青空カフェのひまわり日記

ガーデニングが趣味です。日々の出来事を楽しく綴っていきたいです。ブログ初心者ですがよろしくお願いします(^-^)

発達障がいと低血糖症

2017-06-28 23:42:59 | 仕事

ご訪問いただきありがとうございます。

 

今日は、1年生のTくんがすご〜く落ち着いていました。

 

実は昨日も落ち着いてて、

 

授業開始のチャイムが鳴ったらすぐに教室に戻ってくるので

 

偉いエライ、と私に何度も褒められ

 

ごっきげん🎵だったのです。

 

 

 

 

Tくんは、広汎性発達障がい、と診断されています。

 

 

 

 

入学当初から落ち着きがなく、

自分の席に10分と座っていられませんでした。

すぐに立ち歩き、思いついた事を大声で喋り、

気分が乗ってくると大声で歌い…(*_*)

注意すると「なんだとお〜コラ〜‼️」とまるでヤクザのように凄んで見せたり。

教室を自由に出入りして、

「そうだ、図書館へ行こう」と自分でスケジュールを決め。

 

 

これ、ぜーんぶ、授業中の行動。

……(*_*)

 

Tくんは、特別支援学級に入級しましたが、

普通学級で大丈夫だからと言うお婆ちゃんの強い要望があり、

じゃあ様子を見ましょう、ということで、交流学級で過ごしていました。

 

でも、上記のような様子が二週間続き、

加えてお友達を殴る、という行為も出始めたため、

保護者と相談して

ようやく支援学級で学習することになりました。

 

 

観察して、彼と接してみて分かってきたことなのですが、

 

 

Tくんは、日課表が理解出来ていませんでした。

 

 

 

朝の会、授業、給食、掃除、休み時間…

ざっと数えただけで、20回以上もチャイムがなります。

 

 

 

Tくんは、そのチャイムの意味が分からなかったのです。

 

 

「くそ〜、何でしょっ中チャイムが鳴るんだよ〜‼️」

 

 

5月も半ばのある日、彼がそうつぶやいたのを聞いて

ハッとしました。

 

 

そういえば、外でウロウロして私やヘルパーさんに注意されると、

いつもイライラした様子で「あ〜〜」と奇声を発しながら

走って逃げて行きました。逃げる場所は

支援学級だったり、交流学級だったり、図書室だったり。

 

 

授業を受けるのが嫌で、逃げ回っていると思ってましたが、

 

 

実はそうじゃなかったのです。

 

 

今、自分はどこへ行って、何をすればいいのか、分からなかったんですね。

 

 

先生に見つかったら怒られるから、取りあえずどこかの教室へ入ろう…

 

 

 

そう言う気持ちだったのでしょう。

ホントは、困っていたんです。

 

 

 

そこで、Tくんのための「時計の図入り」の日課表を作り、

「今、ここだよ」と見える化を図りました。

また、「この時間は◯◯の教室でお勉強します」と表示しました。

 

 

幸い、彼は読むことに於いては3年生程度の力があるため、

「見える化」が大いに役立ちました。

 

 

 

 

それから、Tくんは少しずつ落ち着いて来ました。

 

 

 

でも、

 

 

やっぱり落ち着かないんですね。

 

 

 

完全に一対一じゃなければ、プリント学習も平仮名のお稽古もやろうとしません。

私がほかの子に教えていると、フラ〜っと教室から出てしまう。

 

で、一日中ヘルパーさんのお世話になっています。

 

 

ま、少しずつ出来るようになるわよ。

焦っちゃダメ〜。

 

 

と自分に言い聞かせ…。

 

 

そうしながら、保護者さんには

Tくんの様子を(小さな変化も含めて)お伝えしてきました。

 

 

で、最近、病院受診をしたそうで。

「ひどい低血糖症だと言われ、食事改善をすることになりました。」と聞きました。

 

 

 

興味があり、ネットで調べてみると、

 

発達障がいと診断されている子供達の中には、

実は、低血糖症で、発達障がいと似た症状が出る子がいる

 

という内容のブログを見つけました。

 

 

ある管理栄養士さんのブログなのですが、

不足している栄養素を、キチンと脳に送ることで、

症状が改善するんですって。

 

 

で、Tくん。

 

低血糖症だと言われ、食事改善を始めてから、

立ち歩きがグッと減りました。

 

廊下を走らなくなりました。

 

 

私の顔を見て話をしたり、聞いたりする回数が増えました。

 

 

学習意欲が出てきました。

 

 

 

これは、すごい。

 

 

Tくん日課表で学校生活のリズムができ始め、

 

食事改善でエネルギーが安定してきて…

 

 

義務教育の土台が出来てきましたよ(^ ^)

 

あとは、彼の良さを見つけ、得意な事を伸ばしていけたら…

楽しんで学校生活を送ってくれたら…

 

 

そんな思いで、ゆっくり成長を見守りたいです。

 

発達障がいと低血糖症との関係については、

これからも興味を持って調べたいです。

 

 

長くなってしまいましたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

それでは、またね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アスペルガーのSくんのこと。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。