まわりで起こっていること

since2004.12「糠漬け初心者」

納涼例会というのも、面白い言葉だ

2017年07月12日 | Weblog

涼を納める、というんだからね。

なんていうか、言霊の咲きわう国、わが祖国、ニッポン、と。

昨夜は、同友会のそんな宴があり。

何人かの方から、山へ登ったんですね、と声をかけられ。

今更ながらに、Facebookの威力を感じもし。

たしかに、イベントを写真付きでのアップ、というのは、彼彼女たちが、ご自分では、さもない。

と思いつつの日常に飛び込んでくるわけで。

しかも、雷鳥を見た、なんて言葉を吐く自分を、夢にも思わなかったと同じような。

そんな気分になるのかも、ですが。

なにごとのおはしますかは知らねども、で始まる西行法師のね。

かたじけなさに涙こぼるる、という心の動き、それにも似て。

昨夜の、山行の仲間との二次会でも、思わず、日本語では適当な言葉が見つからないので、クルーとでも。

言いたいんだ、の僕の言葉に、それ、マクドナルドで使ってるよ、と返っても来たんだけどね。

そのかたじけなさを、クルーという言葉で置き換えたかったんだ。

そう、マクドナルドだけど、甥っ子、妹の息子だけど、彼が高校の頃、マクドでバイト、だった。

そこは、まるで部活のような雰囲気で、と言ってた。

今でも、たまに、同窓会みたいなもの、やるんだ、なんてね。

なので、まんざら違ってもいないな。

この、クルーという感覚が、山に限らず、ドラえもんのどこでもドア、だっけ、あんな具合になると。

そりゃ、地球は、丸く納まる、ってわけだ。

ところで、今日は、朝から蒸し暑い。

時折、訪れる涼風が、心地よさを運んでくれる。

そろそろ、骨ストレッチの時間だ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレンダーとともに生きていると | トップ | 23年間、ご苦労様でした。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL