東青山テニスクラブページ

60歳からのテニスを愛する仲間の集まり。
練習日は毎週:火曜、木曜の午後1時~

こんな記事を見た

2017-07-11 | 日記
ドロップボレーの罪:
素人(仲間内で試合を楽しんでいる我々クラスを意味する)のダブルスの試合でネット際に落とすドロップボレーを打つ人が意外と多い。
決まった時は楽しいかもしれないが、素人のドロップボレーはかまえから容易に予想され、動きのよい人には簡単にとられ、攻撃側から守備側になってしまうのが落ちである。
事実、セミプロ級以上のダブルスの試合において、ドロップボレーを見ることはほとんどない。「ネットぎりぎりの低いボールでどうしようもない時以外は、ドロップボレーは打つべきでない」と言い切れる。
しかし、意図しなくてもドロップボレーもどきになってしまうのは、ボレーのホームに関係している。素人のボレーでは、ラケットを押し出すというより、カット気味に打ってしまう。この悪いホームを助長するのが、また、ドロップボレーである。
「強く深いボールですぱっと決める」快感を楽しみたい。その気持ちが、また、ボレーのホームを正しい方向に導いてくれるのである。
しかし、例外もある。仲間内のMさんは、カットでなく、ソフトタッチでドロップボレーをおこなえる特技をもっている。この特技の持ち主を以前に軟式テニスでも見たことがある。まったく同じホームで強いボースを打ったり、ネット際に落としたりしているのを記憶している。ボールがラケットの面に当たるほんの一瞬のフィーリングでやられては、まったくのお手上げである。
多分、バドミントンでもこの種の打ち方が使われているようである。このような例外は忘れよう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県シニア懇親会 | トップ | 連日暑い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。