まわりで起こっていること

since2004.12「糠漬け初心者」

今朝は久々のレモングラス

2016年10月15日 | Weblog

このところ、胃が痛くて。

って、ここに言葉にすると、いかにも、という具合に定着してしまうんだけどね。

夜中に目が覚めて、幼い頃のおばあちゃんを思い出しながら、胃のあたりをさすっていた。

手当、とか言って、手のひらから発する、なんだろうね、あれ。

それで、痛みに応じてもいて、なので、珈琲改めレモングラス、ってわけだ。

今日のおじおば会は、おじ、が抜けていての、正確に書けば、母親とおばと妹会、ってことになる。

毎度のごとく、どっち方面へ行く?という会話から始まる。

西か東か山か、ってね。

それにしても、今朝の車外温度、12度だった。

ついこの間まで、夏日が、とか、熱中症が、なんて口々に言っていたのが、嘘みたい。

瞬間、八ヶ岳、寒いだろうな、と。

冬場になれば、零下であっても、そりゃ、寒いけど、当たり前化しちゃうんだけど、なんてこと。

考えると、人間ってのは、環境の産物、だ、とつくづく、思うね。

長い間には、肌の色だって、黒くなったり、黄色くなったり、体毛だって濃くなったり、それもありだろうな、と。

わが骨ストレッチのルーティンにしても、短パンTシャツを自然に止めているからね。

この間までは、汗だくになって、というのが、開けた窓から冷気が、なんて季節だ。

季節は巡る、ってことで。

そう、時代も変わる、ということでは、ノーベル賞、文学賞にボブディランだったね。

彼の詩、難解だからね。

ハルキストの皆さんが、電話の前で、当たりが出たらワイン、みたいな絵柄が、映っていたけど。

残念だったね、彼らにとっては。

村上春樹にとっては、淡々と、って感じではあるんだろうけど。

彼の本は、一冊しか読んでないけど、世界的な文学者、ということなんだね。

いつだったか、イスラエルでの講演で、なかなか言えないストレートな発言、なんてこともあったような。

その彼じゃなく、喫茶店で聴いていたボッブ、ディラン、(by ガロ)だったわけだ。

わが若かりし砌、ちょっと、聴いていたこともあった彼だけど、英語の詩が南海ホークス、でさ。

「見張り塔からずっと」なんての、あったような気もするんだけど、寓意、というのか。

ベタにまんま、の表現じゃなく、暗喩、というのか、そんなところが魅力的ではあるけれど、わからん。

って感覚が残っている。

おーいで皆さん聞いとくれ、ボークは悲しい受験生、なんて歌った、高石ともやとか岡林信康とか、言っちゃえば。

まんま、コピーでもあって。

戦後、ギブミーチョコレートから発した、アンビバレンツな、アメリカへの憧れ、の時が流れ、今度は。

そのアメリカ由来の、反体制的な、アンチな、そんな感情の中心にいた、と周辺では思っていると。

本人は、静かにその立ち位置をずらし、と。

さらに深い、体制云々よりも、社会の中での人間そのもの、という視点だったのかな、なんてね。

もっとも、彼を語るほどには知っていない当方なんで、このくらいにしときますか。

日経の一面だったかに、times they are a-changin' の歌詞が掲載されちゃうんだから、恐るべし、ノーベル賞。

とも言えるね。

さて、そろそろ、bone stretchに向かうとしますか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人類は愛せても隣人は愛せない | トップ | 田沼街道に名前を残す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL