青色日誌

おやじラッパ吹き 社長の独り言

本人

2017年07月11日 | 思うこといろいろ
昨年の昨日は
参議院議員の投票日だったって、
どれだけの方が覚えておられるか
全くわかりませんが、

この日が記念日であるという人が、
パーティーをされると言うので伺う。

私自身特定の政党に
傾倒していると言う訳ではないが、
お仕事で繋がって頂いていると、
その方の人となりがよく見えてきて、
応援してあげたくなるものである。


そんなに広い会場ではなかったが、
この方の人気の度合いからか、
ひしめき合うような人出でごった返す。

一人一人と握手をして回るのに
本人が何処にいるのか分からぬから
このバルーンが案内板となっていた。



こういう所に来ると、
人前での話し方が大変勉強になる。

政治家特有の語り掛けと言うのは、
どうも私は気に入らない所が有るが、
時にそんな政治家の演説口調ではなく、
聴衆の心をぐっと掴む人もいる。

以前にも書いた記憶が有るけれども、
これも一つのステージであって音楽と同じ。

 ただ無難な言葉(間違っていない音)を
 連ねてそれなりに喋った(演奏した)とて
 聴衆の心を揺さぶらせなければ、
 良い話(良い演奏)とは言えないのであって、

 多少噛んでしまっても(ミストーンが有っても)、
 そこに心がこもって聴衆の心を揺さぶる事が出来たら、
 素晴らしい話、素晴らしい演奏と言える。

と私は思っている。

昨日の場合、
やはり心を込めて演じたのはご本人。
素晴らしい挨拶にアンコールの時の様な拍手。

残念ながらそれ以外は無難な演奏に終始し、
特段の輝きは見られなかったのが感想。



政治家の皆さんに対して甚だ生意気な発言失礼。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新旧 | トップ | トラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。