ふみさんの日々雑感

生活の事、家族の事、大好きなサッカーの事・・・日々いろいろ

ルヴァンカップ、FC東京は札幌に勝利

2017-05-04 21:37:02 | FC東京とサッカー
リーグ戦に敗戦した札幌に、リベンジのルヴァンカップ戦。

いつものように、待機列に場所取りをして、リーグ戦と違って開場時間が30分遅いために、娘の家に行った。

娘婿と孫の二人がサッカー観戦に来るので、用意したチケットを渡すためと、孫に買ってやった東京の背番号23、ショウヤのネーム入りを渡すため。

23番は、以前、梶山が使っていた背番号であり、私の好きな番号。

一番小さい110センチでちょっと大きめだけど可愛い。



お昼を一緒に食べて、私だけ先にスタジアムに戻る。

途中、仲間から、「今日は、早く来たので取ってもらっている所に座ってます」 のメール。

そんなに早く来たこと無いのでビックリ。シートは、誰も敷いていない柄のシートなのですぐに分かる。

私関連の観戦者が、6人来るので、どのように席を取ろうかと話し合う。

いつもは、2列に分かれて座っていたが、奥に長くなると話が遠くなるから、4列に分かれて人数分の15席を取る。

だから、後から来た、いつも座っている前後の人に、「ごねんなさい、今日だけここを取らせてもらいます」 と断る。

全員に席番号をメールし、娘婿には、入り口まで迎えに行くから近くに来たら連絡してとメール。

そのうちに友達母娘とお孫さんが来る。

ウチには、ドロンパ人形やドロンパのグッズがいろいろある。

だから、孫のゆうなは本物は知らないが、ドロンパは大好き。

スタジアムに入った所にドロンパがいて、「あ、ドロンパ!」と。

それで、ドロンパの所に行って一緒に写真を撮る。

座席に着くと、私の息子が奥に座っていて、ゆうなはその私の息子が苦手。

お父さんに抱っこされて下りない。顔も、息子のいない方向を向いたきり。

お父さんにしっかり抱き着いていたら、そのまま眠ってしまった。



そして始まった試合。

前半は、この間の広島戦よりは面白かった。

昔、鹿島が大好きだった息子は、最近はヨーロッパのサッカーしか見ない。

久しぶりのスタジアムでのサッカーの試合。選手の事とか彼と話しながら応援。

ゴールが決まりそうで決まらない。

そして、ショウヤの折り返しを永井が決める。

後ろに座った友達家族とハイタッチ。

ハーフタイムに目が覚めたのでゆうなに、「お散歩行こう」 と連れて階段を上がる。いつもお散歩が大好き。

コンコースを、ゆっくりと歩き、適当な所から、Uターンして戻り始めたら、前をお巡りさんが歩いていた。

「ゆなちゃん、お巡りさんも散歩しているよ」。家の近くに交番があり、ゆうなはお巡りさんとパトカーが好き。お巡りさんが外にいると、傍に行って敬礼とハイタッチして来る。

それが聞こえたのか、お巡りさんがクルッと振り向いて、ニッコリと手を振ってくれた。

ゆうなも、お巡りさんに手を振って席に戻る。

そして後半戦。

攻めているが、ゴールが決まらない。

ゴールポストだったり、キーパー正面だったり。

2、3点は決められたのではないかと思う。もっと、シュートの精度を上げてもらわないと。

そして、大歓声が上がったのが、久保くんがピッチに入って来た時。

私自身も、どうしても彼のプレーだけに目が行ってしまう。

自分でファールをもらいフリーキックに自分で蹴る久保くん。その気持ちに拍手。決まらなかったが、スタンドから拍手拍手。

結局、1-0 で終了。



帰りは、調布で、家の片づけ等で観戦に来なかった娘と合流し、居酒屋で乾杯と食事。

お店の人に、ゆうなの23番を見て、「サッカーの応援に行ってたのですね。」
「はい、皆で」
「家族、仲いいですね」 と言われた。

美味しく食べて、試合も勝ったし、気持ちよく家に帰る。

ゆうなも楽しそうにバイバイと電車を降りて行った。

また、連れて行きたいな。










ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FC東京、広島に勝利! | トップ | 稲城市の市民祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FC東京とサッカー」カテゴリの最新記事