つくばみらい市のお知らせ

茨城県内の店舗紹介、ニュース速報、お知らせ等を投稿致します。

山口市内の小学校でいじめ

2017-01-26 06:00:17 | ニュース速報
 山口市内の小学校で昨年1月から、当時4年生だった女児の机に「しね」などと書かれたメモが入れられるいじめが続き、女児は登校できなくなった。市教委は「対応している」とするが、両親は「不十分だ」として昨年12月、県弁護士会に人権救済を申し立て、県弁護士会が調査している。

 女児の父親によると、いじめが始まったのは一昨年の夏ごろから。同級生たちが女児に悪口を言うようになった。昨年1月28日には、女児の机に「しんでよね」と記したメモが入れられた。翌日以後も「しね」「ころす」などと書かれたメモが、何回も机や女児のランドセル置き場などに入れられた。2月17日にはランドセルに上履きで踏んだとみられる汚れが見つかり、翌18日にはランドセルに×印の傷が付けられた。

 父親は担任教諭や校長らに、いじめている児童に謝罪と反省をさせ、いじめが再発しないよう指導の徹底を求めた。だが「『学校はいじめの実行者を特定する気はない』と言われた」と父親は話す。女児は登校できなくなり、約1週間後にはいったん登校を再開したが、その後もメモが入れられ続け、3月にも2日ほど学校を休んだ。

 学校は2月24日、3月14日と25日に女児のクラスの保護者会を開き、いじめが起きていることを説明したが、その後もいじめがやむことはなかったという。
 父親は昨年2月中旬、山口署に相談。
14歳未満は刑事罰の対象ではないことから、署は児童相談所にいじめている児童を通告するかどうか調査を始めた。
 現在は別の小学校で勤務している当時の校長は、取材に対し「いじめはあった。

女児が安心して学校に来られるようにできなかったことは非常に残念」と話した。現在の校長は「個別の事案についてはお答えできない」、市教委は「メモを入れられるいじめがあった。学校に担当者を派遣して校内を見回らせるなどの対応はしている。加害児童はまだ特定できていない」としている。

 女児は昨年6月にも2週間不登校になり、同11月から現在まで学校に行けないままでいる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茨城・取手市で男性が首刺さ... | トップ | 🍀障害のある人の”働く”と”自... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山口市内の小学校でいじめ (小3男児です)
2017-01-30 21:03:42
かわいそう!

ぼくは、いじめをみたらたすけます。
Re:山口市内の小学校でいじめ (aoyagiatsuki)
2017-02-04 22:22:24
いじめられているところ見たら助けてあげて下さい!よろしくおねがいします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。