、この違法な問題は何一つ改善されなかったことは間違いない。

 この事例でわかるように、室戸市政の中には違法や不正や不公平や不適正などの事例は履いて捨てるほどあり、それを「えいやないかそれぐらいのこと」と市長や職員が考え放置してあるということです。いつまでたっても組織が変わらないということは、実はそういうことなんです。

 で、自治体組織のその体質の悪さや行いの悪さをチェックして厳しく言うため、議会という組織を作り、そこに議員を置いているのです。なのに、その議員が市長をかばい職員をかばいすると、「では一体誰が市役所という組織をチェックするのか」ということです。

 考えるのは、議会の議員をチェックする人たちを置くことですが、これは無駄なことですよね。この人たちも議員と同じように市長の子分になってしまうことは大いにあるし、この人たちにも報酬を与えるとなると、無駄の上に更に無駄を重ねうという事態が発生します。

 だから、住民が議員選において、自治体組織をチェックする意志を持った人を議員に選ぶしか方策はないということです。  

 でも、行政をチェックできる人物は議員選に出てこない。だから、議会にはいつまでたっても首長に寄り添い“寄らば大樹の陰”を決め込む議員ばかり。・・という状況が地方議会には続いています。

 いつの間にか決算を厳しくチェックすることの大事さの話から、行政を厳しくチェックする議員が議会にいることの大事さの話になっちゃいました。

 この話の続きはまたの機会に。じゃあ、決算委員会に行って参ります。


※電子情報誌「青空エクスプレス」のアクセス数は、10月18日(火)付けGooブログランキング(2616501ブログ)中、1629位でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「高橋ジャイアンツ」改造計画 | トップ | 政治とは怖いものです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む