青空エクスプ レス

日本ではオンリーワンの手書き地域雑誌『あおぞら』の編集発行人を経て、室戸市の政治を監視する改革派議員三期目。絵馬修復師。

全国の地方議員の皆さん、ご愛読、誠にありがとうございます。

2017-03-08 | 政治家のあり方
 全国の読者から、「室戸市の谷口議員のブログは面白い」「市政と議会の不正を改めようと努力している姿は我々も見習うべきだ」と大変ご好評をいただいていて、大変うれしく思っています。

 次の写真をご覧ください。
  

 私は2008年からこれまで長きにわたり記事を書いてきましたが、これが私が書いてきた「青空エクスプレス」全記事の、昨日のランキングです。

 私のブログ記事がどのような内容のものが検索数が多いのか、その傾向がお分かりいただけると思います。

 「議会が近づくと【一般質問と質疑の違い】という記事の検索数が増える」と先日も書きましたが、ご覧の通りです。

 3月議会も近いということから、その記事が1位から10位までのランキングの中で、1位です。

 日によっては2位になったり3位になったりですが、10位までの中にこれに関する記事が3つも4つも出てくることがあり、全国の地方議会の議員諸氏は悩みながらでしょうが、本当によく勉強されているなあと感心しています。私が書いた記事が参考になるかどうかわかりませんが、うれしい限りです。

 次の多いのは、昨日は4位だった「地方公務員法第32条の優先順位」の記事。これも上へ行ったり下へ行ったりはしていますが、だいたい毎日のように10位以内に入ってきます。

 「上司の命令が優先されるか、それとも法令が優先されるか」。

 これに、地方議員や地方公務員の皆さんは関心が深い、だから、ネットでそれについて勉強をしていると解ります。

 当然、不正な命令を下す市長や上司の言うことよりも、法令順守、法律と条例とが上司の命令よりも優先されます。行政職員はやむやむ不正な命令をする市長や町長や村長の命令を優先させていますが、そんなもの、聞く必要はありません。法律という“印籠”を突きつければいい。

 しかし、これが簡単にできないんですよね、宮仕えだから。左遷されて窓際に追いやられることもあり得ます。そうして市長の違法の手助けをして、「逮捕」も無いとは言えません。

 でも、基本は、「法令順守!」。これを無視したら、私のような堅物の議員が議会にいた場合、不正行為を市民だけではなく、全世界に実名で公表されてしまいます。

 例えそれが市長や議員など政治家ではなくて行政職員であっても、実名公表がないとは言えません。

 勿論、政治家は、市長でなくても議員とならば、実名公表は当たり前のこと。それは、議員になったときから覚悟しておいた方が良い。不正に加担したり、不正な議案に賛成などしようものなら即刻、実名で市民に公表されることになる。

 ルールはしっかり守りませう! 


※電子情報誌「青空エクスプレス」のアクセス数は、3月8日(水)付けGooブログランキング(2684265ブログ)中、1905位でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般質問の届け出 | トップ | 政治家に要求されるのは「勇... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治家のあり方」カテゴリの最新記事