青色日誌

おやじラッパ吹き 社長の独り言

稲荷

2017年05月06日 | 思うこといろいろ
昨日ここに伺う。



ご存知の方も多くおられようが、
ここ豊川稲荷は神社では無く寺院。
稲荷と言えばきっと伏見稲荷を思い出し、
稲荷神社と発想するが曹洞宗の寺なのだ。

それが証拠に立派な鐘つき堂がある。



でも、こうして鳥居もある。



詳しい解説などは
今時ウキペディア等で詳しく解説があるが、
二拍手すべきか悩む人もきっと多かろう。



ただ立派な本堂に歩み寄れば、
それが間違いなくお寺である事は分かる。

奥に歩むと狐塚というものがあり、
何とも独特な空気感に包まれる。





天気の最高なる祝日。
高速渋滞も一切なく無事参拝終了。
つい心清らかに思える歳になった。


歳といえば、
私が子供の頃、祖父母に手を引かれ、
寺社へ連れていかれた事が度々あった。

当時の私は、何が楽しくて
こんなところへ来るのだろうかと
罰当たりな疑問をよく描いた記憶だが、
今こうして進んで参拝に出かける自分に
つくづく歳をとったものだと苦笑する。

晴天のこどもの日の出来事。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セダン | トップ | 燻製 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。